FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

台風がぁ~ 

 

9月5日(水)「悲情城市」13:10の回観てきました。
悲情城市ポスター

早稲田松竹に行くのは初めてでしたが、落ち着いた感じの映画館で「また来たいな♪」と思いました。トニー映画を上映してくれることを願っておこう。

今回観るのは三回目で、ようやく複雑な人間関係や話の流れが掴めてきて登場人物の気持ちの深くわかったような気がします。
観終わった後、ずしんと重いものを感じるのは同じですが。


ところで中国から来た外省人が内省人(台湾に昔から住んでいる中国人)を弾圧したのは、中国が抗日運動で疲弊したことによる同胞への屈折した妬み意識もあったのでしょうか。
台湾で暮らす人々が、中国人から見ると思いの外豊かそうに見えて「何だ、日本の奴隷になりさがって」と。

その後六本木まで行って4:50上映の「中天」を観ようかと思ったのですが大雨が心配で帰宅することにしました。(台風が関東に近づいております)
六本木に行ってれば京都のお嬢さんにニアミスしてたかな?

明日(9月6日)新宿K’sシネマに「始皇帝暗殺」「PTU」を観に行く予定でしたが、夕方台風が関東直撃の恐れがあるので止めておこうか・・と思います。

台風め・・・。


ところで、もにかるさんのブログ、スモーカーさんのサイトにてご紹介されていので皆さんご存知だと思いますが、
今年10月東23日(火)~25日(木)
東京国際映画祭 渋谷Bunkamura オーチャードホールにて

「鐵三角TRIANGLE」
「男兒本色」
「父子」
「天堂口」
上映だそうです♪「父子」は昨年の東京国際で上映されたよね?と思ったのですが“第19回東京国際映画祭最優秀アジア映画賞受賞記念特別上映”という名目みたいですね。私は昨年「父子」は日程が合わず観られなかったので今年はなんとか観たいです。

詳しくはこちらで。(スモーカーさん、ありがとう)
http://jhks.gr.jp/xoops/html/modules/news/article.php?storyid=16


あと、自分用覚書メモ。

9月15日(土)~ シネマート六本木にて
http://www.cinemart.co.jp/theater/roppongi/index.html
「秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE 」「アヒルと鴨のコインロッカー<英語字幕つき>」「キサラギ」上映。

10月13日(土)~ キネカ大森にて
http://www.cinemabox.com/schedule/omori/
「傷だらけの男たち」一週間限定上映(モーニングショーらしいですが)


あと、買わないけどこんな情報が。

2008年に日本で公開が予定されているジョン・ウー監督の最新映画『レッドクリフ(仮)』。同作品が、中国でMMOゲームにもなることが明らかになった。
(中略)リリース時期は今年の第4四半期となっている。
http://www.onlineplayer.jp/modules/topics/article.php?storyid=6668

とのこと。多方面から宣伝していく気配ですね。
ところで「赤壁」って「レッドクリフ」というタイトルになるのでしょうか。
まだ「仮題」とは付いてますが、中国映画ぽく感じさせたくないエイ○ックスの思惑が見て取れますね。
(ナンクルナルタイさんのブログでも「レッドクリフ」と出てくるし)

「赤壁」でいいじゃん・・・。
「レッドクリフ」だと三国志ファンに見過ごされちゃわないかな?

category: 映画

tb: 0   cm: 7

△top

コメント

 

>ところで中国から来た外省人が内省人(台湾に昔から住んでいる中国人)を弾圧したのは、中国が抗日運動で疲弊したことによる同胞への屈折した妬み意識もあったのでしょうか。
 妬みというよりも、日本の支配下で「皇民化教育」を受け、日本語を常用し北京語を話せない台湾の人々への警戒と軽侮の念もあったのでしょう。Wikipediaなどで「皇民化教育」を検索してみてください。また、軍属として日本軍に強制的に組み入れられた、中国人から見れば「漢奸」である台湾の人々もいたのです。さらに、国民党としては台湾の人々の「赤化」、つまり共産主義がはびこることも恐れ、書籍でマルクス・レーニン主義などに親しんでいた若者や文化人も問答無用で弾圧したのだと思われます。

