ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

「捉妖記2」は2018年夏休み公開予定 

 

下記の中華NEWSによりますと、「捉妖記2/モンスター・ハント2」の公開時期は2018年夏休みとのこと。
え~~そんなに先なの・・・(軽くショック)。
監督によると、映画は既にクランクアップしたものの、また明日雲南に景色を撮影に行くのだそうです。
人間の撮影は終わっても、まだ妖怪の世界の外景の撮影は残っているということでしょうか・・・。
あと、もう一つ下の記事によりますと、トニーさんが今回演じたのは賭徒、つまりばくち打ちの役とのこと。

梁朝伟李宇春加盟 《捉妖记2》明年暑期归来
http://fj.people.com.cn/n2/2017/0303/c363308-29799808.html

《捉妖记2》锁定2018 梁朝伟自曝将演赌徒
http://ent.163.com/17/0302/08/CEGRS23Q00038FO9.html


<その他の情報>
・ジミー・リャオ(台湾絵本作家)×永田琴(映画監督)『星空』出版記念トークイベント&ジミー・リャオ サイン会

「星空」

日時 | 2017年3月18日(土) 16:30開場/17:00開始~19:30(トーク40分+Q&A30分 のち サイン会)
会場 | 洋書専門店 Books Kinokuniya Tokyo (新宿タカシマヤ南館6階)
     イベントスペース《コミュニティガーデン》
予約人数|35名様 *着席観覧のうえサイン会に参加いただける人数です


「着席観覧のうえサイン会に参加」希望の方は下記の紀伊國屋書店さんのページをご覧ください。
☆オープンスペースですので立ち見にてご観覧いただくことも可能です。
☆イベント当日に会場で『星空』ほか著作をお買い上げのお客様は、"着席観覧券"をお持ちでなくてもサイン会にご参加いただけます。
とのことです。

紀伊國屋書店のページより
https://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Books-Kinokuniya-Tokyo/20170227170000.html

(友人よりお知らせいただきました。ありがとうございます。尚、当日は渋谷の「アクションサミット」と時間がかぶっていますので、私は渋谷の方に行ってると思います)

・アカデミー作品賞を受賞した「ムーンライト」が前倒しで3月31日(金)公開だそうです。

「ムーンライト」

下記の中華NEWSによりますと、「ムーンライト」のバリー・ジェンキンズ監督はウォン・カーウァイ監督のファンなのだそうです。
「ムーンライト」の画風はウォン・カーウァイ作品に似ている、主演男優のまなざしはまるでトニー・レオンのようだ、と言われています。
バリー・ジェンキンズ監督はホウ・シャオシェン監督も崇拝していて、フロリダ州立大学で映画について学んでいる時に1年休学して世界の映画を観ていた、「ムーンライト」が3つの部分に分かれているのは、ホウ・シャオシェンの「最好的時光」(邦題 「百年恋歌」)の影響だということ。

そう聞くとますます観ない訳にはいかなくなってきます。

映画『ムーンライト』は3月31日よりTOHOシネマズシャンテ他にて全国公開

「ムーンライト」公式サイト
http://moonlight-movie.jp/

アカデミー賞作品賞『ムーンライト』3・31公開前倒し決定!(シネマトゥディ)
http://www.cinematoday.jp/page/N0090064

《月光男孩》导演迷王家卫?男主眼神似梁朝伟
http://ent.163.com/17/0301/15/CEF2BAP700038FO9.html

スポンサーサイト

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/2977-56cef7b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top