FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

「重出江湖」MV@「擺渡人」とルハン主題歌MV@「擺渡人」 

 

映画「擺渡人」の中で「重出江湖」を歌う金城君。




この動画を見ると映画を思い出して胸が一杯になり、何度も再生してしまいます。チュッパチャップスみたいな飴を勢いよく吐き出すシーンは、何度見ても「食べ物を粗末にしてはイカン」と思ってしまいます。

ルハンが「主題歌」を歌うバージョンの「擺渡人」MV。




この動画は以前からようつべにUPされていたのですが、ルハンだから良いか、と思って内容を観ていませんでした。映画であんな?重要な役と初めて知って観てみると、いろいろ映画のシーンが出てきます。ただし、結構カットされているのですね、劇中にないシーンも多数あります。
動画に出てくる女の子は「グランドマスター」でチャン・ツィイーの幼い頃の役を演じた子です。すっかり大きくなりましたね。


さて、「擺渡人」の感想ですが、ネタばれしない程度にあらすじと共に簡単に述べます。

映画は、「擺渡人」という名のバーを中心に繰り広げられる三組の、カップルの十年に渡る愛のお話です。
トニーさん演じる陳末は十年に渡って何木子(杜鹃)を愛し、Angelababy演じる小玉は幼い頃から憧れていた国際歌手馬力(イーソン・チャン)を愛し、金城君演じる菅春は、10年前ある事件で記憶を失った為台湾に帰って(実家が台湾?)しまった毛毛(張榕容)が再び上海に戻ってきたことから愛が再燃します。

バー・擺渡人では、陳末(トニー・レオン)と菅春(金城武)が失恋や失業などで失意の底にいる人々の相談に乗り、前向きになれるようにアドバイスする「擺渡」という仕事を副業として行っています。
失意の底にいる馬力(イーソン・チャン)をバー・擺渡人で見かけた小玉(Angelababy)は、自分が馬力を救ってあげたいと思い、陳末に「擺渡」のノウハウを学ぶため、仕事の助手にしてもらうよう頼みます。
果たしてこの三組の愛はどのようになっていくのか、というのが映画のお話です。

こう書くとシリアスなお話のように見えますが、映画はとにかくハチャメチャなシーンの連続で、爆笑に次ぐ爆笑、ウォン・カーウァイ監督の作品やトニー・レオンの映画を知っている人には尚面白く感じると思います。
トニー・レオンはこの映画の中で、今までシリアスな映画では見せたことのないような多種多様な表情を見せ、金城武は思い詰めたら一直線、だけど何か憎めないファニーな男性を演じ、Angelababyは少女から大人の女性へと移り変わる瞬間を私たちに見せます。

その他に感じたのが映画のリズム感のある面白さと含みのある表現です。
原作の小説の作者張嘉佳が数十稿、脚本を書き直しているということ(それでも現場では台詞がまた変わったとのこと)からもあるからか、例えば、トニー演じる陳末が車の中で料理の名前を歌でも歌うように順々に挙げていくところ、また金城君演じる菅春が毛毛のお店で、幻の”餅”(台湾にゆかりがあることから葱餅のようなものなのか、金城君が以前CMをしていた太陽餅のようなものなのか、とにかく完成品は不明)について、とうとうとそれを表現するところは、意味はわからなくてもずっと聞いていたくなります。

あと、陳末が夜空の月を見上げて、小玉に「ほら、あの満月。まるで備胎(スペアタイヤ)のようだろう?」と笑顔で語りかけ、小玉がムキーッと怒るところ。最初は意味がわからなかったのですが、たぶん元妻を想っている馬力に横恋慕している小玉に、「貴方はスペアタイヤ(浮気相手)だよね」とからかってるだと後からわかったり、陳末がある写真を見て、「時の流れはまるで一本の殺猪刀のようだ(時の流れは残酷だ、というような意味で)」と言ったり、含蓄が深いと思ったのでした。

