FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

私はこんなものを食べてきた 4 

 

・お誕生会のカレーライス

田舎ながらも私が小学生だった頃、好きな友達を何人か家に呼んで「お誕生会」を開く、というのが始まり出した。

と言っても招き招かれるのは多くても7、8人。お誕生会はお昼を一緒に食べるということでどこの家でも子供たちの好きなカレーライスが出された。

何故子供の頃、あんなにカレーが好きだったんだろう。
遊び疲れて夕暮れ時に家路に着く頃、家から少し手前でカレーの香りが漂ってくる。
「あっカレーの匂いだ、ウチだったらいいな」
家の玄関を開けるとカレーの香りが強くなり、ウチだったんだ!良かった!と、胸の中がえも言われぬ幸福感に満ちてくる。

よその家でのカレーも「我が家が一番」と思いつつどんな味か期待して食べる分美味しく感じたものだ。

私は全く覚えていないのだが、私が小学生の時に書いた日記(か作文)で面白いのがあったよ、と母が笑いを堪えながら語ってくれたことがある。

その内容とはこんな感じだったらしい。
今日は○○さんちのおたんじょう会です。
私は朝ごはんを食べずに行きました。
おたんじょう会で出されたカレーをすぐ食べ終わり、私が一番早く食べ終わった、と思って回りを見わたしてみたら、私より早い人がいました。
それは私の弟でした。



いやーー子供って怖いですね。こんな赤裸々な文章、今ではとても書けません。弟も同席していたと言うことは近所の遊び友達だったと思うのですが、全然覚えていないです。「朝食を抜いていく」と言うあたりがお誕生会への気合が入ってますね。食い意地はりすぎです。(笑)

お誕生会で出されるカレーライスの印象に残っていた部分がある。それはどこの家でもカレーがご飯に吸い込まれていくような薄い「水っぽいカレー」だったことだ。
きっと普段はちゃんとしたカレーライスだったのだろうが、子供達が沢山来ると言うことでお母さんが大鍋で急いで作ったため水とカレールーの配分が上手くいかなかったのだと思う。

でもその皆でテーブルを囲んで食べる「水っぽいカレー」は妙に美味しかった。
誰のおウチに招かれたのか、誰がその時来ていたのか、とかは全部忘れているのにカレーライスの事は今前にお皿が出されていたかのように鮮明に覚えている。

カレーライスの後はデザートとして決まって夏は西瓜、冬はミカンが出された。おウチによってはその頃出始めたバタークリームのショートケーキがデザートに出ることもあった。当時滅多に食べることができなかったケーキを食べられるというのでとても嬉しかった。(あとはクリスマスくらいかな)

バタークリームなのでちょっとウッと来る「しつこさ」のある甘さなのだけど、甘い物に飢えていた当時は夢のようなお菓子だった。

カレーを食べ、デザートも食べ終わったら、その子の家の庭で縄跳びやかくれんぼ、カン蹴りなど普段やっていた遊びをやり始めてお誕生会は終わり。
(田舎だったので、子供がカン蹴りなどして遊ぶくらいの十分な広さの庭がどの家でもあった。都会で現在住んでいて、考えてみるにそのことが一番の贅沢だったのかもしれない)

以前同じ郷里の友人に子供の頃のお誕生会の話をしたら彼女は悲しそうに言った。
「いいねぇ、ぐうは。ウチなんて山奥だからお誕生会なんてなかったよ。親も農業で忙しかったし、子供の為にそういう事をしてくれたことなんてなかったよ」
と。
彼女は新聞の配達が来ないくらいの山奥に当時住んでいたのだ。隣の家もだいぶ離れていただろうから、私の場合ほどの近所との交流もなかったのだろう。(お誕生会は親にとっては招かれた分のお返しの意味合いもあっただろうから)

私が子供の頃、当然親ならやってくれると思っていた「お誕生会」は実は特別なものだったのだ。都会なら、現代ならいざ知らず。

子供のお誕生会の日は農作業を休み(ウチは農家ではなかったけれど)、朝からお母さんが作ってくれたカレーライス。
水っぽくても美味しくないはずがない。


大人になった今、もう二度とあのカレーライスを食べることはないのだ。

category: 食の思い出

tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 

Re: 私はこんなものを食べてきた 4

二度と味わえないと思うから食べてみたい気持ちが
募るのかもしれないなと思う今日この頃。

♪やめられないとまらない~♪で有名な「かっぱ
○びせん」も今の味じゃじゅうぶん♪やめられる~
とまる~♪なんです(^^;)
あの頃の味じゃないとダメ。んで、たぶん赤と緑の水玉模様の
カップだったと思うんだけど、明治製菓・・・だったかの
バニラアイス。あの味は今でも忘れられません。
でも、にゃいんだなぁ・・・今のアイスじゃあの味は。

ただ・・・もしかしたら、タイムマシンを使って
当時の材料を持ってきて作ったとしても、きっと
味わえないんじゃないかと思うのです。
そう、自分があの頃でないと。あの背景と心情で
毎日を生きていたあの頃の自分でないと・・・。
きっと味わえない味なんだろうなぁ、ナンテ。

ぐうさんのおかげで、最近“心だけタイムトラベル”
していますよ~。ありがとう。

瑠璃 #XVXL5CyA | URL | 2007/03/21 00:12 | edit

瑠璃さん、ありがとう。

>そう、自分があの頃でないと。あの背景と心情で
毎日を生きていたあの頃の自分でないと・・・。

今みたいにお菓子も豊富になくて(あってもお金がなくて買えなかった)甘いものに飢えていたあの頃の自分じゃないと同じように味わえないでしょうね。

それと共に、親に対して不満ばかりだったはずなのにこうして文章にしてみるといかに子供の頃親に愛されていたかを再発見させられました。

明治のバニラアイス懐かしいな、水玉模様!あの水玉模様まで美味しそうに見えましたよね。給食にたまにデザートに付いたアイスも美味しかったなぁ。まずフタからなめましたよね。

瑠璃さんのおかげで私も“心だけタイムトラベル”できました。
まだまだ続く・・かも?

ぐう #ex3yOCrA | URL | 2007/03/21 00:34 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/353-be9c6f5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top