FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

香港旅行3 憧れの「amigo」へ 

 

2月7日(土)、朝食はホテル近くの「彌敦粥麺家」(佐敦西貢街11)へ、また行ってきました。
朝8時ごろはまだお粥しかやっていないので(お粥は7:30~、麺類は10:30~)、肉団子入りお粥を注文。
お粥も美味しかったです♪
肉団子入りお粥
尖沙咀へ移動して重慶マンションでまた両替。朝早い時間だったので、入り口近くの3店くらいしか両替屋さんが開いていなくて、一万円が830香港ドルでした。昨日重慶マンションの奥の方のお店や奥の階段を上がって中2階の両替屋さんは849ドルだったのに・・。うぬー。
でも今日はもう両替に寄る時間がないと思ったので、この額で妥協しました。時間を選べるのでしたら奥のお店も開いてる時間がベストだと思います(昨日午前11時ごろは開いていました)。

その後、星光大道をぶらぶら散歩しました。香港に行ったら、トニーの手形を一回は見に行かねば。
ブルース・リーの銅像の手前がトニーの手形です。
星光大道
今年の香港電影大使トニーのパネルはまだありませんでした。

「amigo」に行くために、お昼に待ち合わせしていた天后駅へ。
天后駅から「ハッピーバレー跑馬」行きのトラムに乗ります。トラムの終点で降りて、少し道を戻ったところ(下ったところ)にレストラン「amigo」があります。トラムの走る道路沿いにあるので、窓からお店が確認できます。
トラムの終点は登り坂の途中です。付近には、日本でいうと青山のような雰囲気のお洒落なお店が並んでいます。
レストラン「amigo」です。
レストラン「amigo」
以前パパラッチされていたお店の写真で、私は勝手に閑静な住宅街、お店の前はお庭があるようなのを想像していたのですが、普通に車が走る道路沿いに位置していました。

当日は私はダンガリーシャツにコーデュロイのパンツというかなりラフな格好、トニーファンのあとお二人の方はスカート、ワンピースでした。入り口で「ちょっと・・」と言われないか私は心配でしたが、丁寧にお店に案内してくださいました。私たちが中に入るとスタッフがすぐ待ち構えていてビックリしたのですが、中は暗いので店内のスタッフから、外を通る人達の様子は丸見えだったのです。(お店の前で恥ずかしい行動をしてないよう要注意です)

レストランの店内は落ち着いた雰囲気で、他はリッチなファミリーやカップルのお客さんでした。昼間なのでドレスアップの必要はないにしても、やはりスカートやワンピースで訪れたいお店です。

ランチはお手軽な値段のものでは三品選んで240ドル(プラスサービス料)か、四品選んで290ドル(プラスサービス料)のものがありました。
三品選ぶコースにして、前菜はサーモン料理に。
amigo前菜
フレンチなのに、盛り付けを豚の顔にしてしまうところが香港人・・・・。
(でもお店はあくまでもちゃんとしたフレンチレストランです)

メイディッシュは牛タンの煮込みパスタ添え、あとパンがついています。(他の選択は鶏肉料理か魚料理だったと思います)結構お腹一杯になりました。
amigoメインディッシュ
デザートはバナナのクレープ包みを選択。この後、コーヒーか紅茶の飲み物が出ます。
amigoデザート
あと、お料理にはワインも付いていたのですが、私は飲めないので断りました。(断ってもワイン代を引いてくれる訳ではないのですが)
料理はどれも美味しかったです。
上記の料理にワインがついて、240ドル、1ドル今12円としたら2,880円。15円としても3,600円のランチ。
本格的なフレンチレストランとして考えたら、東京ではリーズナブルな方です。


さあ、そこのトニーファンの皆さん、今度香港に行ったら思い切って「amigo」のランチに行ってみましょう。
私も次回は、もしもの為にスーツケースにワンピースを入れていくことにします。

ただし、VIP用席(芸能人や政治家など)はレストランの奥の方に別の部屋があるそうなので、amigoも行ってもトニーを見かけることはできないと思います・・・。

重要な?ミッションが終わってほっとひと息ついて、中環にある映画館で午後4:30上映の「赤壁 決戦天下」を三人で観ましょう、ということにしたのですが、土曜日だったこともあり、時間ぎりぎりに行ってみたらなんと満席でチケットが買えませんでした!
「赤壁」まだまだ強し!トニー、見くびって(いや見くびってないけど)ゴメン。

