FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

12月の予定 

 

今日の立ち読み情報。
「中国NEWS」 1月号に”舞台監督・林奕華「私の中の張愛玲」”記事。
何度も張愛玲の小説を舞台化したことのある林奕華が、小説のヒロインの性格分析、富裕層・知識層に受ける理由などに触れているのが興味深かったです。
「ラスト、コーション」は原作そのままだったらヒロインはチャン・ツィイ―がふさわしかっただろう、とのこと。
アン・リー監督が映画で原作のラストを変えることより、タン・ウェイというヒロインが生まれたのかもしれません。

以下、12月の予定。自分用覚書メモ。

映画上映

12月1日(土)~7日(金)東京フィルメックス・コラボ企画 アンジェラ・マオ復活祭 
シネマート六本木
http://www.cinemart.co.jp/theater/roppongi/lineup/20071121_780.html
なんと12月1日(土)11:30の回上映終了後、アンジェラ・マオ舞台挨拶 だそうです!
当日一般1500円。(期間限定イベント上映につき、サービスデーの適用はないそうです)

12月8日(土)~14日(金) 韓国映画ショーケース2007 シネカノン有楽町1丁目
http://www.cqn.co.jp/ks2007/

12月8日(土) 「やわらかい手」公開 ル・シネマ
http://www.irina-palm.jp/

12月15日(土) 「アイ・アム・レジェンド」公開
http://wwws.warnerbros.co.jp/iamlegend/

          「カンナさん、大成功です!」公開
http://wwws.warnerbros.co.jp/200poundsbeauty/index2.html

          「中国の植物学者の娘たち」公開 東劇
http://www.astaire.co.jp/shokubutsu/

          「雪の女王」<新訳版>公開 シネマ・アンジェリカ
http://www.ghibli-museum.jp/snowqueen/

12月22日(土) 「俺たちフィギュアスケーター」公開 シネマGAGA!
http://oretachi.gyao.jp/

          「ひつじのショーン」公開 渋谷シネ・ラ・セット
http://www.sonymusic.co.jp/MoreInfo/Chekila/Shaun/

          「ペルセポリス」公開 シネマライズ
http://www.persepolis-movie.jp/

          「迷子の警察音楽隊」公開 シネカノン有楽町2丁目
http://www.maigo-band.jp/main.html

          「ルイスと未来泥棒」公開
http://www.disney.co.jp/movies/lewis/

<テレビ放送>

12月18日(火)(月曜日深夜)NHK総合  午前0:10~
世界ふれあい街歩き 中国 ハルピン

「関口知宏の中国鉄道大紀行 完全走破スペシャル!(仮)」
12月27日(木) NHK総合
前編 19:30~20:43
後編 22:00~22:58

12月28日(木)午後10:00~10:55 NHK総合「絶景のカルスト大地をゆく~中国・新世界紀行~」

         深3:09~4:55 テレビ朝日 「クローサー」 
         スー・チー、ヴィッキ・チャオ、カレン・モク出演。


<書籍・DVD等発売>

12月14日(金) 「ラスト、コーション」集英社文庫発売
※映画の原作・張愛玲の短編集です。

12月21日(金) DVD「鹿鼎記」DVD-BOX 発売


※あとお知らせ!来年1月の放映ですが、
NHKBS2にて
1月28日(月) 午後9:00~10:42 「インファナル・アフェア」放映
1月29日(火) 午後9:00~11:01 「インファナル・アフェア 無間序曲」放映
1月30日(水) 午後9:00~10:59 「インファナル・アフェアⅢ 終極無間」放映
です!! 
NHKBS2ですから、ノーカット放映と思われます。夕日の中、去っていくヤンの姿も入ってますよね。
「無間序曲」では冒頭の警察署内でのウォン警視とサムボスのやりとりもあるはず。

あと同じくNHKBS2にて、

●国際共同制作 香港映画のすべて 第1回 武侠映画の盛衰 2003年・シンガポール/中国(香港)/NHK CINEMA HK
1月29日(火) 午前0:50~1:38 (28日深夜)

香港映画の歴史を3つのジャンルに分けてたどる3回シリーズの第1回。ハリウッドでも活躍する監督ジョン・ウーをはじめ俳優、武術指導家など、様々な映画人のインタビューと映画で武侠映画の歴史と未来をさぐる。アカデミー外国語映画賞を受賞した「グリーン・デスティニー」によって、一躍世界の注目を集めた武侠映画。超人的な能力と厳しい道徳観念を持つ剣士たちが登場する武侠映画は、中国では70年もの歴史があるという。

●国際共同制作 香港映画のすべて 第2回 カンフー映画のヒーローたち 2003年・シンガポール/中国(香港)/NHK CINEMA HK
1月29日(火) 午前1:38~2:26 (28日深夜)
香港映画の歴史を3つのジャンルに分けてたどる3回シリーズ。第2回はカンフー映画に焦点をあて、ジェット・リーなどカンフー映画から生まれたスターや監督らのインタビューと数々のカンフー映画を取り上げ、そのヒーロー像にせまる。実在の人物をモデルにした中国を代表する英雄ウォン・フェイホンを主人公にした映画から始まり、70年代にはブルース・リーやジェッキー・チェンが登場、カンフー映画は一大ブームとなった。

●国際共同制作 香港映画のすべて 第3回 銀幕の女神たち 2003年・シンガポール/中国(香港)/NHK CINEMA HK
1月29日(火) 午前2:26~3:14 (28日深夜)
香港映画の歴史を3つのジャンルに分けてたどる3回シリーズ。第3回は、香港映画の黄金期を築いた映画会社ショウ・ブラザースの女性スターたちを取り上げる。1960年代から70年代にかけてショウ・ブラザースが送り出した数々の映画をヒットに導いたのは「グリーン・デスティニー」にも出演したチェン・ペイペイら、美しい女優たち。撮影時のエピソードや私生活でのかっとうを本人や関係者のインタビューを交えてつづる。

ジョン・ウー監督やジャッキー・チェン、サモ・ハン・キンポー、ジェット・リー、チェン・ペイペイなどがインタビューなどで出演するそうです。

詳しくはNHKBSオンラインのページをご覧ください。
http://www.nhk.or.jp/bs/genre/movie_7later.html<


※12月23日情報を更新しました。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/531-05f35807
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top