FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

文芸坐ジョニー・トーと2007年公開映画情報 

 

1月12日(金)池袋新文芸坐にて、「ブレイキングニュース」と「柔道龍虎房」の二本立て観てきました。
文芸坐アジア映画の輝き


「ブレイキングニュース」以前観たときは物足りない感じがしたのだけど、今日二回目鑑賞して、一回目観たとき気づかなかったことがいろいろわかり、やはりジョニー・トーは素晴らしい・・、と再認識。

「柔道龍虎房」については昨年観たときに感想をUPしたので、今回は割愛。

<昨年の感想>
・ひたむきな姿「柔道龍虎房」
http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/blog-entry-155.html#more
・再び「柔道龍虎房」プラス「デイジー」
http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/blog-entry-159.html#more
・「柔道龍虎房」について・補足
http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/index.php?q=%A1%D6%BD%C0%C6%BB%CE%B6%B8%D7%CB%BC%A1%D7%A4%CB%A4%C4%A4%A4%A4%C6%A1%A6%CA%E4%C2%AD

余談ですが、今回「ブレイキングニュース」「柔道龍虎房」と続けて観て気づいたのですが、「ブレイキングニュース」に出ていたリッチーの強盗グループにいた「浅野忠信似の犯人」と、「柔道龍虎房」に出ていたアーロンに投げられて脱臼する「浅野忠信似のサックス奏者」は同じ俳優さんですね?

おまけの感想漫画・「ブレイキングニュース」
ブレイキングニュース・ケリーちゃん


おまけの感想漫画・「柔道龍虎房」

柔道龍虎房・シウモン


両方ともDVD持ってないので服装が不明・・で適当に(笑)描きました。


話変わって今日帰りに本屋さんで「Invitation」を買いました。
(表紙は伊勢谷友介クンと宮あおいちゃんです)
インビテーション


目当てはインビテーション・アワードを受賞したチェン・ボーリンの記事。
インビテーション・ボーリン


むちゃセクシーなんだけど。ボーリン君(壊)。

今回の「Invitation」には「岐路に立つアジア映画の未来とは?」と言う興味深い記事も。
(市川尚三氏と暉峻創三氏の対談です)

そのページの2007年公開のアジア映画という欄に、

・・なんと「傷城(原題)」(香港)秋公開予定 と。
-- 続きを読む --

category: 香港映画

tb: 0   cm: 6

△top

「柔道龍虎房」について・補足 

 

「柔道龍虎房」に出ていたカルバン・チョイは香港の少年隊と言われる「グラス・ホッパー」のグループの一員という衝撃?の事実。(私が香港芸能界に詳しくないので知らなかっただけと思いますが、)検索してみたらありました。

亜洲明星一覧
http://homepage3.nifty.com/asiastar/stars/japanese/grasshopper.html

(中文サイトはウィルスにご注意ください。当方責任は持てません。下記の英語サイトではアイドル時代の彼らの写真が見られます。)
http://www.geocities.com/Tokyo/Towers/2854/Grasshopper.html 

真中の写真がカルバン・チョイですね。エキゾチックなお顔です。今はおじさん顔ですが・・。
メンバーの一人エドモンド・ソウは「ゴージャス」にも出演しているそうです。

あと、「柔道龍虎房」についてのとっても素敵な感想を見つけましたのでご紹介を。

http://www.ne.jp/asahi/hp/mastervision/filmex2004.html

※一部抜粋させていただきました。
柔道龍虎榜」の「榜」は木のお札(ふだ)の意。この場合は道場にかかってる名前札のこと(だと思う)
「榜」についてですが、意味としてはリストのことです。「龍虎榜」で一つの固有名詞で、元来、科挙試験の合格者公布リストのことを言っていたのが、転じて才能ある人間のリストになりました。現代でも使われます。べたに訳すと「柔道達人伝」みたいなニュアンスでしょうか


日本のタイトルの「房」は当て字だと聞いたのですが、本来のタイトルはそういう意味だったのですね。だから映画の中で柔道場の名前札が何度もアップになってたんだ。

category: 香港映画

tb: 0   cm: 0

△top

FC2 Management