ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

台中観光(前編) 彩虹眷村・第二市場 

 

8月の台湾旅行の際、8月20日(日)は台中に行ってきました。
台中は台北車駅から新幹線(高鐡)で一時間くらいです(台鐡で行く場合は2時間くらいかかります)。

新幹線の切符売り場と新幹線の切符。(画像はクリックで拡大します)

台北・新幹線切符売場 新幹線の切符

高鐡の台中駅に着くまで、座席で双連の朝市で買った豆花を食べました。

豆花

高鐡の台中駅に着いたら、駅に隣接している台鐡の新烏口駅から、台鐡の台中駅に行くために切符を買いました。(新烏口駅→台中駅 日本で言うと新幹線の新大阪駅で降りて、大阪駅に向かうようなものです)

台鐡乗り場へ 新烏口駅→台中

新烏口駅から台中駅までは10分くらいの乗車です。

※実は、後でわかったのですが、最初に行くつもりだった彩虹眷村は、この高鐡の台中駅からの方が近かったので、台鐡の台中駅まで行く必要はなかったのです。むしろ遠回りでタクシー代が余分にかかりました。

台中駅でタクシーを拾って、彩虹眷村まで向かいますが、帰りのタクシーがつかまりにくいとネットの情報であったので、タクシーの運転手さんに、写真を撮ってからまた戻りたいので30分くらい車で待っててほしいとお願いしました。
運転手さんは、「彩虹眷村まで350台湾ドル、帰り350台湾ドルでどう?」とのことで(待ち時間の過金はなし)、筆談を交え商談成立と言うことで彩虹眷村へ。
途中高鐡の台中駅を通り過ぎ、あれっ高鐡の台中駅でタクシーを拾えば良かったんだ!と軽くショックを受けました。

眷村は、第二次世界大戦後、大陸で共産党との戦いに敗れた国民党が台湾に逃れてきたときに、軍人とその家族が住む為にできた集合住宅です。現在はその多くが老朽化などの為取り壊されています。この眷村も取り壊しが決まっていましたが、一人のお爺さん(黄おじさん)が建物の壁を鮮やかな色のペンキで絵を描いたことが評判になって沢山の人々が訪れるようになり、観光名所となったため取り壊しは中止になりました。

彩虹眷村1 彩虹眷村2

彩虹眷村3 彩虹眷村4

彩虹眷村5

実際に訪れてみるとわかるのですが、建物の天井が低くて、一部屋一部屋も狭いのです。当時の人たちのつましい生活が伺えるようです。片隅にはお土産物屋さんがありました。そのお土産屋さんの一角になんと黄おじさんがいらっしゃいました!これだけ沢山の絵を一人で描いたとは思えないような小柄の方でした。

他のお客さんに応対していたらお邪魔してはいけないと思ったのですが、その時はお一人で椅子に座ってらっしゃったので、勇気を出して「ご一緒に写真を撮ってもいいですか?」と話しかけたら、にこにこと笑顔になって、隣のお土産物屋さんのスタッフを指さされたので、たぶんこの人に撮ってもらうといいよ、という意味だろうと思い、スタッフの一人にお願いしました。

スタッフが「もう一枚」と言うと、二枚目の写真の時はポーズを変えてくださって、お茶目な方でした。最後に「身体保重。」と私が言うと、スタッフが「この方がお身体大切に、と仰ってるよ」と耳打ちしてくださったようで、日本語で「ありがとう」と仰ってくださいました。

駐車場のタクシーの運転手さんには「30分で戻る」と伝えてあったのですが、あまりの暑さに20分でタクシーに戻り、帰りに台中の第二市場で降ろしてもらいました。

台中 第二市場1 台中 第二市場2

「山河魯肉飯」の三層魯肉飯

「山河魯肉飯」の「三層魯肉飯」です。こんな豚バラ肉がごろっと入った魯肉飯は初めてです。
「湯(スープ)は?」と聞かれたのでそれももらうことにして、魯肉飯とスープで確か90台湾ドルでした。
スープはモロヘイヤのようなネバネバした菜(黄麻だそう)を刻んだものとかぼちゃが入っていました。お椀に注いだ後、シラスを散らしてくれました。

食事が終わってタクシーで移動したかったのですが、第二市場の前はタクシーは通るものの、お客さんを乗せているタクシーが多くてあまり空車が通らないのでした。台中は台湾の第三の都市ですが、地下鉄はまだないので、台北に比べてタクシーが捕まりにくい感じでした(台中では2020年を目標に地下鉄を開通させる予定だそうです)。
しかも、メーターを倒さずに走っているタクシーが多くて、「空車」のランプを見つけて小走りにかけよってもお客さんが乗ってる、という繰り返し。その上、第二市場の前は交通が混雑するせいか、数分おきにパトカーが巡回していて、車を駐車させにくい状況もあるようでした。

30分くらいそのような状態だったのですが、地図をよく見ると、台中駅前にある宮原眼科は第二市場から歩いても行けそうな距離でした。結局、歩いて宮原眼科に向かいました。

※台中観光(後編)に続きます。

スポンサーサイト

category: 旅行

tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 

凄いです 一人で❗

やはり話せるのって大事なことですよね。
後編も楽しみにしています。
友人の息子さんの彼女が台中の方なので、俄然興味が‼

Yuko #- | URL | 2017/09/04 07:25 | edit

>Yukoさん、コメントありがとうございます。

>やはり話せるのって大事なことですよね。

いやいや、かなりカタコトです・・・そして筆談でカバーです。
後編、あんまり間を空けずにUPしたいです。

お友達の息子さんの彼女さんが台中の方なのですか!
いいなあ、台湾の方と親戚になりたいです(笑)。

ぐう #ex3yOCrA | URL | 2017/09/05 00:33 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/3098-44e75d9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top