ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

バースディカード描きました 

 

もうすぐトニーさんのお誕生日なので、バースディカードを描きました。

バースディカード

相変わらず下手くそな絵ですが、出すことに意味があるということで・・・。


昨日6月17日(土)、「レイルロード・タイガー」を観てきました。

「レイルロード・タイガー」

ジャッキー・チェンの映画なのにあんまり宣伝していないし、初日プレゼントとかもないねえ、と思ったら日本軍の侵攻を妨害するために橋を爆破するというお話だったのですね。悪役の日本軍を倒すお話なので、そりゃ日本では宣伝しづらいし、ヒットもあまり期待できないでしょう。次回9月公開の「スキップ・トレース」のチラシがもう置いてあるし、予告編もやっていたのでそちらに既に宣伝はシフトしている模様。

映画は、池内博之がいつものシリアス路線を捨てて、コメディ路線でやっているのでちょっとびっくりしました。
「私の少女時代~Our Times」のワン・ダールーが八路軍の兵士を演じていて、出演シーンは短いものの、その後のジャッキー・チェンらの行動を左右する存在で重要な役どころでした。
大麻事件でしばらくお休みしていたジェイシー・チェンは変わらず天真爛漫な雰囲気で、やはり父親譲りのスター性は健在だなあ、と思いました。(こういう邪気のない感じで大麻を薦められて、クー・チェンドンも断りづらかったのかなあ、などと思ってしまいました)
劇中のジャッキー・チェンの口癖が「少説話」。「説話」は「話す」、「少~」はこの場合は「少なめに~する」、もしくは「~するな」という意味。字幕でも「話は短く」とか「しゃべるな」とか訳されていました。
逆の「多~」は「多吃点儿」(沢山食べて)など、会話でよく使うのですが、「少~」という使い方は初めて聞きました。

映画の最後の方に、ある有名な俳優さんがカメオ出演で出てきました。(これから観られる方のお楽しみに名前は伏せておきます)
単純な私は、この方のお顔のアップが観られただけで、この映画を観た甲斐があったと思いました。


先日ブログで触れていたので、一応ご報告ということで、上海国際映画祭の中の、「綉春刀2修羅戰場」上海發布會でのチャン・チェンの様子を貼っておきます。

チャン・チェン@上海国際映画祭

作曲家の川井憲次さん(左から二番目)もご一緒。羨ましい~!

川井憲次さん@上海国際映画祭

こちらは「微博電影之夜」のチャン・チェン。

チャン・チェン@「微博電影之夜」

スポンサーサイト

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/3050-89c7d79d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top