nancix #fpwaLjMk | URL | 2007/09/06 10:18 | edit

nancixさん、ありがとうございます。

>書籍でマルクス・レーニン主義などに親しんでいた若者や文化人も問答無用で弾圧したのだと思われます。

「悲情城市」でも文清さんがマルクスの資本論を読んでいる勉強家だと触れているシーンがありましたね。室内も床の間があり、日本文化も浸透していたことが伺えました。
中国では「勉強家」で通ることが台湾では共産主義がはびこる恐れとして弾圧の対象だったのですね・・・。

映画だけでなく、歴史認識をするのに活字は不可欠だと実感します。
皇民化教育など、これからもいろいろ背景を勉強していかなければ。

幸い今夫がアジア旅行に嵌っているので、しばらくは中国・台湾に何度か行けそうです。活字と体験とを通じて3つの場所(香港・台湾・中国)についての理解を深めていければいいなと思ってます。

ぐう #ex3yOCrA | URL | 2007/09/06 18:38 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2007/09/06 19:58 | edit

大丈夫ですか!?

なんだか台風すごそうです・・・
風が強いと怖いです・・・
気をつけてくださいね。
東京はいろいろあっていいですねぇ。
ところで「アヒルと鴨~」の英語字幕なんてあるんですね。
パパイアの大好きな作家伊坂幸太郎さん原作のこの映画。二度見に行きましたが瑛太くんがよかったです。

早くお天気が回復して見に行けるといいですね。
(レッドクリフって。。。ほんと赤壁でいいじゃん!ですよね?)

ドンチャ #C04vCiTU | URL | 2007/09/06 23:00 | edit

>鍵コメントさん、ありがとうございます。

「台湾に昔から住んでいる中国人」は正しくは「本省人」と言うのですね。付け焼刃の知識で文章を書くとこういうことになります、ありがとうございます。
本文は敢えて訂正しませんがこの言葉を覚えておこうと思います。もっと本を読まねば・・・!

>ドンチャさん

台風のご心配ありがとうございます。今、結構風が強いです。ベレンダのスリッパや物干し竿は片付けました。
明日の朝の通勤に影響がなければいいのですが・・。

「アヒルと鴨~」、評判がいいと聞きました。観られるといいな♪

「レッドクリフ」・・・ねぇ? ぶつぶつぶつ。

ぐう #ex3yOCrA | URL | 2007/09/06 23:14 | edit

六本木には行かなくて正解です。
ちょうど5時くらいには雨が降ってましたよ。

そうです・・・ダッシュして行ったのに
六本木駅に着いたのがちょうど16:55
シネマートに着いたら5時すぎてました(泣)
そのまま雨の中トボトボ帰ってきましたが
今なら、シネマートには
ミリヤムとりっちーの「私の胸の思い出」の
ポスターが貼ってありますよん♪

シゴトのついでに寄ることはなくなりますが
・・・また「シブヤが私を呼んでいる!!!」ですね(^^;)(呼んでねーよ!)

「父子」は、1年もたって記念上映されるってことは、一般公開はないんでしょうか(泣)
(大阪アジアン映画祭でも上映されるそーです)

台風、ニュースを見ていると東日本を直撃という感じですね。
被害が出ませんように祈るばかりです。

grace #5zcN.rTA | URL | 2007/09/07 07:32 | edit

>グレちゃん
引き続きありがとう。
そうでしたか、「中天」間に合わなかったのね、残念でした。
今のうちに行ったら「私の胸の思い出」の予告編が観られるかな?

次回はシブヤでお待ちしてます!!

>「父子」は、1年もたって記念上映されるってことは、一般公開はないんでしょうか(泣)

なんだかそんな気配ですね・・。(泣)
一年経って値段が下がってるとか、そーゆー事はないのかな?(汗)

台風は、関東は多摩川増水で大変だったようです。
東北でも結構被害があったみたいで、被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

ぐう #ex3yOCrA | URL | 2007/09/08 00:14 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/471-2735e735
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top