FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

「言えない秘密」を観ました 

 

先日観なかった「言えない秘密」を今日観てきました。
新宿武蔵野館では映画の中の淡江学園の制服を展示してあります。
淡江の制服1
こちらは女子の制服です。
淡江の制服2
映画の感想はネタばれになるので詳しくは書けませんが、私はとってもせつなかったです・・・。
ジェイはもちろん、グイ・ルンメイちゃん、アンソニーお父さんの演技は素晴らしいです。ピアノの演奏シーンも見所の一つです。

映画の公開前、某所で「○○○○○○○みたい」と書かれていたのを読んでしまい、ネタばれやん!と思ってたので最初からそれがわかってしまい「ビックリした!」というのがなくて残念でした。
(書かないでいてほしかったよ・・・)

でも映画の内容は青春や初恋のきらめきを丹念に描いていて、とても美しかったです。
授業中に後ろの女の子が気になって何度も振り返ったり、自転車の二人乗りやアイスの買い食い、カップルで夕暮れのベンチに並んで座るなんて、一つ一つの出来事が平凡でいて大人になると二度と味わえない感覚の連続ではないですか。

ジェイの凄いところはスーパースターらしからぬ、いい意味での普通さ、古風さなのだと再確認しました。
そして世の中で愛されるスターは誰しもその古風さを根っこのところに持っているのではないか、とも思ったのでした。


先日観にいった台湾シネマコレクションの2作品の感想を簡単に。

「練習曲」
聴覚障害のある青年が台湾を自転車で一周旅行するロードムービー。(考えてみたら台湾という島は海岸沿いを一周するのにぴったりではないですか!)
主演のイーストン・ドンの存在感が圧倒的。彼が映画の中で描いていた絵は彼自身のものと後で知ってビックリしました。あんな体の大きい男性が繊細な女性のような絵を描くと思ってなかったので・・・。

旅行中出会う台湾の普通の人びとの暮らしの様子にしみじみしました。中国とはまた違う台湾の人々の素朴さ、暖かさ、誠実さが伝わってきました。私はお祭りのため道をねり歩いてる人々のシーンが好きです。
映画の中で、映画撮影をしている人達と出会うのですが、その中の女優さんの顔がどっかで見た人だと思ったらドラマ「ザ・ホスピタル」で白血病の少女の役を演じた張惠春でした。
食堂で水族館の企画を話していた人達の中、一瞬映った一人の男性がピーター・チャン監督に激似だったのですが、ご本人ではないのでしょうか・・。(違ってたらすみません)

※シネマート六本木では現在イーストン・ドンの絵も展示されています。
イーストン・ドンの絵

「DNAがアイ・ラブ・ユー」
「靴に恋する人魚」のロビン・リー監督作品ということで期待していたのですが、思ったよりも普通でした。良く言えば洗練されてきた、こなれたドラマですが、辛口で言えば「靴に恋する人魚」のような新鮮さが感じられませんでした。
女性心理が上手く描かれていて、「トゥヤーの結婚」で一目置いていたユー・ナンの演技が素晴らしかったです。もう一人の主演女優、テリー・クワンは「ターンレフト・ターンライト」で金城君につきまとっていた女の子だったのですね。あの定食屋さんの娘かな?あの映画の時はコミカルな脇役で、そんなに顔を覚えてなかったのですが、今回は主演で出ずっぱりだったので美人なのだと言う事に気づきました。

男性で主演していたエディ・ポンの舞台挨拶が映画の上映後ありました。
バンビのようなくりくりした瞳の方でしたね。
なんと通訳は周さんで、私はエディ・ポンよりも周さんの方が気になりました。(ファンの方々ごめんなさい)
彼の日本の俳優さんで気になる人(?好きな人?だっけ)は「西田敏行さん、若い人ではオダギリジョーさん」とのことでした。


今日の情報
「レッドクリフ」メルマガより
 『レッドクリフ』特別映像が、Yahoo!映画にて配信開始です!
 ▼「5分でわかる『レッドクリフ』はこちら
  http://movies.yahoo.co.jp/sl/
 ※マイクロソフト社のソフトウエア、シルバーライトをダウンロードしていただか
 ないと映像を見ることが出来ないため、ページ上の解説に従ってソフトをダウンロ
 ードいただき、映像をご覧下さい。

 ■8月31日(日)21時~ 日曜洋画劇場 (テレビ朝日) 「レッドクリフ」完全攻略の道が放送されます。

 ■大三国志展 -悠久の大地と人間のロマン-関西会場でスタート!

 大絶賛の東京会場、北海道会場に引き続き、いよいよ関西会場でもスタート!
 中国全土から出品された「三国時代」の国家一級文物も数多く展示。

 「曹操一族の墓から出土した銀縷玉衣」「呉の将軍・朱然の墓から出土した名刺」
 「赤壁古戦場から出土したやじり」など三国志ファン必見の貴重な出土品を含め、
  総数200点の圧倒的なボリュームでせまる!

 ▼詳しくはこちら:http://www.fujibi.or.jp/3594blog/

 【今後の全国巡回開催予定】
 ●2008年9月5日(金)~10月5日(日)
  関西(神戸)関西国際文化センター
 ●2008年10月17日(金)~11月16日(日)
  九州(福岡)福岡アジア美術館
 ●2008年11月26日(水)~12月24日(水)
  四国(高松)香川県立ミュージアム
 ●2009年1月2日(金)~2月1日(日)
  中部(名古屋)松坂屋美術館 
 ●2009年2月11日(水)~3月15日(日)
  群馬(前橋)グリーンドーム前橋

 会場では、「レッドクリフ」の劇場予告編もご覧になれます。
 是非、足をお運び下さい!

 【雑誌掲載情報】
 ・9月1日(月)発売 グラッツィア (金城武インタビュー掲載!) 、とのこと。

今日の立ち読み情報
 「月刊中国NEWS」10月号
 「レッドクリフ」ご一行様来日の記事が載ってます。
 あと、映画「ラスト、コーション」でワン・チアチーの上海のおばさんの家でマージャンをしていたおばあさん役(「まだ学校に行かせているの?」と言ってる人)で出演していたリサ・ルー廬燕の記事が載っていました。「インビジブル・ターゲット」ではジェシーのおばあさん役で出演しています。
「ラストエンペラー」で西大后役を演じた大女優だったのですね。

category: 映画

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/739-6416e0ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top