FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

豚に真珠「書の至宝展」 

 

昨日1月20日上野の東京国立博物館「書の至宝展」に行ってきました。http://www.tnm.go.jp/jp/servlet/Con?pageId=X00/processId=00

書の至宝展

午前9時半開門と同時に入場、書道を習っているトニー迷の友人に解説をしてもらい観ていった。
そこでいろいろ書を観て行くうちに書いた人の個性が伝わってきて、勝手に「書」を香港明星に当てはめていくお遊びを友人たちとした。

完璧な書。王義之・・・アンディ・ラウ
やわらかな書。米芾・・・トニー・レオン
自由な書。藤原佐理・・チャウ・シンチー
アナーキーな書・傅山・・フランシス・ン
癖のある書。金農・・・・・エリック・ツァン
力強い書。呉昌碩・・アンソニー・ウォン

これから観に行かれる方はご参考に。(笑)

草書と行書の区別もつかない私が観に行って良かったのかな。

私の母は書を書いていて、土曜日には子供達に今でも書道を教えている。
母は特別に上手な訳ではないし普通の主婦だが、田舎だから口コミで子供が集まりそれがずっと続いているのだ。
私が子供の頃たまたま母が用事で出かけているとき、炬燵の上にあるチラシ広告の裏に「六時に帰ります おやつは冷蔵庫にあります」などと走り書きで書いてある字が達筆で、そのままとっておきたいくらい美しかったのを覚えている。もちろん、母親の字だからそう感じたのだろうけど。

私自身も小学生の時、母の書道教室(といっても自宅の広い部屋)で書道を習った。全然やる気がなく早く遊びにいきたい私は少しも集中できず、なかなか合格がもらえなかった。結局小学生で習うのを止めてしまった。今思うともったいなかったなと思う。
(母が今書いている書が草書なのか、かななのか、の区別もつかないのだ・・)

「今博物館に来ているのが私ではなく、母だったら良かったのに」と思った。田舎に住んでいる母はこの展覧会を観られることはないだろう、と思うと余計に。

その後、銀座に移動して再度「ニュー・シネマ・パラダイス」を観た。

ニュー・シネマ・パラダイス

最終日でした。座席はやはり前回と同じく満席。

前回観た時は気がつかなかったが、細かい登場人物にも気を遣いシーンが描かれていることに気がついた。

怖い映画のシーン。
座席に座る大の男たちが眼を覆い一斉にうつむく中、一人だけスクリーンを見据えている男がいた。二階席ではそれを見ながら微笑む女性。
次のシーンではその男女が並んで座席に座り、お互いの手をふれあいながら映画を観ている。

女優が裸体で寝そべるエロティックな映画のシーン。
映画館の後ろの方で売春婦が、たまらなくなった男たちを順番にトイレに誘い商売をしている。

一見見過ごしてしまいそうなシーンの中一つ一つに愛情が惜しみなく注がれている映画だと改めて思った。
スポンサーサイト

category: イベント

tb: 2   cm: 9

△top

コメント

 

こんばんは。
先日はお世話になりました。有意義で楽しい1日でした。
図録、重かったでしょうね。でもきっとお母様は喜んで下さると思います。

>勝手に「書」を香港明星に当てはめていくお遊びを友人たちとした。
とても楽しいお遊びでした。 私も将来トニー・レオンの雰囲気を持った作品を書いてみたいです?!あくまで夢ですが。

・・・同じお手本で書道をしても10人いれば10通りの作品ができます。
それぞれ個性があり、それが書道のひとつのおもしろいところでもあります。
またよろしかったらご一緒して下さいね。

「ニュー・シネマ・パラダイス」は以前ビデオで見ましたが、映画館で見るのは初めてでした。やはりビデオで観た時との感動とは違いますね。
またスクリーンで観たいです。



チプドン #nmxoCd6A | URL | 2006/01/22 02:14 | edit

ありがとうございました

とても楽しい時間でしたね~~
わたし達ならでは書の解釈ですよね(笑)。
今度はキネカですね、楽しみにしてま~~す。

「ニュー・シネマ・パラダイス」薦めて頂いてありがとうございます。
後からも胸にしみて来ますね。

蓮 #T1LxwB1c | URL | 2006/01/22 10:38 | edit

>チプドンさん

こちらこそお世話になりました。チプドンさんの解説のおかげで書道が身近なものになりました。また機会がありましたら是非ご一緒してほしいです。
「ニュー・シネマ・パラダイス」いい映画ですね~~。スクリーンだと脇役の方の細かい様子まで観られるのでいいなと思いました。

