FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

パンダに会う旅・後編 

 

2月12日(月)朝7時に起床。臥龍(成都も)は中国の西の方にあるので、午前7時でもまだ空は暗いです。
朝8時より臥龍山荘のレストランで朝食。
臥龍山荘・朝食

お粥、マントウ(中に具がないものと挽肉?を練りこんだもの)。
あとはザーサイ、炒めた豆。

今日はもう一度臥龍パンダ研究所に寄ってから成都に戻り、世界遺産の「都江堰」と「杜甫草堂」を観光予定。

あと一時間でパンダとお別れ。

飼育員の人が忘れていった箒でしょうか。楽しそうに噛んでいます。
臥龍パンダ11

もう夢中。
臥龍パンダ12

「それ、いいな。よこせよ。」
臥龍パンダ13

その後、隣のパンダに箒を奪われていました。

子パンダは今日もミルクをもらっていました。
左端の黒色が少し薄い子パンダはまだ幼稚園になじめないようで、昨日も今日も建物の入り口に身を寄せてポツンとしていました。お母さんが恋しいのかな・・・。
臥龍パンダ14

遊具でどうやって遊ぼうか研究中、探検中。
臥龍パンダ17

左端の子パンダはただまったり。
臥龍パンダ18

滑り台の上でねんね。
臥龍パンダ19

とにかく木登り大好き。
臥龍パンダ15

こんな大自然の中に研究所はあります。
臥龍パンダ16


母親パンダは本来一年(一年半だったかな)子パンダと一緒にいるそうです。
でも去年の5月~8月頃産まれた子パンダはそれよりもずっと早く母親から離されてパンダ幼稚園に入園します。
繁殖可能な母親パンダが次の妊娠に備えるためだそうです。まだお母さんに甘えていたいのに可哀相な気もしますが、パンダの保護のために必要なことなんでしょうね。その間、飼育員さんがお母さん代わりをするのでしょう。野生のパンダはもっと大変でしょうし・・。
可愛い子パンダの姿にちょっとだけ寂しそうな影が見えるのは気のせいでしょうか。

パンダのために懸命に保護や繁殖に取り組んでいる研究所の人々にとって、物見遊山でやってくる私達は邪魔者に違いありません。ツアー代金の一部がパンダのための寄付に当てられるとしても。
それでも少しだけその可愛さを分けていただいて、パンダの今後の健康をお祈りしたいです。そして観光でいらっしゃる方はあんましお邪魔にならないようにパンダを愛でてください・・てナニサマな発言。(ちなみに写真はフラッシュ禁止です)

あああ・・もう子パンダを肉眼で見ることはないのかな、と寂しい気持ちで臥龍研究所を後にして、また途中の昨日と同じ食堂で昼食。
臥龍途中の食堂

美味しいです。

成都市内に入ってくるととても賑やかな大都市。(バンの中から撮ったのでうまく撮れませんでした)行き交う人々も臥龍と違ってお洒落です。(汗)
成都・街の風景

人力タクシー。結構街中で見かけました。台湾はバイクだらけでしたが成都は自転車が多かったです。
成都・人力タクシー


観光、都江堰。紀元前3世紀、秦の時代にたびたび氾濫していた岷江(びんこう)を外江と内江に分流させたものだそうです。
都江堰・ダム

丁度梅の花が咲いていてとてもいい風情でした。
都江堰内

都江堰(ダム)にかかる吊り橋。木製で、大勢が渡ると左右に揺れて怖かったです(汗)。恋人同士で来ると手が繋げていいかも。実際中国人カップルが来てました。
都江堰・吊橋1

都江堰・吊橋2

世界遺産に登録されたからでしょうか、公衆トイレの作りが凝っていてとても綺麗でした。

その後、杜甫草堂へ。「国破れて山河あり」の杜甫です。杜甫が4年間住んだ草庵があります。
杜甫草堂1

暗くてわかりにくいですが、杜甫の像が室内にあります。杜甫の手をさすると頭が良くなる、とのことで手の所が光ってました。学生さんがよく来るのだそうです。私もさすってきました。
これ以外にもいろんな方が作った杜甫の像がありました。
杜甫草堂2