ある失恋をした女性がバーベキューの肉を見て、食べたい肉を列挙していて「牛肉、猪肉、羊肉、・・・・それに小鮮肉」とバーベキューの肉を焼いていたイケメンのコックと目が合うシーンもあります。「小鮮肉」はここ数年の流行語で、本来は「肉まん」のような物を指すのですが、「若いイケメン」と言う意味になるのです。ここでも「肉(ロウ)」と言う言葉が繰り返され韻を踏んでいて心地よいリズムができています。

ちなみに映画の中の言語は香港公開版ではトニーは広東話、金城君と張榕容、Angelababyは普通話で会話しています。場面によってはトニーとの会話でAngelababyが広東話を話しているシーンもあるのですが、彼女は台湾人なので、そこは吹き替えかもしれません。
大陸公開版は全て普通話と思われますが、トニーのシーンは彼自身が普通話をあてているのではなくて、他の人の声だという噂です。(噂、というのは私が確かめた訳ではないので)
先ほども述べたようにリズム感がある台詞が多いので、例えば料理の名前を歌うように列挙するシーンなど、もしそのリズムが上手く出ないことを考えて他の人が声をあてているのかもしれません。

きちんと聞き分けできてないので、いやいや、トニーはもっと多く普通話を話していたよ、など突っ込みが入るかもしれませんが、字幕を追いながらの鑑賞だったので、十分原声を把握できてなかったと思います。
観終わったら元気の出る映画で、もっともっと何回も香港で観たかったです。
群像劇は、描き方によってはどっちつかずで中途半端な内容になったりするのですが、この映画は三組のお話がバランスよく配置され、どのカップルのお話も心に残りました。

張嘉佳監督自身、トニーさんのヘアスタイリストのジョージ・ウォンさんもカメオ出演されていますので、気をつけて観てみてください。


<その他の情報>
・王家卫:影评是诤友 要珍惜保护评论平台
http://ent.sina.com.cn/m/c/2016-12-29/doc-ifxzczfc6575339.shtml
12月28日南京での発布会にて。
ウォン・カーウァイ監督が「擺渡人」の酷評に反論していると思うだけど、時間がなくて訳せません・・。
監督の次回作は三年前から準備している「繁花」か、グッチファミリーを描いた映画か、どちらが先になるかは「自分でもわからない」のだそうです。


・【映画】新春!台湾映画上映会 「Together(原題:甜‧祕密)」
日時:2017年1月20日(金曜日)15時開演 (14時半開場)
会場:台北駐日経済文化代表処 台湾文化センター
監督:シュイ・チャオレン
キャスト:ホアン・シャオヤン(黃劭揚)、リー・リエ(李烈)、ケニー・ビー(鍾鎮濤)、ソニア・スイ(隋棠)、マー・ジーシアン(馬志翔)、ウー・チエンホー(巫建和)

お申込み方法は下記のページをご覧ください
http://jp.taiwan.culture.tw/information_34_59000.html

・『葉問3』が『イップ・マン 継承』の邦題で4月22日から新宿武蔵野館他全国順次公開!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2016/12/3-422-22c1.html

『イップ・マン 継承』 公式サイト
http://gaga.ne.jp/ipman3/

<テレビ番組情報>
・12月31日(土)日本テレビ 午後1:30~4:00  「ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE ヒット記念!地上波初放送!」
 太川陽介&蛭子能収の「路線バスの旅」がまさかの映画化!?マドンナに三船美佳を迎え、台湾縦断を目指す!台風直撃でトラブル続出…ガチンコ旅は映画でも衝撃の展開に!

