ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

「ドラゴン危機一発’97」上映@シネマート六本木 

 

シネマート六本木にてドニー兄さん主演の「ドラゴン危機一発’97」が上映になります。
5月30日(土)~6月12日(金)の特別ラスト興行とのことです。

シネマート六本木のページ
http://www.cinemart.co.jp/theater/roppongi/lineup/20150501_12605.html


あと中華サイトで、カリーナ演じる宋美齢の人物像が本日明らかになりました。
これは映画「開羅宣言」の中で、カリーナが蒋介石夫人宋美齢を演じます。
宋慶齢をジョアン・チェン、蒋介石を馬曉偉が演じるとのこと。
http://big5.news.cn/gate/big5/news.xinhuanet.com/ent/2015-05/01/c_127754949.htm



ただ今香港に滞在中。本日は「赤道」「念念」を観ました。

「赤道」、チャン・チェン(銃撃ちまくり)が一番恰好良かったです。ジャッキー・チュン(赤いセーター似合いすぎ)、ニック・チョン(女性との戦いは「激戦」思い出しまくり)も良かったしワン・シュエチー(なんと京都に来ていたとは)は渋かったです。
マカオ、香港、韓国と出てきて、日本は俳優が参加していないので寂しいよね・・・と思ったら最後に京都が出てきました!
以前チャン・チェンが京都で目撃されたのはこの映画のロケだったのかしらん。
京都といっても赤い電車が走っているちょっと郊外の雰囲気でした。(どこだろう?)雪がちらついていました。

で、なんと映画が完結していないのです。ラストに「赤道の戦いはこれから始まる」的な字幕が出て、大風呂敷広げたまま終わってしまいました(汗)。
これ、続くんですよね?
「豪華キャストにしたら尺に収まりませんでした、てへ♪」
じゃないですよね?

「赤道」「ブラックハット」と最近映画に立て続けに核兵器が出てくるのはやはり福島の事故の心理的影響なのかなと思うとちょっと複雑です。


「念念」ですが、すごく良かったです!
シルビア・チャン監督恐るべし!
ジョセフ・チェン、クー・ユールンと演技派俳優が揃っていて良くならない訳がないのですが、主演の女性がイザべラ・リョンで、観終るまで気が付かなかったのですが、とても良い感じに肩の抜けた大人の女性になっていて、抜群でした。

イザべラ・リョンとクー・ユールンが姉弟(兄妹の間違いでした、すみません。考えればわかりそうなものなのに・・・)で、子供のころ育った緑島というところの自然の風景、家出してしまった母親との思い出などが繰り返し出てきて、あまりに台湾の世界に入り込んでしまったので、映画が終わって外に出たら香港なのが不思議な感じでした。

イザべラ、お帰りなさいーーー!と言っていいのかな。
彼女を久々にスクリーンで観るのがシルビア・チャン監督のこの作品だというのがとてもうれしいです。
東京国際映画祭で上映してほしいです。

スポンサーサイト

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/2552-5f5a89aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top