ここでも梅が咲いていてとても風情がありました。
杜甫草堂3

旧正月が近いので園内に赤いちょうちんが一杯ぶらさがっていました。

そして午後7時、陳麻婆豆腐店へ。(午後7時でもまだまだ外が明るいです)

陳麻婆豆腐店

最後にこれでもかとご馳走が・・。ただあんまり美味しくなかったです・・。
(名店というとこんな感じになっちゃうのかな)
麻婆豆腐は滅茶苦茶辛かったです。辛いの苦手だからほとんど食べられませんでした。旨みよりも辛さの刺激の方が強くて舌が痺れてしばらく他の料理の味がわからないのです。
辛いのが好きな人はいいのでしょうね。私には「猫に小判」なのかな。

この旅行で一番美味しかったのは、臥龍途中の食堂で食べたお昼ご飯でした。
あと臥龍山荘のご飯も結構美味しかったです。暖房以外はホテルの設備は意外とちゃんとしているので、皆さん安心してお泊りください。

翌朝2月13日(火)は午前7時に西蔵飯店のロビーに集合。
ホテルの朝食はまだやってないので、サンドイッチと林檎まるごと、ソーセージなどの詰め合わせBOXを渡されて成都空港へ。
成都からまた上海経由で成田空港へ。

成田から家に帰り着いたのが午後10時前・・。
やっぱ成都は遠い。旅行から帰ってしばらくは腰痛に苦しめられました。

でも成都から臥龍に行けるし、九寨溝へは飛行機で40分で行けます。(九寨溝空港が出来たらしいので。←大丈夫か?環境破壊は・・)
チベットへの列車や飛行機も成都から出てます。
そうそう今回行けなかったけど成都には武侯祠もありますから。

また行きたいなぁ。(←懲りてない・・)

以上で「パンダに会う旅」は終わりです。長々とおつきあいいただきありがとうございました。

category: 旅行

△top

コメント

 

Re: パンダに会う旅・後編

 お帰りなさい。
貴重な経験を、満喫されたご様子。
今度、じっくりお話してくださいまし。

ジュリア #HTEFdD6g | URL | 2007/02/20 09:36 | edit

Re: パンダに会う旅・後編

うわー、かわいいパンダ。なでなでしたい~。

成都、遠いのによくいらっしゃいましたね。
九寨溝も、行きたいですね。
行きたいトコばっかし、「ですよ」(笑)

もうご存知でしょうがこんなサイトが。
パンダ好きにはたまりません。

http://blog.so-net.ne.jp/tonarino-kopanda/2007-02-19

多謝。 #SO3OMlUc | URL | 2007/02/20 15:57 | edit

>ジュリアさん
ありがとう。今度会えるのは3月かな?
私もジュリアさんの大阪旅行の話をお聞きするのを楽しみにしています。

>多謝。さん
そうなの、遠かったですーー成都。(泣)
でも夫婦揃ってパンダ見たさに頑張りました。

「ですよ」の毎日は行きたいトコばっか~♪状態ですYO!

ご紹介のサイトのパンダ可愛いですよね。このサイトも「見に行きたい!」熱を加速させました。
今見ても可愛い♪
どの子がQQだったんだろう?

てかトニーの養女がどうなったか聞きたかった(あの野生に帰したパンダとは違うよね・・?)のですがミーハーぽくて恥ずかしくて聞けませんでした。

ぐう #ex3yOCrA | URL | 2007/02/20 21:49 | edit

Re: パンダに会う旅・後編

おおっ!!!!
パンダお嵐(笑)癒されるわ~~
あんなに高い位置まで登るのですねv-405
木の上で休憩中e-176のパンダさん
・・・おやじくさっ(笑)かわいい~~~~
パンダに会う旅。素敵な旅行でしたね。いいな。
私もいつかパンダさんに会いに行きたくなりましたよ
謝謝m(__)m

you #- | URL | 2007/02/20 22:40 | edit

youさん、そうなんです。結構高いところまで登ります。
子パンダも木登り挑戦してましたが、慣れてないのか落っこちたりしてました。(キャー!)でも体が柔らかいからか、大丈夫みたいでしたが。

youさんもいつかパンダに会う旅挑戦してください!