・1月5日(木) WOWOWシネマ 午後11:00~1:15  「ブラッド・ウェポン(字幕版)」

category: 香港映画

tb: 0   cm: 0

△top

「小さな園の大きな奇跡」観ました 

 

武蔵野ビルの改装が済んで、リニューアルオープンしたばかりの新宿武蔵野館にて、「小さな園の大きな奇跡」を観てきました。

新宿武蔵野館1 新宿武蔵野館2

ビル一階入口には新宿ピカデリーのような電光掲示板も設置されて、上映スケジュールや空席情報が一目瞭然となっています。

上映作品の熱~いディスプレイも以前と変わらず行われています。

新宿武蔵野館3

何より感動したのは、3基あるエレベータドアのラッピングが「小さな園の大きな奇跡」だったこと。

エレベータドア@新宿武蔵野館1 エレベータドア@新宿武蔵野館2 エレベータドア@新宿武蔵野館3

香港の劇場でも、ここまで凝ったことはしてないですよね。新宿武蔵野館のこの映画に対する熱い思いが伝わってきます。
香港映画好きの皆さ~ん、ラッピングが変わる前に早めに観に行ってくださいね!
この映画は去年金像奨を観に行った時に香港の映画館で観たのですが、日本語字幕があるので安心して観られる分、今回の方が感動しました。

貧しさや家族を亡くしたり会えなかったり、といろんな苦労があるけれど、この園の子供たちはある意味幸せなんですよね・・・ルイ先生に会えたし、家族と一緒にとっても一所懸命に生きているから。私は映画の冒頭に出てきた、詰め込み教育でパンクしそうになって紅班が出ていた園児のことが、いつまでも心配です・・。

字幕で気になったのが、企業家が幼稚園の校長先生のルイ先生に「補習授業の学校の広告塔」になるよう勧めるシーン。「補習」というと、日本では学校の授業がわからない分を補うというイメージだけど、中国語の「補習」というのは、日本で言うところの「学習塾」のことですから。
「幼稚園児に補習授業を?」というのは「幼稚園児に塾の授業を?」と変換すると、ルイ先生の戸惑いがもっとわかりやすかったのになあ、と思いました。

あと、ルイス・クー、良いですよね~。アクションも犯罪も出てこない映画のルイス・クー。
「窓の外を見てみて」と携帯に電話してきて、まさかのアレを見せるルイス・クー。
「月に一度はルイス・クーを観て、癒される」という精神療法がありそうな気がします。


<今日の情報>
「百日告別」の公式サイトができました。
http://kokubetsu.com/
「百日告別」、2017年2月 ユーロスペースにて公開です!

category: 香港映画

tb: 0   cm: 3

△top

早稲田松竹に行ってきました 

 

6月14日(火)、「ブエノスアイレス」「花様年華」二本立ての早稲田松竹に行ってきました。

早稲田松竹1

早稲田松竹2

ロビーもウォン・カーウァイの世界です。
平日の昼間にも関わらず、特に14:20からの「花様年華」はほぼ座席が埋まっていました。年配の人が多いものの、ちらほら若い男女の姿が見られたのも嬉しかったです。

二本とも何度も観ているのですが、「ブエノスアイレス」の冒頭の白黒シーンに、「そういえば映画はどの瞬間からカラーに変わっていたのだろう」と気をつけてみていたら(滝などの一部カラーに変わる場面は除いて)、ここからカラー、という瞬間はウィン(レスリー)が手に怪我をして、ファイ(トニー)にあの台詞を言うシーンからだということがわかりました。
そこからファイの心はカラーになったのですね・・・。

もう一本「花様年華」はもうマギーのチャイナドレス姿の美しさに惚れ惚れ・・・どう見ても「勤め先、違うやろ」という絶品のチャイナドレスに、あの細い腰!
初めて観た時はマギーの勤め先で、ボスに「ミス・ユウから電話がありました」云々のやり取りがよくわからなかったのですが、今回は「ミス・ユウがお誕生日ご一緒できず、寂しかったようです、是非お電話を」と言ってしまいボスが一瞬嫌そうな顔になり、マギーも「しまった、立ち入り過ぎた」と言うような雰囲気になるシーンがあり、秘書もなかなか気を遣う仕事だよねえ、なんて思ったり。

