ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

「ぼくの桃色の夢」観ました 

 

※この下に「富士施楽Fuji zerox新CM」の記事をUPしています。

10月27日(火)、東京国際映画祭にて「ぼくの桃色の夢」を観ました。

「ぼくの桃色の夢」

85%はハオ・ジエ監督自身の体験という、自伝的作品。

田舎の為、中学から寄宿舎生活になった主人公の少年。寄宿舎の寝室の寝床(たぶん下はオンドルになっていると思われる)には人一人の肩幅くらいの狭い境界線が引かれ、「名前の書いてあるところに布団を敷け!」と言い渡される。夜にはその為に用意したかのような幅の狭い敷布団を敷き、寝返りもうてないような狭い場所にぎちぎちになって眠る少年ら。食事の際に出てくる煮物には鍋に落ち込んでしまったのだろう鼠の「丸煮」が出てくるという壮絶さ。
世界中でマナー違反と顰蹙をかっている中国人はこういうサバイバル生活を経て生み出されるのだろうかと実感した。

そしてその中学生活で一目ぼれした可愛い女の子に、一途に一途に想いを寄せる主人公。
ハオ・ジエの映画に出てくる主人公はいつも一途に一人の女性を愛する男性ばかり。

ハオ・ジエ監督の高校時代は中国が大学進学を推進していた時期らしく、当時は大学受験で不合格になってしまったら意味がないというので専門学校に進む生徒が多かったところを、「今後は専門学校を卒業しても就職の斡旋をしません(だから大学進学を目指しなさい)」と言われる。
初恋の彼女に「大学合格したら私をお嫁さんにして」と言われていたのに、不合格となってしまい彼女は他の不良青年と一緒になってしまう・・・。後に補欠で大学に合格した主人公は将来映画監督になろうと決心するのであった。

主人公チャオ・シャンシャンを演じるバオ・ベイアルのお宅っぽく情けない感じと、可愛い女の子リー・チュンシアを演じるスン・イーがたまらなく良い。特にスン・イーは、学生時代の守ってあげたくなるはかなげな感じから、大学卒業後の再会で、「生活の為二人で一緒に暮らしましょう」とチャオ・シャンシャンに迫る妊婦まで演じているが、同一人物として違和感なく見えるというのが凄い。

主人公ら以外は素人が演じているらしいのだが、キャスティングの妙というか個性的な人物が隅々まで出てきていて映画の面白さを増している。
田舎のおじさんがいたずらっ子を叱る罵声など、たぶん監督自身が子供の頃聞いた罵声と同じなんだろうなあと思われる。
(二回ほど出てきた「办你娘」は「このいたずら坊主め」というような字幕になっていたと思うのだが、直訳すると「お前のかあちゃんに言うぞ」とか「お前のかあちゃんをしばくぞ」というような意味になるのだろうか)

ただ、前作の「独身男」「ティダンのラブソング」に比べると、ハオ・ジエ監督らしい「突き抜け感」が足りない気がしたのが残念。



先日みゆき座にシャマラン監督の「ヴィジット」を観たついでに、スバル座にてツアイ・ミンリャン特集上映の前売り券を買ってきました。(写真付きで嬉しい)

ツアイ・ミンリャン特集上映チケット

スバル座の受付の方のお話によりますと、上映当日午前11時より、その日の上映作品の整理番号を配布するそうです(座席は自由席)。
前売り券を持っていても満席だと入れませんので、早めに受付を済ませていた方が安心のようです。270席あるのでそうそう満席にはならないと思いますが、「ここら辺の席で観たい」という好みの座席もあると思いますので。

「ヴィジット」は、シャマラン監督にしてはオチは現実的でしたが、真相がわかった時には背筋が凍りました。
やっぱり生きている人間が一番怖いですね。そして祖父母の家を訪ねるお姉ちゃんと弟がとても良い子たちで、映画を観終わってからじんじんと心に響いてきて、目の前にいたらギューッとハグしたくなるような母親思いのいじらしい子たちでした。


<テレビ番組情報>
・11月13日(金) BS11 午後8:00~9:00 至福の癒し旅「マレーシア 文化の坩堝に癒されるペナン・マラッカ3日間の旅」

・11月15日(日) NHKBSプレミアム 午前6:00~6:30 「桃源紀行 7つのしあわせ」 中国第三シリーズ「黄山」

・11月15日(日) BS朝日 午後1:00~3:00 「 大和田兄弟 ぐるり鉄道旅!魅惑の台湾」 美味と感動、絶景百景
 (こちらは以前放送あったような・・・再放送かな?と思います)

スポンサーサイト

category: 映画

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/2669-a70dcf5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top