ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

無事帰国しました 

 

昨夜5月6日(土)、香港より無事帰国しました。

香港では最高気温30度くらいでしたが、連日曇りが多く、日光にあまりさらされなかったせいか、意外に過ごしやすかったです。
外ではTシャツ一枚で過ごして、日中うっすら汗をかくくらいで済みました。
レートは重慶マンションで1万円が685ドル~690ドル、1ドル14円くらいでした。

今回、香港電影資料館で開催されている「穿・越‧・時代:古裝篇」展覧を観てきました。

「穿・越‧・時代:古裝篇」

展覧会は写真撮影禁止だったので画像をお見せできないのが残念です。
トニーさんの衣装はチャンイーモウ監督作品「HERO」の残剣役の青い衣装、ジェット・リーは無名役の黒い衣装でした。
他には同じくチャン・イーモウ監督の「LOVERS」の金城武、アンディ・ラウの衣装、「王妃の紋章」のリウ・イエ、ジェイ・チョウの衣装、ジョニー・トー監督「審死官」のチャウ・シンチー、梅艶芳の衣装などがありました。後は1958年の「貂蝉」、1964年の「妲己」など古い作品の衣装もありました。保存状態がとても良くて、そんなに古い衣装に見えませんでした。今でも着られそうです。
入場無料なので、開催期間中に香港に行かれることがあったら足を運んでみてはいかがでしょう。

4月21日(金)~8月13日(日)まで開催
香港電影資料館 「穿・越・時代:古裝篇」展覧
http://www.lcsd.gov.hk/ce/CulturalService/HKFA/zh_TW/web/hkfa/programmesandexhibitions/highlights/highlights46.html

あと、最近話題になっている香港の怪獣ビル(モンスタービル)にも行ってきました。
場所は香港島側、MTR駅名で言うと、太古駅と鰂魚涌(クオーリーベイ)駅の間、英皇道沿い(King’s Road)にあります。トラムの走っている通りで、トラムで行く場合は柏架山道(83E)という名の停留所の近くです。

道沿いに大きなマンションが見えてきます。

香港のモンスタービル1

マンションの裏側に廻ると、魚屋さんや靴屋さん、日用品屋さん、「大家楽」などの食事をするところなど、マンションの方々が利用できるようなお店があり、コンクリートの外階段を一階分上がると、下記のような風景になります。上手く撮れなくて迫力がお伝えできないのが残念です・・・。

香港のモンスタービル2 香港のモンスタービル3

他にもカメラ片手に写真を撮りに来ている方々がいました。普通に生活している住人の方がいますので、お邪魔にならないよう、短時間で退散しました。日中だったので太陽の光が邪魔をして空の写真を撮るのは難しかったですが、夜だと下記のURLのような幻想的な写真が撮れます(たぶん)。
マンションが夜空を切り取ったようなシーンは、パン・ホーチョン監督の新作「春嬌救志明」にもワンシーン登場しました。

香港の高層住宅「積み重なって」幾何学アートに(画像)
http://www.huffingtonpost.jp/2015/03/18/stunning-geometry-of-hong-kongs-public-housing_n_6898972.html

【香港】衝撃的!超密集アパート写真を撮りたい人必見です(位置情報つき)
http://www.scentoflifediscovery.com/2016/04/29/%E3%80%90%E9%A6%99%E6%B8%AF%E3%80%91%E8%A1%9D%E6%92%83%E7%9A%84%E3%81%AA%E8%B6%85%E5%AF%86%E9%9B%86%E3%82%A2%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%AF%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%97%E3%81%AA%E5%86%99/

スポンサーサイト

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/3023-87400a77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top