FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

それほど怖くなかった「叫」 

 

3月14日(水)映画デー、用事と用事の合間を縫って「叫(さけび)」観てきました。
「叫」看板


※できるだけネタばれしないよう書いたつもりですが、観る前に全く内容を知りたくない!て方は以下の文章をお読みにならないでください。

ソフトな感じのホラーでした。怖がりの私が観ても大丈夫なくらい。
(てか近日公開の「口裂け女」の予告編の方が怖かった・・)

欲を言えば「何でコレ観に来ちゃったの、私のバカバカ!」と一瞬後悔するくらいの怖いシーンが一個くらいあっても良かったかな。

たぶん「本当はもっと怖くできるけど普通の人も観られるよ♪」て路線を狙ったのだろうな。
ちゃんと謎解きもあって観ている方はすっきりしたのでした。

ただ、難点を言えば小型船の船長は加瀬亮じゃなくてお爺さんの方が良かったな。ずっと湾岸の風景を見てきました、みたいな風貌の。
若手の流行りの俳優を揃えているから、却って現実味が薄くなるみたいな・・。

あと、「理路整然と理由を説明する幽霊」(幽霊って言っちゃっていいよね)てどうなの?私としては幽霊と言うと人間の最後の説明不能の部分の残り、みたいな気がするから訳のわからない怒りや情念のカタマリのイメージなんだけど。
「この幽霊がどうして出てきたのか?」は生きている人間が推測するしかないと思うんだけどな。
肩をがしっと掴める幽霊と言うのもいかがなものか。

ちょっと気がそがれたのでした。

伊原剛志の最後はアレで良かったのか。(笑)
たぶん余計なものに近づくとこうなる、と言う警告なんだろうな。
あと「平行移動する葉月里緒菜」にちょっと内心笑っちゃいました。
でも葉月里緒菜の演技は素晴らしかったです。全然生きてる人間ぽくなかった。
あの「叫び声」は彼女じゃなくて「叫び声用の女性」がいたみたいですね、エンドロールに出てました。

「叫」カット

category: 映画

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/351-0e9cc9cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top