FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

「パヒューム ある人殺しの物語」を観た 

 

3月3日(土)「パヒューム ある人殺しの物語」http://perfume.gyao.jp/(音出ます)を観てきました。

パヒューム」看板


「人間」から香りを取り出す方法と言うのが気になって、あとダスティン・ホフマンも出てるしと言うことで観る気になったのですが、意外にちゃんとした映画でした。(なんだそりゃ)

猟奇的な感じだったらどうしようと心配だったのですが、エグかったのは最初主人公が生まれてくるパリの下町の市場のシーンくらいであとは美しかったですね。
それにしても映画会社、あのクライマックスのシーンをテレビCMで流しちゃ駄目でしょう!(放送取り止めになった局もあるらしいけど)

いや・・何と言うかクライマックスはちょっとギャグかなと思いましたけどね。あの群集の中に香りオンチはいないのかな、いたらどうしよう、とか。

あと主人公が集めた「香り」は女性の物ばかりだった訳ですが、その香りって男性だけでなく女性にも有効なの?とか疑問に感じたのでした。(女性も虜にするには男性の香りも必要では・・とかね)

生物学的な実験では、男性が最も魅力的に感じる女性の匂いと言うのはその女性が排卵日の時らしいですけどね。

香水って日本人にはピンとこないよなぁと思ったけど昔日本にも「香木」というものがあったそうです。
「香木」によりその香りを持つものはカリスマとして政治的に有利な立場に居たというのをさそうあきら氏の漫画「トトの世界」で以前読みました。
(「神童」に続き「トトの世界」も映画化されないかなーー、てかなりダークな内容だけど)

貴族の赤毛のお嬢さんのお父さんが「どっかで見た顔」だったのだけど映画の最後まで思い出せずエンドロールで「アラン・リックマン」と気づきました。
あの「ダイ・ハード」のテロリストあんど「ハリー・ポッター」のスネイプ先生ですね。お父さん良かったなー。

でも一番良かったのは主人公ジャン・バティスト・グルヌイユ役のベン・ウィショーですが。彼は「人」ではなく本当にジャン・バティストになってましたね。乗り移ってました。
ところで3月公開の「黒い眼のオペラ」、公開日が3月24日(土)に決まったそうです。
東京フィルメックスで観たからもういいかな、と思ったりもするのですが。
リー・カーションがホームレスと寝たきりの重病患者の一人二役を演じていて、観終わってしばらくして「もしかしてホームレスの男性の話って寝たきりの重病患者が見ている夢だったりして」という仮説が浮かび(なんせ一人二役ですから)それを確認するためにはもう一度観た方がいいのか?と思ったりしてます。
(4月は観たい映画がかなりあるので観直しに行けなそうですが)

あと3月3日(土)には待望のニュースが飛び込んできました。
私は見てないのですが土曜日のめざましテレビで「傷城」の日本公開が今年夏というニュースが流れたそうです♪
ずっと音沙汰なしだから公開が先延ばしになってたらどうしようと心配してたのです。

ただ邦題が「傷ついた男たち」か「傷だらけの男たち」と言う説が。(笑)

「傷ついた男たち」と言うと「内向的、受け身、傷は精神的なもの」というイメージ。
「傷だらけの男たち」と言うと「ハード・アクション、攻撃的、傷は身体的なもの」と言うイメージ。ジョン・ウーぽい感じかな。

このタイトルで普通の人が「観たい」と思うかなぁ・・。「男」って言うより「街」というニュアンスを入れて欲しい気がする。「傷城」の「城」に当たる部分として。(「翼の折れた天使」ならぬ「翼の折れた街」とかさ(笑)。映画観てないからどんなタイトルがぴたっと来るかわからない訳ですけども)

ともかく正式発表を待ちます。

category: 映画

tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 

Re: 「パヒューム ある人殺しの物語」を観た

実は私、これすごく気になってたのですが
いかんせん、怖い映画はだめなものでなんだか怖そうだったので
どうしようか迷ってました。
美しいのですね。なら見ようかなぁ?
本も読もうかと珍しく思ってます。
私は匂いに敏感になってしまって無臭が一番!なんて思うんですが
美しい匂い(香り、のほうがピッタリかな?)だと心が豊かになる
ような気がします。
傷城公開までには日があるので今年はゆっくりいろんな映画を
見たいと思います。
それから沖縄に行かれたんですね。
暖冬と言ってるのに沖縄は寒かったのですね。
あっちこっちに行かれるぐうさんがちょっとうらやましくなりました。

ドンチャ #C04vCiTU | URL | 2007/03/07 23:02 | edit

美しい映画だったので(そう感じるのは不謹慎かもしれませんが)ドンチャさんがご覧になっても大丈夫だと思いますよ。

>傷城公開までには日があるので今年はゆっくりいろんな映画を
見たいと思います。

そうですね。いろんな映画が観られる、という機会も大事にしないといけないですね。私も・・。

今年はたぶん一生で一番「旅行の当たり年」かも。
でもね、旅行から帰宅して体調が戻るのに一週間くらいかかるのでそれがちょっと辛いですね。(笑)
年だな。(笑)

ドンチャさんも、息子さんから手が離れたら旅行に沢山行けるようになると思います。私が言うのは変だけどこれからですよ!

ぐう #ex3yOCrA | URL | 2007/03/07 23:28 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/342-d5740795
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top