ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

「長恨歌」を観たのか・・な? 

 

10月22日(土)朝、東京国際映画祭で上映された「長恨歌」を観に行きました。人気が高く、ぴあでもチケットが早めに売り切れたという映画です。(30日にまた上映がありますがそちらのチケットは取りやすかったかもしれません)

以前、何で読んだのかな?この映画を観た外国人記者の話でしょうか?「『花様年華』よりも素晴らしい映画だ」と好評だった、と。それならば是非とも観てみたい、と密かに思っていました。

朝、慌てて駆けつけたので眠気覚ましのコーヒーを買うヒマがなかったのですね。・・それで、つい私、やっちゃいました。途中、ついうとうととした箇所が。

チケット取れなくて涙を飲んだ皆様、すみません。えぇ、偉そうにブログ書く資格ありません、私。(汗)

観終って、
友人「ダニエル・ウーが・・」
私「えっダニエル・ウー出てた?」(ドカバキ)
私「主人公と4人の男性、って言ってたけど数が合わないなぁと思ったよ」(ドカバキ)

以降、こんな私の感想とネタばれありです。
感想というか、雑感ですが。(←だから、書いていいのか?)

映画の中のサミーの友人の言葉「貴方(サミー)って何考えているかわからないわ」
そうそう、私も貴方がよくわかりませんでした。最初ミスコンテストに出て、その後有力者(リー主任)の愛人になりましたよね。それで、私は「この人は野心家で上昇志向があるのかな」と思いました。

でも彼は彼なりの問題を抱えていて彼女の元を去って行ってしまいます。彼自身プレイボーイなのでどこまでサミーの事を愛していたのかは不明です・・。

ここで「愛の神、エロス」のコン・リーなら何とかまた男性の気を引きとめようとするか、別のパトロンを探すか・・また上昇志向を目指すと思うのですが、結局最後は自分の事をあまり好きではない若い男性と関係を持っています。寂しさを埋めるように・・。彼女のすぐ側にいる、彼女に昔ミスコンを勧めたレオン・カーファイと静かな余生を送ればいいのに・・と思ったのですが。

しかし最後、レオン・カーファイが言い放った言葉が衝撃的でした。彼がサミーの昔のおかっぱ頭の写真を現像していた時のことです。
結局レオン・カーファイは若い純粋な頃のサミーの幻影を追っていて、今眼の前にいるサミーの事を好きではなかったのですね。その時、少し寒寒しい思いがしました。
(これはレオン・カーファイが主人公の映画でもあるのだと思いました。彼がミスコンでサミーにあえてウェディングドレスを着せたのもそういう意味があったのだと。)
サミーが若い男性に走るのもしょうがなかったのかな・・と。

サミーの最後の○○の顔、とても美しかったです。

それにしてもスタンリー・クワン監督、やはり貴方は女性が好きなのではないのですね。私は同じ人生の歩み方でももっと違う感じが良かった。

やはり「花様年華」のマギー・チャンのように、すっきりと過去の恋愛を昇華させて前向きに生きて欲しかったです。
私にとっては「『花様年華』を超えた映画」とは思えませんでした。一人の女性、上海の街を描いた映画としては素晴らしいのでしょうが、もうここからは好みの問題なのでしょう。

あと気になったのですが何故あんなに女性の眉が薄いのでしょうか?当時の流行でしょうか?
もちろん、インテリア、女性のドレスは素晴らしかったです。さすがウィリアム・チョンですね。

さて、この映画が公開されたら是非観に行って「ダニエル・ウー」を観てこなければ・・(汗)
その時にはこの映画にまた違った感想を持つかもしれません。

もちろん、フー・ジュンは美しかったです。圧倒的存在感でした。
捨てられても、私だったら後を追っかけて行きたいです。

(蛇足)
映画の始め「映画の間、もしかしてこのおかっぱ頭をずっと見せられるのか・・」と心配しましたが、あっという間に伸びて美しい髪形になっていましたとさ。
スポンサーサイト

category: 映画

tb: 1   cm: 4

△top

コメント

 

ぐうさ~~ん、笑いました。
おかっぱ。

よくわからない女性でしたよね~
時代が違うからかしら??

私は綺麗なサミーに会えて大満足でしたけど・・

蓮 #T1LxwB1c | URL | 2005/10/25 19:07 | edit

>蓮さん

サミー綺麗でしたね。コメディの彼女を見慣れているので新鮮でした。

ぐう #- | URL | 2005/10/26 00:55 | edit

ぐうさん、ひこそ君が判らなかったといいながらも、深い見方をされてますね。

私は起きていたはずなのですが、最後の○○の顔って何だったかが思い出せません。最後のカーファイのセリフも・・・ダメな奴~あとで教えてくださいませ。
・・・私が見たのは、フージュンと彦ちゃんだけだったのかも・・・(切腹*古いか・・・)

藍*ai #a2fnBRhM | URL | 2005/11/01 12:01 | edit

>藍*aiさん、

コメントありがとう!
>・・・私が見たのは、フージュンと彦ちゃんだけだったのかも・・・
そういう見方もありかと思います!
フー・ジュンはトニーはとはまた違った感じのセクシーさでしたね。
公開されたらまた観にいきたいです。
(○○の顔、カーファイの台詞についてはまたお会いした時にでも)

ぐう #- | URL | 2005/11/02 00:19 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/32-25087920
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ルックが足りない。でも再度見たい「長恨歌」

 さて、今回の東京国際映画祭でぜひにぜひに見たかった、期待の「長恨歌」。 /枚かのスチールを見るだけでも、あの香港一のアート・ディレクター、ウィリアム・チョン張叔平の美的感覚全開フルスロットル!という感じで、大いに期待していました。  ちなみにこの作品のポ

nancix diary | 2005/10/25 01:36

△top