二本続けて観られて、濃密な時間を過ごせました。
早稲田松竹での二本立ては今週の金曜日6月17日(金)までです。


あと、早稲田松竹に置いてあったチラシで「現代映画とはなにか? シネマ/イリュージョン/信仰」
東南アジアと南アジアからの3本の映画@アテネ・フランセ文化センター がありました。

「現代映画とはなにか? シネマ/イリュージョン/信仰」
 
7月30日(土)17:00 「マナカナ雲上の巡礼」+講義
 監督:ステファニー・スプレイ、パチョ・ヴェレズ 2013年/ネパール、アメリカ

 8月20日(土)17:00 「アイス・ポイズン」+講義
 監督:ミディ・ジー 2014年/ミャンマー、台湾

 9月10日(土)17:00 「不思議なルーカス」+講義
 監督:ジョン・トレス 2013年/フィリピン


category: 香港映画

tb: 0   cm: 0

△top

2016年4月香港 「特工爺爺」「暗色天堂」 

 

金像奨レッドカーペット明けの4月4日(月)、「特工爺爺」と「暗色天堂」を香港の劇場で観てきました。

「特工爺爺」

「特工爺爺」

認知症を患っている元軍人のサモ・ハン・キンポーと近所に住む小学生の女の子、お互い家族に見放されている二人が心を通わせる日々。
しかし女の子のどうしようもないチンピラの父親(アンディ・ラウ)が起こしたトラブルによって、女の子とその父親アンディに危機が迫るー。
「激戦」は、格闘技よりも実はヒューマンドラマがメイン、「特工爺爺」もカンフーよりも実はヒューマンドラマがメイン。
認知症でも、体で覚えたことは忘れていないサモ・ハン・キンポー、朝起きると黙々と布団をきっちりたたむ様は、軍隊で覚えた習慣。昔は偉大な軍人だったことを思うと切なくなる。
カメオ出演にユン・ピョウ、フー・ジュン、エディ・ポン、ツイ・ハーク監督という豪華さはサモ・ハンの映画ならでは。
チンピラのアンディがめちゃセクシー。最後は切なくて泣ける。日本で公開して日本の観客も泣かせてほしい。

「暗色天堂」

「暗色天堂」 「暗色天堂」2

あるお屋敷での夜のパーティで5年ぶりに再会した二人。一人は真珠のネックレスに白いワンピースをまとい自信に包まれたような美しい夫人・カリーナ・ラムと、もう一人は直前まで猥談?らしきものに花を咲かせていたやさぐれた雰囲気の牧師、ジャッキー・チュン。
部屋で二人きりになった途端、二人の確執があらわとなる。
「5年前のあの日の事を貴方は覚えてないの?」
5年前のあの日、一体二人に何があったのか?

観終わるまで知らなかったが、映画の元になったお話は舞台劇「法吻」を映画版に編集したものらしい。
映画はカリーナ・ラムとジャッキー・チュン二人の登場シーンがほとんどを占める心理劇である。
映画には「水」、「ワイン」、「泉」というキリスト教を連想するようなアイテムが登場し、キリスト教が二人を結び付けている根幹であることを示しているが、実はこれは宗教の話ではなく男と女の話であるし、純粋さということが時には凶器となるという例のお話であるし、あるいは悲劇で、あるいは喜劇かもしれない。

ラストでは、最初登場した二人の人格が全く変わってしまったかのようになってしまうが、映画ではどちらが正義とも悪とも判定していない。
観る立場によって、あるいは性別によって、あるいは一回目に観た時、二回目に観た時にまた印象が変わる映画と思う。
ジャッキー・チュンの弁護士役にアンソニー・ウォンが出演している。

category: 香港映画

tb: 0   cm: 0

△top

したコメ「全力スマッシュ」ゲスト発表! 

