FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

「榕樹(がじゅまろ)の丘へ」 

 

本日も中国映画の全貌へ。
「榕樹(がじゅまろ)の丘へ」を観ました。

頑固で偏屈な一人暮らしのお婆さんと地方から出稼ぎに来た少女のふれあいのお話。

もうこのお婆さんが憎まれ口叩くは文句ばかり言うはで、ちょっと笑っちゃうくらい性格悪い。(笑)
そのくせ、結婚している息子から電話があると急に頬を赤らめて機嫌良くなっちゃうんだから。ただし、息子にも文句ばかり言ってるので喧嘩になることもしばしば。

大学の時授業でざっと習った「老人心理学」の中であったけど、年を取ると若い頃の性格が顕著になるのだそうだ。
ケチな人はよりケチに、頑固な人はより頑固に。
たぶん脳の中の抑制器官が弱まって「こう言っちゃいけないよね」「こんなことしちゃ嫌われるよね」と言うブレーキが利き難くなるんだろうね。

この主人公のお婆さんは「ずっとこんな性格だから治らない」と言ってたけど。

そんなお婆さんだけど若い頃は亡くなったお爺さんと熱烈な恋愛で駆け落ちしたというお話を、お婆さんの家にお手伝いさんとして来ている少女が一緒に墓参りに同伴し、お婆さんの故郷で聞いてきて親近感が湧いてくる。

二人が向かい合って話をしている、とある瞬間にこの少女の未来がこのお婆さんで、このお婆さんの若い頃がこの少女なんだと、観るものに感じさせる瞬間があるのだ。

お婆さんの昔からの知り合いの魚屋のお爺さんが老人ホームに入り、お婆さんに「人はね、見た目ではわからない苦労があるんだよ。貴方は幸せだよ。近くにいる息子さんが世話をしてくれて」と言う。
お婆さんは実は息子夫婦がこっそり自分を老人ホームに入れようと話をしているのを知っていたのだが、この時ばかりはぐっと話すのを堪える。
(私も・・私も・・同じなんだよ。)と言いたかったかもしれないのに。


性格の悪いお年寄りは可愛い。憎まれ口ばかり言ってるお年寄りは可愛いですよ。だってもう何も失うものがない、捨て鉢の寂しさを感じさせるから。



この映画の後、新宿武蔵野館にて「傷だらけの男たち」8回目鑑賞。
だってまだ上映してるから・・。
新宿まで行ったら「ラーメンの出前の岡持ちを持った北島マヤ」のように足がフラフラ・・・と武蔵野館に向いちゃうんです(笑)。
(小さめの会場に移ってはいましたが、映画の日だったからか、なんと13時代の回は満席!でした)

フォンが「私のために喧嘩なんて素敵♪」と言って車を降りる時、羽織っているファー付きコートはポンのものだったのですね。大きいなと思ったけど。
アパートの前で「さあ、ここでして!」とフォンが怒って上着を投げ捨てた時、ポンが自分のコートを肩にかける、あのコートなんですよね。あのままもらっちゃたんだろうなぁ。8回目鑑賞で気づくのって遅すぎ・・。
※私の勘違いで元々フォンが着ていたものだったようです。すみません。
でもスクツァンがどのくらい(何ヶ月?)入院していたのかがはっきりわからないなぁ。
入院してすぐは冬服だった、フォンもポンのコートを着ていたけど、しばらくしてポンも薄着ぽくなり、フォンもあのコートじゃなくて赤い薄めのジャケットを羽織っている。
ただ、病院の前でベンチに座っているヘイのシーンでは、ヘイは黒いセーターぽいものを着ているから、まだ春先まではいってないんだろうなぁ。

category: 映画

tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 

あらま・・・

私、ずっとフォンのものだと思ってました。(ファー付きコート)v-405
結構私、この映画勘違いしてたところ多くて、火事のシーンでポンが濡らしているものを
なぜかポンが脱いだ上着だって思ってたし、あといくつかありました・・・
なんか思い込みがあるというか、なんでだろう?
あと、火事のあと、病院にいたスクツァンの服が家にいた時と違う気がして
なんか変な気がしました。(あの上着、着てました?)
もうスクリーンでは当分見られませんが家で確かめたいと思います・・・
あと、爆発からどれくらい月日が経ったのでしょうね・・・
あんなに肌がきれいになるのには相当かかるはずなんですが・・・
まぁ何年もってことではないでしょうが・・・いろんなことが渦巻いてついつい確かめたくなって見てしまう不思議な映画だった気がします。

ドンチャ #C04vCiTU | URL | 2007/08/03 09:38 | edit

>私、ずっとフォンのものだと思ってました。(ファー付きコート)

私もそう思ってたの。8回目で気づくって遅すぎ。

>あと、火事のあと、病院にいたスクツァンの服が家にいた時と違う気がして
なんか変な気がしました。(あの上着、着てました?)

そう言えば室内だったから上着は着てなかったような・・顔も煤だらけで着の身着のまま消防に助け出された感じなのにね。ここは冒頭の指輪と同様、映画の突っ込み所なのかな?
今度観たら確認しようっと。

>あんなに肌がきれいになるのには相当かかるはずなんですが・・・
まぁ何年もってことではないでしょうが・・・

そうですね、何年もかかっていたらヘイの替えのパンツが一枚もなくなるかも。(笑)

ぐう #ex3yOCrA | URL | 2007/08/03 21:34 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/451-bde5ee9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top