ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

友人らと 

 

久々にトニーさんのご友人の微博を訪れてみたらトニーさんの笑顔を発見しました♪
6月14日にUPされたもののようです。

トニーさんとご友人

やわらかーい素敵な笑顔です。


<その他の情報>
ウォン・カーウァイ監督が初のウェブシリーズ製作へ 
http://eiga.com/news/20160619/11/

『香港のウォン・カーウァイ監督が、初のウェブシリーズの製作に乗り出すことがわかった。

タイトル未定の同シリーズは、中国のドン・ピン率いるHuanxi Media(歓喜伝媒集団有限公司)とカーウァイ監督の共同プロジェクト。米バラエティによれば、内容やキャストは不明だが、2シーズン(全18エピソード)の製作が決定している。

1エピソード当たり300万ドル(約3億1200万円)の予算が確保されており、中国語圏はもちろん、全世界への配信が予定されているという。』
映画com ニュースより

先日、中華NEWSにも出ていました。
王家卫要拍网剧 网友调侃:2046年能看到吗?
http://ent.163.com/16/0605/08/BOPKD0MU00031GVS.html

ウォン・カーウァイ監督の他にピーター・チャン監督、李杨 監督、刘心刚監督が関わっているようです。
ピーター・チャン監督というと「中国合伙人」を思い出してしまいます。ホアン・シャオミンが演じた役がウォン・カーウァイ監督に似ていると当時ネットで話題になっていました。映画のように三人ではなく、四人ですが共同で製作するのでしょうか(映画は、友人同士で会社を起こすお話です)。
製作のゆっくりなウォン・カーウァイ監督のこと、「このウェブシリーズを観ることができるのは2046年では?」とネットで揶揄されているようです。
以前記事に出ていた『ウォン・カーウァイ監督の次回映画は「繁花」』、と言うのはこのウェブシリーズの前なのでしょうか、後なのでしょうか?

ついでに「中国合伙人」のポスターを貼っておきます。(東京国際映画祭の東京中国映画週間で上映されました)

「中国合伙人」

左からダン・チャオ、ホアン・シャオミン、トン・ダーウェイ
スポンサーサイト

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 3

△top

コメント

 

わ~~~

ホッとする笑顔です...
カーウァイ監督
チャン監督の情報も、
ありがとうございます。
特に前述されていた
イーナン監督のことが、
気になります。
たいへん力のある、
魅力的な方ですね。



Benica #- | URL | 2016/06/20 10:28 | edit

>Benica さん、続けてコメントありがとうございます。
いい笑顔ですよね。

トニーさん、イーナン監督の作品に出てほしいですね。
これまでにないトニーさんの部分を引き出してくれそうで、観てみたいです。

ぐう #ex3yOCrA | URL | 2016/06/21 00:17 | edit

こちらこそ‼

知らないことが、
あまりにも多くて...

[世界は
情熱的に
動いている]

そのことが
ぐう様の文章から
伝わってきて、
ハッと目が覚めるのです。

Benica #- | URL | 2016/06/21 09:17 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/2809-c932e2a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top