FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

レインボー・リール東京2019で台湾短編映画上映 

 

7月5日(金)~15日(月)に開催されるレインボー・リール東京2019~東京国際レズビアン&ゲイ映画祭~の上映作品が発表になりました。
中華圏作品では、「QUEER×APAC 2019 ~アジア・太平洋短編集~」で「ジェントルマン・スパ」が上映されます。

「ジェントルマン・スパ/癡情馬殺雞」(2019 台湾)

「ジェントルマン・スパ」

監督:ユー・ジーハン(游智涵)
出演:赖澔哲 、隆宸翰 、 王可元

「癡情馬殺雞」、タイトルがおどろおどろしく見えますが、「癡情」は、「ひたむきな愛情」、「馬殺雞」は「ヘルスマッサージ」のこと、台湾では主に風俗営業のあんまのことを指すようです。

中華圏作品ではありませんが、長編作品のフィリピン映画「ビリーとエマ」は大阪アジアン映画祭2019で上映された作品です。

レインボーリール東京2019 公式サイト
http://rainbowreeltokyo.com/2019/


あと、東京国際映画祭2018で上映されたフルーツ・チャン監督作品「三人の夫/三夫」が7月12日(金)より東京・シネマート新宿ほかで公開されることが決定しました!

「三人の夫」

「三人の夫」

監督:フルーツ・チャン
出演:クロエ・ヤーマン、チャン・チャームマン、陈万雷、麦强、、邓月平

今年の香港電影金像奨で、クロエ・ヤーマンがこの作品で最優秀主演女優賞を受賞したのが記憶に新しいところです。昨年の東京国際映画祭で観た時は、度肝を抜かれつつも、溢れるばかりの性描写にはむしろ清々しさを感じました。
(クロエ・ヤーマンの真っ白でムチムチの太ももが美しいんですよ・・・・本当に女神のようでした)
中国では絶対公開されないと思いますので、香港同様、スクリーンで観られる日本の環境に感謝したいと思います。

フルーツ・チャン“娼婦3部作”の最終章「三人の夫」公開決定(映画ナタリー)
https://natalie.mu/eiga/news/334215


<テレビ番組情報>
6月9日(日) BS11イレブン 午後7:00~9:00 「鉄コン筋クリート」

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/3466-4a474329
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top