FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

ヘンリーダーガーと言う名の人生 

 

6月27日(水)用事と用事の間に時間が出来たのでヘンリーダーガー展を見に原美術館に行ってきました。
品川駅からの道のりが暑かった・・。

ヘンリーダーガー展1

ヘンリーダーガー展2

でも行った甲斐は十分ありました。

幼い頃母と死別し施設に預けられ、十分な教育を受けられぬまま育ったヘンリーダーガー。雑役夫として働いた病院と教会のミサを行き来するだけの生活、天涯孤独のまま81歳で死去。

彼の死後、部屋から彼が執筆した15,000ページに及ぶ「非現実の王国で」という大長編小説と、この物語を題材とした絵画が発見されます。

少女たちと軍隊の戦い、子供が大人に殺戮される像の前で花々に囲まれ平和に遊ぶ少年少女の絵画。

新聞や雑誌からトレースしたらしき少女の絵は、時に二人、三人と同じ顔が並び、まるで双子や三つ子が遊んでいるかのようです。計算用紙を張り合わせたかのような薄い紙の、細長い「絵巻物」。
彼の絵も見ていると、芸術とは高価な絵の具やキャンバスが必要なのではないという事を教えてくれます。

何かに似てると思ったら山岸涼子さんのイラストに似ているのでした。

優しい色合いにどこか脆さと強さ、狂気と理性、相反する様々な感情が盛り込まれた絵は、ずっとヘンリーダーガー本人以外の眼に触れることなく彼の部屋で折りたたまれ大事にしまわれていたのでしょう。

彼の大切な「王国」は来年映像化され映画になるそうです。
「非現実の王国で ヘンリー・ダーガーの謎」
ヘンリー・ダーガーのミステリアスな生涯と創作の謎に迫る画期的ドキュメンタリー
監督:ジェシカ・ユー 2008年公開決定 シネマライズ


今日の立ち読み情報♪
「ELLE」
特集<カンヌ映画祭の60年>にトニーとマギーの小さい写真が載ってます。

category: イベント

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/424-26049c09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top