映画は観られなかったけど、中環の映画館チケット売り場にはトニー大使の看板がありました♪
トニー大使2009

さてどうしよう、ということで調べたら嘉禾港威ゴールデンゲイトウェイでは午後6:20上映の回がある、ということで地下鉄で尖沙咀へ移動。
無事チケットも買えたので安心して劇場隣の茶餐廰へ。

私は中に胡麻あんが入っている白玉を注文。生姜味の甘いお汁に入ってます。
白玉団子
「赤壁 決戦天下」を観ると白玉が食べたくなるのです。
二回目観て、やはり面白い!と思いました。私は今回曹操役のチャン・フォンイーの演技が、PartⅡの映画の要(かなめ)となってると思います。この方の演技がバシッ!と決まってるから映画全体が引き締まってるのです。

さて香港最後の夜はまたしても「彌敦粥麺家」(佐敦西貢街11)へ。朝もここでしたが。
帰国したらしばらく食べられない海老雲呑麺を味わいました。
海老雲呑麺
油菜(というらしい)はメニューにはないのですが、常連さんが食べていたので出してくれるはず!と頼みました。(油菜は伝票を見ると14ドルでした)


銅羅湾の時代廣場地下のショップで売っていたエコバッグです。自分用と、香港好きの友人用お土産に購入。以前友人が同じエコバッグをお土産で買ってきてくれたのですが、とても重宝していたので、今回新作バッグを見つけて買わずにはいられませんでした。
香港エコバッグ


翌朝、香港国際空港にて。
香港はまだまだ旧正月な雰囲気なのでした。
香港国際空港

「赤壁 決戦天下」が観られれば十分、な旅の予定でしたが金雀餐廰、amigoと、予想外にトニーに想いが馳せられる旅となりました。ご同行してくださった方々、また旅行前にアドバイスくださったご友人、ありがとうございました。
また香港行けるといいな、そして次はあの方、この方も一緒にamigoへ♪と希望に胸を膨らませてお仕事を頑張ることにします。
これにて今回の香港旅行のレポートは終わりです。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

category: 香港旅行

tb: 0   cm: 7

△top

コメント

 

私もよく重慶マンションで両替をしますが、いつも2階の真ん中の辺りにある、アラブっぽいオジサンのいる両替屋さんに行っています。ここは扉があるから、ちゃんと両替の金額を確かめて、お財布をしまってから外に出られるからなんか安心なんですよね。
ただ、1階の奥の階段にたどり着くまでに、あきらかに香港人じゃない客引きの人達(笑)にワラワラと寄ってこられるので、いつもガンガン無視して超早足で階段めざしてます。
(ここに入るのが初めてだった友達は、顔がひきつり気味でした・・・笑)
入口近くの両替屋さんは、やはりレートが良くないんですね。数百円の違いとはいえ、やっぱり損した気分になりますよね。

「赤壁 決戦天下」を観ると白玉が食べたくなるっていうの、分かります!!
あの一気飲みはマネできませんが・・・(笑)。>トニーさん、よく喉に詰まらせなかったなぁ・・・


amedeo #b4odx5L6 | URL | 2009/02/18 22:36 | edit

amedeoさんが仰ってる両替屋さん、まさに私が両替したところです。

>ここは扉があるから、ちゃんと両替の金額を確かめて、お財布をしまってから外に出られるからなんか安心なんですよね。

そうそう、この扉1枚がすごく重要。安心感がありますね。レートもいいし。数百円でも香港では大きな違いですよね。30ドルか40ドルあれば結構美味しいもの食べられるし。

