ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

カリーナと旅行? 

 

トニーさんとカリーナ、どこかに旅行かな?次のお仕事までゆっくり休んでください~。

トニー&カリーナ

よく見たらカリーナのスカーフ、小さなドクロがびっしり!

今回で「トニー・レオン」記事が444個めです。


今日5月31日(火)、ユーロスペースにて「冬冬の夏休み」と「恋恋風塵」観てきました。

「冬冬の夏休み」

久々にユーロスペースに行ったら、お隣にラブホテルができていました・・・まあこの界隈元々多いんだけど。


「冬冬の夏休み」は初めて観たのですが、すごく良かったです。
子供って、大人が思っているよりずっと周りのことを見て、いろんなことを考えているんですよね。かと思えば意外なところで抜けていたりするんですけど。
台北駅が今のような立派な建物ではなくて、ホームがいくつか並んでいるだけの簡素な感じだったのが印象的でした。でもこの時代、すでに学校は秋入学のシステムだったんですね(卒業式を終えて、中学に上がる前の夏休みのお話です)。

どちらかというと、いい加減な大人が多く出てくる映画ですが、厳しい医者のお祖父さん、そして近所の寒子という知的障害者の女性が強く心に残りました。



「恋恋風塵」、今回二回目鑑賞です。
こちらでも台北駅は簡素な駅でした。十分駅は意外と今とあまり変わらない(笑)よね。
「冬冬の夏休み」も「恋恋風塵」も、リアルな表現が秀逸なのですが、「恋恋風塵」の中で主人公と同郷の女の子が洋裁のお店で働いていて、裁ちばさみで届いた手紙の封を切るシーンが気になりました。
私の母が、昔和裁の内職をやっていて、裁ちばさみでは絶対紙を切るな、切ったらもう切れ味が悪くなって布が断てなくなるから、と何度も私と弟に注意していたので。

スポンサーサイト

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/2794-76370ea7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top