FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

「夜の上海」観ました 

 

今日「夜の上海」観てきました。

「夜の上海」ポスター


うーん、日本のトレンディドラマみたいでした。
軽い気持ちで観るにはいい映画かも・・。ちょっと真面目な感じで、文化庁推薦だか協力だか、だからかな・・・。

私としてはテレビではなく映画だからこそできる表現と言うのものを映画には求めているので、それが時には不可解だったり残酷だったりエロティックだったり自分の望む形じゃないにしても「これが映画だよね!」と暗い座席に沈んでその世界に浸りたいのです。
だから「これってテレビドラマでいいんじゃない?」と言うものはスクリーンで観るには物足りない。
(もちろん子供向け映画はこの範疇には入らないと思います)


ところで映画のストーリィですが。
タクシーの運転手のヴィッキー・チャオと本木雅弘との出会いがああいう形とは知らず、吃驚しました。

モッくんの事はよく知らなかったのですが、意外とお茶目でコミカルな演技もできるんだなと感心しました。ヴィッキー・チャオとの息もぴったりで言葉が通じないので、変な誤解と思い込みで話が進んでいく可笑しさがなんとも言えず。

西田尚美はなんか深津絵里とキャラがかぶってるなー・・と言う印象。
なんかこういう「知的だけど都合のいい女の役割を演じてしまう」役ってどうなんでしょうね。
ディラン・クオもハンサムなんだけど、ヴィッキー・チャオとの片思いの相手以上の存在ではなくて別にディラン・クオでなくても、と。
まぁ賑やかし、という印象かな。

キャラとしてこの人ならでは、と言う存在は竹中直人。
一挙一投足がユーモラスで(ブルース・リーの物真似最高!)ガラガラの劇場内でも彼の演技には笑いが起こってました。

もう一人はサム・リー。恥ずかしながら映画の最中は「この人面白いなぁ」と思っていたけどサム・リーと気づかず観ていました。エンドロールでやっと気づいたと言う次第で。

あと、ヘアメイクアップアーティストの手にかかってヴィッキー・チャオが最後に綺麗になるところですが、「あんまし変わってない」と思ったのでした。
ヴィッキー・チャオは美人なのでちょっといじるだけでもかなり印象変わると思うんですけど。


細かいことですが、ヴィッキー・チャオの不肖の弟が「両親の残した家を担保にお金を借りて日本に留学したい」と言っていたのが印象に残りました。
以前中国旅行の時ガイドさんが言っていたのですが、中国は一応社会主義の国なので「土地の所有」と言うのは認められない、でも親が亡くなった時その家に子供は住むことができる、とのこと。
つまり「日本の定期借地権」(50年などの一定の借地権)と似た感じで国民は国に借地権を払ってその間その土地で居住したり商売する権利を買うのだと思うのです。(この解釈で合ってますでしょうか?)
でも何か公共の理由で「立ち退き」を強いられた時、これまでは住人に何も保証がなかったので社会的問題になり、今年10月1日には「物権法」が成立するとのこと。

土地の所有権を保証すると言うもので、立ち退きを迫る場合は「既に払っている借地権の金額」に見合う保証をしなければならない。
またその所有権を担保にお金が借りられるようになると言うことでしょうか。

立ち退きの悲劇をなくすためとはいえ、只でさえ開発ラッシュの中国に新たな混乱(土地バブルなど)が起こらないと良いのですが。
または借りたお金が払えず結局は住まいをなくすことにならないのか・・。

NHKの「激流中国」での放送が記憶に新しいです。
http://www.nhk.or.jp/special/onair/070909.html

category: 映画

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/482-c31cd27f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top