>蓮さん

蓮さんのフットワークの軽さに感謝しています。「ニュー・シネマ・パラダイス」もご一緒できて・・。嬉しかったです。次回キネカも楽しみにしてます。

ぐう #ex3yOCrA | URL | 2006/01/22 22:44 | edit

T.B.させていただきました~『ニュー・シネマ・パラダイス』、皆様のおっしゃるとおり、ステキな映画でした。
書展もご一緒したかったなあ。王義之の書は好きです。アンディかあ。なるほど、って感じ。

藍*ai #a2fnBRhM | URL | 2006/01/24 00:37 | edit

藍*aiさん、ありがとうございます

私もトラバさせていただきました。書展、藍*aiさんもお誘いすれば良かった・・。
凄くパワーを感じる書ばかりですので、もし機会があればお出かけください。

ぐう #- | URL | 2006/01/24 21:51 | edit

はじめまして

はじめまして、実は華仔迷です。
書の至宝で検索してまいりました。
王義之を華仔に選んでいただいて光栄です。
わたしは、華仔の書く字が米芾ぽいと思うけど、
米芾はかなり変人だったらしいので、華仔は性格的に顔真けい

トニーさんは、う~ん グルメな蘇東坡でしょうか?
もっとメジャーな人で選ぶなら、孫過庭がいいです。

金農・・・・・エリック・ツァン
これ、おもしろすぎますっ。
金農はちょっと苦手だったけど、
これを見て親しみがわいてきました。
呉昌碩・・アンソニー・ウォン
実は 呉昌碩のお孫さんにお会いしたことがありますが、
妥当なキャスティングだと思います。
お孫さん、けっこういかつい方でした。

TBさせていただきます(^。^)

(・ε・)ヾ #2PRdxZIg | URL | 2006/02/08 16:24 | edit

(・ε・)ヾさん、ありがとう

(・ε・)ヾさんは華仔迷でしたか!素敵ですよね、華仔。完璧で隙がない感じが王義之かなと思いました。あくまで書の観た感じなので人物は存じ上げず・・。

>米ふつはかなり変人だったらしいので、華仔は性格的に顔真けい
>トニーさんは、う~ん グルメな蘇東坡でしょうか?
>もっとメジャーな人で選ぶなら、孫過庭がいいです。

無知な私は蘇東坡、孫過庭とも初めて聞くお名前です。今度調べてみます。トニーさんを書道家に例えてくださってありがとうございます。

ぐう #ex3yOCrA | URL | 2006/02/08 17:38 | edit

FC2はTBの機能が追加されましたので

華仔って、こうと思ったらとことんいっちゃう感じだけど、案外すきだらけだし、完璧ではないんですよ(^。^)あの整った顔とのギャップが好きです。

きのう TBさせていただきます と書きましたがTB送る時に相手先(つまりぐうさん)のURLを記事に書かないと、TBをはじいてしまうという機能がFC2に追加されていますね。

 (・ε・)ヾ #2PRdxZIg | URL | 2006/02/09 10:11 | edit

ありゃ、そうでしたか

>きのう TBさせていただきます と書きましたがTB送る時に相手先(つまりぐうさん)のURLを記事に書かないと、TBをはじいてしまうという機能がFC2に追加されていますね。

管理ページを見たら2月6日から実施されたようです。 (・ε・)ヾ さんのご指摘で初めて気づきました。便利なんだか不便なんだか・・最近、出会い系ぽいブログがトラバされることがあったのでそういうのを防ぐのには便利かもしれないですね。

ぐう #- | URL | 2006/02/09 20:59 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/80-1e8eef1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「永和九年」軌跡の美。  ~下北沢パン事情~

雪を知らせるメールに起こされて外を覗くと、期待以上の積もり方。ほほー。これは外に行かねば・・・。天邪鬼気分がむくむくと起こり、前から目を付けていた国立博物館の「書の至宝-日本と中国」展に。こんなマニアックな展覧会で、かつ大雪ときたらガラガラだろうと思いき

日本橋ランチ事情 | 2006/01/23 00:54

人はいいものを残そうとするけれど

冒頭のシーンから画面の美しさが心をとらえる。デジタル・リマスター効果の素晴らしさなのだろう。まったく古さを感じさせない映像。ストーリー:老婆が息子に電話をかけている。たらい回しされてなかなか本人にはつながらないのに、諦める気配はない。母の伝言をようやく聞

藍*aiの雑想記 | 2006/01/24 00:32

△top