私もトニーさん、よく一気飲みできたなーと感心しました。
むせそうですよね・・・(笑)。

ぐう #ex3yOCrA | URL | 2009/02/19 00:36 | edit

amigo、トニーや張學友夫妻のゴシップ雑誌写真の背後によく写りこんでる、もじゃもじゃ頭にすらっとしたウエイターさんが給仕してくれましたよね。
重慶マンションの両替は、中2階に階段で上がって左手にある店が、手数料を取らないしレートが微妙によいです。同じ中2階でも、もう1つの店はレートが少し悪いです(1階入口近くよりはマシですが)。何度か潜入しての、結論です。
あと、インド料理は重慶大厦E座 7F E2號の「KHYBER-PASS MESS CLUB(カレー王)」によく連れてってもらいます。香港人朋友にも、香港で働いてた日本人にも連れてってもらったので、手軽で値段もリーズナブルで、味もそれなりにいいのかと。(単に客引きがうまいだけ?(^_^;))辛いのが苦手な私はチーズナンがお気に入りです。辛いけど、タンドリーチキンもあるでよ。肝腎のカレーは、先輩におごってもらってた大阪駅前第一ビル地下の「インド料理レストラン ミラ」の方が口に合ったなぁ…生ビール100円(飲み残し禁止)だし。ああ、懐かしい。B級グルメ御用達の香港の茶餐廰はビール無し、アルコール一切無しの店も多くて大いに不満です。

nancix #q2FNM5.6 | URL | 2009/02/21 01:16 | edit

nancixさん、香港では本当にお世話になりました!(香港以外でもお世話になっております)

amigoのウエイターさん、気がつきませんでした・・・舞い上がってましたので(笑)。今度またランチに行ける機会があったら冷静に観察してみます。

>重慶マンションの両替は、中2階に階段で上がって左手にある店が、手数料を取らないしレートが微妙によいです。

左手なのですね。私が両替したのは上がって右手だったように思います。右手でも1階の入り口よりは断然レートがいいですけど、今度は左手をチェックしてみます。
7Fにカレー屋さんがあるのですね。知らなかったぁ。場所柄、ありそうですね!

>B級グルメ御用達の香港の茶餐廰はビール無し、アルコール一切無しの店も多くて大いに不満です。

そういえば、台湾の屋台でも、あんまりお酒は置いてないです。ビールが少しあるだけですね。
B級グルメとアルコールは共存できないのかな。お店もお酒で長居されると、回転が悪くなって薄利多売できないですもんね。でもお酒飲みには辛いですね。
お酒好きな人は外買で家で飲むしかないんでしょうか・・・。



ぐう #ex3yOCrA | URL | 2009/02/21 23:37 | edit

いまごろすみませんが
ステキな香港レポートありがとうございました!
とってもとっても行きたくなりました~!!!

>「彌敦粥麺家」

いつも、お盆と年末に通ってるので、勝手に実家のよーに
思っているこのお店ですが(おい!)
毎朝、まずはここのお粥!、そしてどこかで朝食という生活なので
朝イチは麺をやっていないとは今まで知りませんでした(汗)
いろいろ食べてみたいと思いつつ、やっぱしいつも
ワンタンメンを食べてしまってます(笑)

そして、ついつい通り過ぎてしまう
おとなりの客家料理のお店の豚バラご飯もけっこう美味しいです。
人数の多い時に機会があったら寄ってみてくださいまし♪

で、わたしもぜひ、amigo、行ってみたいです(遠い目)
チョンキンのカレーも気になるし。
あーーー、行きたいところばっかり~(泣)

grace #5zcN.rTA | URL | 2009/02/23 23:50 | edit

グレちゃん、いらっしゃいませ♪
グレちゃんに紹介していただいた「彌敦粥麺家」 、もはや香港に行ったら寄らずにはすまされないお店です♪

>朝イチは麺をやっていないとは今まで知りませんでした(汗)

例の「旅」雑誌にそう書いてあったの。朝行ってみたらやはりお粥しか見かけなかったから、記事の通りみたいです。

>おとなりの客家料理のお店の豚バラご飯もけっこう美味しいです。

うわ~~行きたい!客家料理好きです。
カレー屋さんも気になりますね。

そしてamigo、頑張って行きましょう。一人では行きづらいお店なので、是非「道連れ」を募ってね。機会があったら私もグレちゃんと行きたいです♪

ぐう #ex3yOCrA | URL | 2009/02/24 00:59 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2010/01/30 13:31 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/971-5d0f9807
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top