FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

「戦場のレクイエム」観ました 

 

本日シャンテシネにて「戦場のレクイエム」観ました。
「戦場のレクイエム」ポスター
戦争映画は苦手なのでふだんは観ないです。
これも中国の内戦を描いた映画、ということでなければ観なかったと思います。

戦闘シーンのリアルさに、「プライベートライアン」(これも観たくなかったのに、たまたまテレビで最後まで観てしまった)を思い起こしました。
でも私の一番印象に残ったのは、次々兵士が死んでい戦闘くシーンよりも、移動の際に、同じ部隊の兵士がうっかり地雷を踏んでしまったときの、主人公の静かな闘いのシーンでした。

戦争映画の感想を書きづらいのは、体験していない人間が何を書いてもうわすべりになってしまうから。

ただ言えるのはこの映画は中国映画という枠を超えて、一つの普遍的な映画へと昇格しているということ。
戦争がいかに多くの罪のない普通の人々を惨く死に向かわせるか、その、一つの記録映画として。


映画鑑賞のついでに、次回公開予定(2月14日(土))の「三国志」の前売り券を購入しました♪
「三国志」前売り券
ポストカード3枚は前売り券特典です。


今日の情報
・1月24日(土)NHK総合午後8:00~8:43 「探検ロマン世界遺産」 福建土楼
 (去年10月に行ってきました福建省の土楼が、成り立ちの解明とともに紹介されます♪)

番組紹介文より
『広大な中国でなぜこの地にのみ、こうした奇妙な建造物が生まれたのか?そこには数世紀もの間、戦乱の続く中国で一族の命を守りながら流浪の民として各地を漂泊した「客家」(ハッカ)と呼ばれる人々の苦闘の物語があった。また土楼の中でも形が特徴的な円楼が誕生した背景には、日本が関わっていたという。
番組では秋の収穫時期に現地を訪ねて土楼にまつわる謎を解き明かし、今も土楼に暮らす人々の生活を追う。』

http://www.nhk.or.jp/sekaiisan/card/cardr131.html

category: 映画

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/948-0c0e8e53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top