ぐう #ex3yOCrA | URL | 2007/02/21 13:36 | edit

Re: パンダに会う旅・後編

わぁーい、パンダがいっぱい!!可愛い!!
ぐうさん、中国旅行記ありがとございます。
パンダサングラスのトニーの写真&名前に遭遇できて良かったですね。

ぐうさんがパンダに会われていた頃、
上海のTVニュースでは「子パンダの幼稚園入園」&「パンダ、もうすぐハツジョウキ」というニュースが放映されていました。
私はそれを見つつ、「ぐうさんは今頃パンダに触れたりしているのかしら?」いろいろ想像していました。

パンダにも会いたいですが、成都も良さそうですね。
一度行ってみたいと思っていたのですが、次はやはり成都方面に行こうかしら?
今度お会いした時に更にお話を聞かせて下さいね。

チプドン #nmxoCd6A | URL | 2007/02/22 00:24 | edit

Re: パンダに会う旅・後編

動物園にいるのとは違って、なんだかパンダたちがイキイキしてますね!
友達も大勢いるしね!
でもおかあさんと離れるのはさびしいんでしょうね・・・
パンダって木に登るのは得意だけど、降りるのが苦手だと昔きいたような。

吊り橋ではご主人としっかり手をつなぎましたか?きゃは!

杜甫草堂、行ってみたい!杜甫のおててをナデナデして賢くなりたいよー。

かしこ #TBb5cWT2 | URL | 2007/02/22 14:22 | edit

>チプちゃん

上海でパンダニュースご覧になったのですね!たぶん2月10日の入園式のレポートだと思うのですが日本でもニュースが流れたらしいです。私は結局中国滞在中テレビでニュースを発見できなかったのですが、実物に会えたのだから良しとしなければね。
今度成都行き是非ご検討ください。武侯祠の近くの通りにはレストランやお店が軒を連ねていていい雰囲気だそうですよ。

>かしこさん

>動物園にいるのとは違って、なんだかパンダたちがイキイキしてますね!

そうなんです!妹に「中国に行ってパンダ見て来た」と言うと、「上野で見なかったの?」と不思議がられました・・。
「違うの!臥龍のパンダはイキイキしてるの!」と言えばよかったです。

飼育員に呼ばれてパンダが木の上から降りてくる時は、ゆっくりゆっくり方向転換しながら降りてきてました。確かに降りるの苦手そうです。

吊橋では手を繋いでないです・・。あはは。やはりこれは若いカップル向きかしら。

杜甫の手、ご利益ありますよう。

ぐう #ex3yOCrA | URL | 2007/02/22 22:08 | edit

Re: パンダに会う旅・後編

かわいいなぁ‥

盛りだくさんのレポートを拝見したら上野動物園にいきたくなりました。

春になったらいこうかな。

ヨコリン #- | URL | 2007/02/22 22:22 | edit

ヨコリンさん、ありがとう。

上野のパンダはどうしているでしょうかね?

春になって、動物たちも元気になってるといいですね。

ぐう #ex3yOCrA | URL | 2007/02/22 23:39 | edit

Re: パンダに会う旅・後編

素敵な旅行記、ありがとうございました。
写真や案内も的確で、こういう旅行記をめざそう、と思うと
いつまでたっても過去の記事のまとめが進まないわたくし(笑)

パンダにも会いたいし、私も中国行かねば!!!(汗)

ぐう姉さま、ついに港台中を制覇ですねっ♪(負けた・・・)


 by こちらでボーリンくんのドラマを思い出し
   いま必死でHDの中身の消し消し作業中の女
   (いつもありがとうです)

grace #5zcN.rTA | URL | 2007/02/25 11:31 | edit

グレちゃん、ありがとう。

>ぐう姉さま、ついに港台中を制覇ですねっ♪(負けた・・・)

そうなんです♪私の中でのアジア三大陸(香港・台湾・中国)を制覇しました!
でもグレちゃんの香港へのディープな愛には負けます・・。

ボーリン君ドラマの告知間に合って良かったです!何故か3月放送だと思っていた私です。

ぐう #ex3yOCrA | URL | 2007/02/25 16:21 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/335-89772c29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top