FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

「目撃者 闇の中の瞳」観ました 

 

1月13日(土)新宿シネマカリテにて「目撃者 闇の中の瞳」を観てきました。
私が行った15:30の回は満席でした。

「目撃者 闇の中の瞳」 新宿シネマカリテ

こ・・怖かったぁ~!真実がわからぬまま、次々と出される新情報に翻弄され、最後の最後まで気が抜けませんでした。
台湾映画と言うことで勝手に、そんなに怖くない内容を想像していたのですが、とんでもなかったです。
「屍憶」よりもずっと怖いですのでお気をつけください(「屍憶」はそれほど怖くなかったので(私基準)、油断しました・・・やっぱり生きてる人間が一番怖いですね)。
でも一ヶ所気になるところがあって、主人公が○を○○したのが、お話の中でどのタイミングだったかわからなかったのですよね・・・そうやってリピーターを増やそうという監督の作戦かしらん。
ちなみに映画の半券を次回持参すれば割引で観られるそうです(半券1枚に付き一名様1,000円)。

本格サスペンスがお好きな方にはお勧めです!


あと、映画関係で気になる情報が・・・。
マダム・チャンさんのブログによると、「空海 KU-KAI 美しき王妃の謎」は、日本公開版は吹替えのみらしいということなのです。
中国映画鑑賞では中国語を聞き取るのを楽しみに、また励みにしている中国語学習者としてはとても残念です。
香港映画の中の香港の風景には広東語がぴったりくるように、中国映画の中の中国の風景には中国語がぴったりくると思うのです。
同じ中国語教室のクラスで学習している同級生にもこの映画を薦めていたので残念です。
配給会社に予算がない時はむしろ吹き替え版を作る余裕はないと思うのですが、潤沢に予算がある場合は却って吹替え版のみなどと余計なことをするというのは皮肉なものです。
公開までまだ一ヶ月あるので、今からでも字幕版の公開を追加してもらえないものでしょうか。

『妖猫伝』日本版の謎 (マダム・チャンの日記)
http://dianying.at.webry.info/201801/article_2.html


<その他の情報>
東京国際映画祭CROSSCUT ASIA「ネクスト!東南アジア」提携企画 東南アジア、巨匠から新鋭まで
期間:2月6日(火)-2月10日(土)(5日間)
会場:アテネ・フランセ文化センター

http://www.athenee.net/culturalcenter/program/to/tounanasia.html


<テレビ番組情報>
・1月16日(火) フジテレビ 午後10:00~10:54 「有吉弘行のダレトク!?」 【小柳ルミ子がポーカー世界大会参戦&丸亀製麺没メニュー】
 小柳ルミ子がプロギャンブラーの木原直哉氏と共にマカオでポーカーの世界大会に参加!優勝賞金1000万円の獲得を目指す。果たして、2人は勝ち進むことができるのか!? ほか

・1月20日(土)NHKBSプレミアム 午前6:00~6:30  「桃源紀行 君住む街で」 マンダレー(ミャンマー)
 マンダレーはミャンマー最後の王宮があり、歴史と文化を誇る街。また街のあちこちに寺院があり、人々の祈りが満ちている。この街で暮らす女性ハンスーインは、昼間は美容院を営み、夜は、両親と伝統の人形劇で人形を操る。ときには自分が人形になって出演することも。彼女の一日は、朝、たく鉢の僧侶たちへ食べ物をささげて始まる。マンダレーヒルなど各地の寺院をめぐりながら、公演をめざした一週間が過ぎていく。

 おととし東京フィルメックスで上映された「マンダレーへの道」を思い出しますね・・・。

スポンサーサイト

category: 映画

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/3182-68c2d79a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top