FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

香港レジェンド・シネマフェスティバル1 

 

昨日28日「香港レジェンド・シネマフェスティバル」に行ってきました。
香港レジェンド・シネフェス・ポスター

観たのは「ファイヤー・ライン」、「チャウ・シンチーのゴーストバスター」、「裸足のクンフー・ファイター」。

「ファイヤー・ライン」
ジョニー・トー監督らしい骨太の映画。消防士のお話のため、ドッカンドッカン炎が燃え盛るシーンの連続で迫力満点でした。工場火災で、逃げ遅れた人を救出して地下道に避難したものの、出口がなく、酸素ボンベの酸素も残量僅かになり・・と観ているこちらも息苦しくなるような展開でした。
ラウ・チンワンカッコええ~~♪
アレックス・フォンのぴったりサイズのポロシャツは果たして・・・(笑)。

「チャウ・シンチーのゴーストバスター」
思いっきり笑いました。カレン・モクの前半の衣装は「天使の涙」風、後半は「レオン」のナタリー・ポートマン風でした。シンチーの衣装がまさしくレオンでしたもんね。
台詞もたぶん広東語のは字幕に載せきれないくらいいろいろ織り交ぜてるんだろうなぁ、全てを理解して笑えないのが残念です。

手に「ウ○チ」を乗せて、「これが触れるか!」ってどんな訓練なんだ。(笑)
いつまでも子供の心を忘れないシンチーに乾杯!です。(忘れなさすぎですが)

「裸足のクンフー・ファイター」
これもジョニー・トー監督作品だったので観てみたかったのですが、こちらはアーロンの青春映画と言った感じでした。
アーロンが若い!爽やか!「父子」のドロドロとした駄目父役とはえらい違いです。演技も男の渋さも現在の方が増していますね。って特にファンではないですが・・・。
マギー・チャンは今とほとんど変わらず、凜とした染物屋の女主人を演じています。


「ファイヤ・ライン」も「ゴーストバスター」もラム・シューがちょい役でスクリーンに映ると劇場は爆笑。ラム・シュー愛されてますねぇ。ご本人は知ってるのかしら、日本でこんなに自分が愛されてるのを。
久々に香港映画らしい香港映画も観て大満足、ストレス発散です。
ちょくちょくこういう催しをやってくれるといいのにな。もちろん香港映画がもっと一般公開されるといいのですが・・・。
中国映画も台湾映画も好きですが、やはり香港映画は一番いいですね。
本日は家で過ごしてしまったので、次は仕事休みの平日に観にいく予定です。

今回レジェンド・シネマフェスティアルに参加できない方も、上映作品が次々とDVD発売される予定ですので、レンタル等でご堪能してみてはいかがでしょう。

※「香港レジェンド・シネマフェステイバル」パンフレットより
9月10日発売
「裸足のクンフーファイター」
「ファイヤー・ライン」

10月8日発売
「暗黒街/若き英雄伝説」
「アンディ・ラウのカジノタイクーン」

11月5日発売
「チャウ・シンチーのゴーストバスター」
「チャウ・シンチーのゴーストハッスル」
「チャウ・シンチーの熱血弁護士」
「チャウ・シンチーの限界ドラゴンファイター」

12月、1月、2月、3月、4月も香港映画日本版DVDがショウ・ブラザーズより発売されます。


今日の情報
・雑誌「香港電影」8号を渋谷のカクタスクラブで購入しました。トニーの写真満載(「レッドクリフ」記事も沢山あります)文字が読めなくてもファンの方、結構お薦めです。(左側は「香港レジェンド・シネマフェスティバル」のパンフレット)
「香港電影」

・トニーの過去の作品、「地下情/追い詰められた殺意」DVD(香港版)が発売になりました。
「地下情」

http://global.yesasia.com/jp/PrdDept.aspx/code-c/section-index/pid-1011110937/

・「カンフーダンク」試写会プレゼントのお知らせ
http://www.asiancrossing.jp/info/info.html

・本日6月29日(日)TBS 午後11:30~0:00 「アジア紀行」 ヨガ&太極拳 
今回が最後です。先週の多部ちゃん、見逃しちゃいました。

category: 香港映画

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/693-481e1dc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top