FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

私はこんなものを食べてきた 6 

 

ジャンクなもの、その他もろもろ。

・粉末ジュース
一回分ずつパックになっていて、コップの水に溶かすと赤いジュースや緑色のジュースになる。鮮やかな色の果汁0%ジュースに心躍った。
いつの間にかパックにストローを差し込み、粉のままの状態で吸い込むのが流行ったのはうちの地域だけだろうか?口の中の唾液で粉末がパッと溶け、なんとも言えない刺激的な味だった。メーカーさんはこんな食し方を想定していたかな。

・お祭りの型抜き
固く薄く伸ばしたガムに切れ目の入った絵が描かれていて、それを折れることなく綺麗に型抜きできると何か賞品がもらえる・・のだったと思う。思うと言うのは一回も成功したことないから。覚えているのは傘の図案。どんなに簡単そうと思って始める図案にも、細く折れ易い部分があって成功することはなかった。失敗するとすぐ口に放り込んで食べたが、ガムとしてはそんなに美味しい味ではなかった。
お祭りでついついやってしまったが普段お店でも売っていたと思う。

・お祭りの林檎飴
何故かお祭りになると買ってしまっていた林檎飴。たこ焼きやタイ焼きの方が美味しいと思うのだが、割り箸に突き刺さった、赤い飴にコーティングされた丸ごとの林檎飴を見るとつい買ってしまうのだ。固い飴の表面に歯を当ててパキッと噛む最初の一口が魅力的だった。甘い飴と甘酸っぱい林檎の味が口の中で混じるのも好きだった。そして半分くらい食べたところでお腹一杯になって後悔する、と言う同じパターン。それはそうだ、大人でも林檎一個食べればお腹一杯になるだろうから。

最近、鎌倉で飴でコーティングされたフルーツを見たが、林檎ではなく「葡萄一粒」になっていた。これなら食べられるね・・。ちなみに台湾ではトマトの飴がけがあるそうだ。食べてみたし。

・肝油
春休みになる前に学校でもらった肝油。浅田飴のような缶に入っていたと思う。「春休み中、一日一個ずつ食べなさい」と言われたが、春休みが終わる頃思い出して、慌てて何個も口に放り込んだ。自分では帳尻合わせしたつもり。
当時は児童の栄養状態が良くなかったのでこういう事が行われていた。今ならダイエット教室をやらないといけないかもね。

・ぎょう虫チョコレート
学校で行ったぎょう虫検査でひっかかる(陽性になる)ともらえる!虫くだし用チョコレート。当時は人糞を畑の肥やしにしていたので、クラスで何人かは引っかかった。私も何度かもらった。チョコとしてはちょっと甘味が足りないなと思ったけど思いがけないお八つをもらった気がして嬉しかった。自分がもらえない時はもらった人が羨ましかったり。
もらった子がいじめられる、と言う事は当時はなかったです。ぎょう虫に対してそんなに嫌悪感はなかったのですね、昔は。

category: 食の思い出

tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 

Re: 私はこんなものを食べてきた 6

ぎょう虫チョコレート以外は
みんな知ってるぅ~!
はいはーい!!
諸手を挙げて喜んじゃってます(^0^)。
粉ジュースを粉のまま・・・私もやって
ましたよぉ。
それから、殆んど空になっている袋に
お水を入れてシャカシャカ振って
うす~いジュースにして飲んだことも
・・・ないですか?

瑠璃 #XVXL5CyA | URL | 2007/03/28 15:57 | edit

瑠璃さん、ぎょう虫チョコレート以外は知ってますか!凄い!粉末ジュース粉のまんまも一緒とは嬉しいです。後の袋に水を入れて・・は記憶がないです。やらなかったのかな?単に馬鹿で思いつかなかっただけかも(^^ゞ

ぐう #ex3yOCrA | URL | 2007/03/28 16:59 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/359-6f6212a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top