FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

蛇足ながら 

 

蛇足ながら今回の中国旅行での覚書を。
皆様のご旅行の際に参考になればと思います。何度も中国に行かれている方には今更情報と思いますが。

<貨幣>
通貨は元。一元日本円で13円か14円くらい。

<ホテルの設備>
西蔵飯店・臥龍飯店とも 歯ブラシ・歯磨き粉・石鹸・タオル・バスタオル・スリッパ(使い捨てタイプ)・バスローブが揃ってました。シャンプー・リンスはどうだったかな?普段使うものを小分けにして持参したので良く覚えてないです。
(テッシュ、ドライヤーは西蔵飯店のみ)
ホテルの部屋のトイレットペーパーは3泊ともスペアがなかったので(しかも備え付けの分も半分くらい使用済み)フロントに言って届けてもらいました。(中国人はあまりペーパーを使わないのか?)

<チップ>
中国ではチップは不要です。ただしポーターに部屋まで荷物を運んでもらったら5元払ってください、とのこと、ガイドさんに言われました。

<言語>
ホテルと空港では英語が通じます。それ以外の場所では中国語オンリーだと思います。

<トイレ>
ホテルのトイレは水洗です。
公衆トイレでは紙が設置されていませんのでポケットティッシュを常備しましょう。紙は流せないので傍にある紙くず籠に捨てます。
公衆トイレは「公厠」または「←男 女→」などの表示があります。

今回の旅で一番凄かったのが臥龍途中の食堂の隣に、別棟であった公衆トイレ。
白いタイルが腰くらいの高さまで積んであり、それ以上は壁が何もないので中に入ってきた人から丸見え。コの字型に組んだタイルの壁が三つあるので個室が三つ。(個室と言えるのか・・)
事を成すべき場所は「溝」のみ。どっちの方に向いたらいいかわかりませんでしたが、たぶん紙くず籠が置いてある方が前だろうなと。(笑)時々溝の部分に水が流れる仕組みになっているようでした。

この事に気づいたツアーメンバー(6人中女子5人)は苦肉の策として一人ずつトイレに行くことにした。(笑)
ちなみに夫に尋ねると男子トイレの方も同じ状況のようで、小用は溝のみ、朝顔などはなかったとのことでした。
トイレ自体は清潔でした。
臥龍パンダ

category: 旅行

tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 

Re: 蛇足ながら

私まだ一度も行った事がないので
この情報はありがたい!!!!
お手洗いの紙って流せないのね~
溝のみですか・・凄いなv-356
でも各国文化が違っておもしろい。

you #- | URL | 2007/02/20 22:43 | edit

アジアは紙が流せない所多いのかな、香港・台湾・中国も。
(ホテルのトイレは大丈夫なんですが)
一旦旅で行くと腹をくくるのか慣れてしまいます。
日本人は清潔好きだからトイレが劇的に発展したのかも、ですね。

ぐう #ex3yOCrA | URL | 2007/02/21 13:40 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/336-37933961
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top