FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

「上海倫巴/上海ルンバ」「長恨歌」 

 

12月20日(水)、中国☆上海映画祭上映の「上海ルンバ」と「長恨歌」を観てきました。
上海ルンバ・ポスター

このポスター、男優の顔がわかりづらいですがシャー・ユー夏雨です。

裕福な一族の夫と結婚した婉玉(ユアン・チュアン)は、自由のない家庭生活に息が詰まる思いをしていた。ある日夫と観に行った映画「風と共に去りぬ」を見た彼女は女優となるべく映画会社でオーデションを受ける。そこにいたのは映画に情熱を傾ける男優シャー・ユー夏雨だった。

私がこれまで観た映画ではシャー・ユー夏雨は、脇役だったり主役でもどこかとぼけた役が多かったので、最初彼を画面で観た時、てっきり狂言回しの役かと勘違いしてしまった。

なんとヒロインがだんだん心惹かれていく映画スター、二枚目の役だとは!!
役作りのためヤミ商売を実際にやってしまったりする行動的でどこか影のある男性シャー・ユーが途中からどこか「裏街の聖者」のマック先生ことトニー・レオンとかぶって見えてきて困ってしまった。
実は(実はでもないが)彼は名優だったのだ!

この映画はヒロイン、ユアン・チュアンの映画ではなくシャー・ユーの映画だった。
少し受け口の顔が三枚目に見えてしまう彼だがなかなかどうしてこうして見ると「男前」だ。ごめん、シャー・ユー、これまで見間違っていたよ。
(しかもこの美女ユアン・チュアンとシャー・ユーは現実でも恋人同士だと言うではないか!ますます見間違っていたよ、シャー・ユー)

上海で白黒映画を撮影する様子や当時の世情も垣間見えてとても楽しめた。

もう一つ、「長恨歌」。
長恨歌ポスター


前回昨年の東京国際映画祭で観たものの、途中うとうとしてしまったので今回リベンジ。
なのに、今回も途中うとうとしそうになってしまった。恐るべし!「長恨歌」。まぁなんとか踏みとどまりましたが。

前回観たときも好きになれなかったこの映画。やはり今回も違和感が残った。
サミーが美しくないのだ。彼女が美しくないと言うことではないのだが、役が合ってないのか、はたしてスタンリー・クァン監督自身が彼女が主役と言う事が乗り気ではなかったのではないかと訝るくらいだ。
特に背中を少し丸めている様子はかなり老けて見える。「アンニュイ」と「ぼんやり」とは違う、と毒を吐いてみたくなる。

実際、フー・ジュンの方が美しく撮れている。
しっとりとした肌、野性味の中にほのかに漂う気品。この映画のフー・ジュンを観ているとレスリーを思い出す。

4人の男性と彼女の関係も、肝腎のどのように恋人関係になったかの過程が描かれておらず、どうして男性が彼女に惹かれたのか、または彼女が男性をどうやって惹きつけたのかがわからず、観ている方は欲求不満になる。(わかるのは最初のフー・ジュンくらいだろうか)

「上海ルンバ」ではユアン・チュアンとシャー・ユーがだんだん惹かれあっていく様子が手に取るようにわかったのに。

この「長恨歌」の元の話は凄く長いらしいので、そういった細かい部分を描く時間がなかったのかもしれない。
でもそうだったらこの小説を敢えて映画にしたこだわりは何だったんだろう・・。

category: 映画

tb: 0   cm: 3

△top

コメント

 

「上海ルンバ」ご覧になったのですね。羨ましい・・・観たかった。
シャー・ユー夏雨・・・実は名優
嬉しいお言葉。私は彼は二枚目ではないけれど高い演技力はもっていると思っていたし、割と注目している俳優なので嬉しいです。

「長恨歌」残念ながらサミー、がんばっていたのですが、やはりミスキャストだったと思います。
フージュン胡軍は素敵でしたよね。(贔屓?)
ちなみに無駄な知識ですが胡軍と夏雨は所属事務所・出身学校ともに先輩・後輩の仲です。

チプドン #nmxoCd6A | URL | 2006/12/22 01:03 | edit

あら、同じ日にいらしたのかしら?
気付きませんで。


「長恨歌」、何で理解できないんだろうって考えたら、女優が美しくないから言外に語られることが、語られずに
終わっちゃってるんだと、気付きました。
残念ですね。
サミ、とっても素敵な女優なのに。

多謝。 #SO3OMlUc | URL | 2006/12/22 20:43 | edit

>チプちゃん
「上海ルンバ」ご覧になれなかったのですね、残念。どこかで再映されることを期待しています。
夏雨はホントに名優だと思います。「これからの作品にも期待しています。胡軍と先輩後輩の間柄なんですね。意外!

>多謝。さん
ブログ拝見しまして多謝。さんも水曜にいらしてたのね、と思いました。この日は一人で行ったので終わったらさっさと劇場を出てしまいました。周りをよく見れば良かったです。こちらこそ気づかず失礼しました。

>女優が美しくないから言外に語られることが、語られずに
終わっちゃってるんだと、気付きました。

なるほどねー。言外に語ると言うのは難しいことですね。
ウォン・カーウァイはこともなげにやっているように思いましたが、やはり表現すると言うのは大変なことなのね。

ぐう #ex3yOCrA | URL | 2006/12/22 21:36 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/304-9f157bef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top