ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

mayday 2/4武道館コンサートに行ってきました 

 

2月4日(土)maydayの武道館コンサートに行ってきました。

maydayコンサート@武道館

楽しかったです!悲しい歌にはこちらも悲しくなり、元気な歌には励まされました。
いつまでも青春真っ盛りの5人でいてほしいです。

今回初めて日本語の歌を聴きましたが、なんだか不思議な感じでした。中国語の韻を踏んだ歌詞が「好听」だと思うので、無理に日本語の歌詞にしなくても・・・と思うのですが、一緒に歌を歌えるという体験はとても盛り上がって楽しかったです。

maydayの魅力の一つは、グループとしても個人個人としても「未完成」であることだと私は思っているのですが、今後そこに何が足されていくのかはわかりませんが、maydayは日々進化していってるんだなあと実感しました。

コンサート後はmaydayファンの方々と九段下の「わらやきや」でお食事をしました。
ビールの泡の上には「MAY DAY」と、歌詞の「Do you ever shine?」の文字が。お店からの素敵なサービスでした。

わらやきや@九段下

土佐料理のお店で、料理も美味しかったです。

私がmaydayファンになったきっかけは台湾映画「五月の恋」を観たことなのですが、この作品では台湾の俳優チェン・ボーリンと中国の女優リウ・イーフェイ、今は押しも押されぬ大女優ですが当時はまだ初々しい少女の淡い恋を描いています。台湾と中国の間の分断の悲劇の歴史も垣間見え、単なる恋愛映画ではないところがまた良いのです。この中でmaydayはmayday本人役で出ています。ストーンがチェン・ボーリンの兄役で、優しくも厳しくチェン・ボーリンを叱るシーンが印象的で、この頃から俳優の素養を感じさせていました。

「五月の恋」

十年以上前の公開なので、もう日本では版権が切れているかと思いますが、maydayの武道館コンサートがあり、「百日告別」の公開もあるので、日本の映画館でリバイバル上映してくれたらいいのになあと思います。

公開当時、日本ではまだ名前を知られていなかったリウ・イーフェイの舞台挨拶がシネセゾン渋谷でありました。
下記のブログ記事にその様子を報告していますが、リウ・イーフェイの画像が載っているからか、この記事が一時は中国のネット(イーフェイ・ファンのサイト?)でもリンクされていました(笑)。今では大女優になってしまって、ちょっとやそっとでは日本に来てくれないだろうなあ、なんて思います。

「五月の恋」リウ・イーフェイを観た 2006年5月7日の記事
http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/blog-entry-144.html


<テレビ番組情報>
2月11日(土)フジテレビ 午前8:30~9:55 「にじいろジーン」ジーンちゃんがキキコミ!世界ピカイチ☆ツアー カンボジア

スポンサーサイト

category: 音楽

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/2960-b17f976b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top