 

したまちコメディ映画祭で上映される香港映画「全力スマッシュ」にゲストが6名登壇することが発表になりました。

「全力スマッシュ」ゲスト
ヘンリー・ウォン(監督)、ジョシー・ホー、スーザン・ショウ、アンドリュー・ラム、ウィルフレッド・ラウ、波多野裕介(音楽)

したまちコメディ映画祭in台東のページより
http://www.shitacome.jp/2015/info/2015/08/6.html

「全力スマッシュ」の上映は9月19日(土)開演18:00、8月25日夜現在まだチケットは発売中です!


そして8月25日(火)本日はシネマート新宿にて「インターセプション 盗聴戦」を観てきました。

「インターセプション 盗聴戦」1

香港の劇場で以前観ていたのですが、その時はおかっぱ頭の男性がアレックス・フォン方中信とは気がつかなかったのですよ~。
こんな変な髪型だったら、スー・チーも不倫してまで好きにならなかっただろうなぁ・・・ってそれは「狙った恋の落とし方。」だってば。

「インターセプション 盗聴戦」2

そして、香港で観た時は、ジョウ・シュンはラウチンの妹だと勘違いしていました・・・。
ラウチンの片思いの人だったのね。この役のジョウ・シュン、男前でカッコイイ!

「インターセプション 盗聴戦」3

そして、どうもフジテレビの笠井アナに見えて仕方がなかった入り婿?のマン。
マン役、黄磊と言えば、台湾映画「夜に逃れて/夜奔」の主人公、お金持ちの坊ちゃんではないですか!

「インターセプション 盗聴戦」4

ちょうど同じ角度の「夜に逃れて/夜奔」(2000)の黄磊。面影がありますね。
この美青年が今は↑のおっさん・・・(ごめん、おっさんも好きよ)。

「夜奔」


「インターセプション 盗聴戦」はこれまでの盗聴風雲シリーズの期待を裏切らない出来栄え。人間の欲望渦巻きサスペンスな展開、今回は香港の歴史「丁権」を下敷きに描かれていました。
香港が英国の植民時代の際、新界地区の住民の立ち退きを進める為、1972年に男子の数に応じて一生に一度700平米未満の住宅建築を許可(この権利が丁権)し、この地区には丁屋と呼ばれる住宅が多数建てられたのだそうです。

やがて丁権がお金で売買されるようになり、新界の大地主や開発業者の利権となっていきました。
映画の中ではその「丁権」の説明に被せるように生まれた赤ちゃんのおくるみの下からおちんちんが現れ、「丁」という字は象形文字だったのか!と思わせるような意味深な場面でした。

男子として生まれれば家制度での跡継ぎであるばかりでなく、一定の住宅を建築する特権を得られるという、女性から見れば差別的な制度でしかないのですが、映画の中ではその利権争いの渦中で翻弄される大地主の娘と、「土地(畑)は売買するものではなくて耕すもの」という凛としたシングルマザーのジョウ・シュン(シングルマザーになった経緯はまさに利権争いの末の悲劇の結果なのですが)が対照的に描かれていて、更に興味深いものでした。

余談ですが、ジョウ・シュンが反対運動の「爆弾」としてトラックの荷台に積んでいた肥料は、香港の劇場字幕では「夜香」となっていて、「夜の香り」とは上手いこと言うな~と思ったのでした。
(昔は住宅の中にトイレがなかったので、夜中にもよおしたときは、壺などそれ専用の容器に用を足していたそうなので尚更・・・)



<テレビ番組情報>
・8月25日(火)NHKBS1 深0:00~0:50 「 ひげ面ライダー 食のアジアを行く!香港編 」
 (※再放送 9月1日(火)午後5:00~5:50)

・8月30日(日)日本テレビ 午後7:58~8:54 「世界の果てまでイッテQ!」
 ご意見番が挑む!催眠術パート3in台湾

・8月31日(水)NHKBSプレミアム 深0:59~1:15 「世界ふれあい街歩きちょっとお散歩」「香港(2)夜の九龍めぐり」

category: 香港映画

tb: 0   cm: 2

△top