ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

大阪アジアン映画祭「全力スマッシュ」「単身男女2」「サシミ」 

 

「全力スマッシュ」(香港)

スポ根のバトミントン映画、しかし香港映画となればただのスポ根映画にあらず。
元犯罪者が人生をやり直すために始めたバトミントン、そこに元女性チャンピオンで今は落ちぶれたジョシー・ホーがコーチに加わり、アル中の師匠あり、元犯罪者と知らずに建物を貸しちゃった大家がなんとか彼らの落ち度を見つけて追い出そうと画策したり、また一緒に仕事をやろうとそそのかす昔のワル仲間が出てきたり、で、とにかくハチャメチャ。

それなのに最後は感動するという不思議な映画。
物凄く盛大なゲロシーンあり。そのシーン要る?と大笑いなんだけどそれがやっぱり香港映画なんだろうなぁ。

イーキン・チェンがとにかくカッコいい!

「全力スマッシュ」2

「全力スマッシュ」

映画の筋には関係ないけど、「マカオではタクシーが捕まらない」というのが香港の定説なんだなあと知りました。確かに香港ほどタクシーが捕まりやすい都市は他にはないよね・・・。

「単身男女2」(香港)

「単身男女2」

カオ・ユアンユアンをルイス・クーとダニエル・ウーが取り合った前作に、今回はカオ・ユアンユアンの弟役にヴィック・チョウ、そのヴィック・チョウとルイス・クーの間で揺れる女社長ミリアム・ヨンが加わり、また恋の炎が再燃、という映画。

私は実は前作の結末が気に入らなかったので(欠点はあってもドキドキ感のある相手とでないと・・・と思っていたので)、今回の結末は嬉しくて、監督は最初から2を作るつもりだったのでは!?と思ったくらい。(でも私の考えはたぶん少数派で、世の女性はもう片方を応援したいんだろうねぇ)

もちろん、1がヒットしないと2は作れないので最初から2を予定していたのかどうかはわかりませんが。

映画ではルイス・クーとダニエル・ウーが取り合い、別の映画ではウソンさんに惚れられ、実生活ではマーク・チャオと結婚したカオ・ユアンユアン。彼女ばかりが何故もてるのか??
美人といえば美人なのだろうけど、なんか特徴がなくて私個人は印象に残らないんだけど。


「サシミ」(台湾)

「サシミ」

ツァイ・ミンリャン監督作品以外のリー・カンションはどないな演技やねん、と思ってこの作品のチケットを買った人も多いのでは。
実は「リー・カンションの片言日本語に萌える映画」「ひたすら女体盛りにこだわる板前さんの映画」だとはつゆ知らず。

映画から映画の移動時間が短く尚且つ映画館の場所がよくわからず、上映開始20分で入場したので、もしかしたら筋を勘違いしているかもしれないけれど、8年前に子供を残したまま奥さんに失踪された板前のリー・カンション。
男手ひとつで子供を育てながら、お寿司屋さん付の民宿を営む。日本のAVで奥さんとうり二つの女優さんが出ているのを知り、絵葉書を送り続ける。
ついに、そのAV女優さんが民宿に泊まりに来てくれたが、彼女は元奥さんなのかうり二つの赤の他人なのか・・・というようなお話。

そしてなぜか優秀な板前は女体盛りができるという設定となっており、昔奥さんの体で作った女体盛りをそのAV女優さんで再度試みたい・・・と執念に燃える板さん。
ちょ、ちょっと、女体盛りって、外国映画でしか見たことがなくて、もしかしたらどこかのパーティで悪ふざけの一種で実在するのかもしれないけど、普通の日本人は一生お目にかかることはないと思うのですが・・・そもそも人肌でお刺身がぬくもっちゃうでしょ!
AV女優さん役は、本当にAV女優さんらしく(波多野結衣さん)、見事な脱ぎっぷりで、肌がとても綺麗でした。

台湾では4月24日公開、ポスターはこんなことになってますよ(汗)。

「サシミ」2

舞台挨拶のおカマさん役の男性、波多野結衣さん、監督。

「サシミ」舞台挨拶

監督はとても真面目そうな方でした。リー・カンションにどうして日本語をしゃべらせたのですか?の問いには、もともと無口な役が多いので日本語でもいいか、と思ったそうです。

スポンサーサイト

category: 映画

tb: 0   cm: 4

△top

コメント

 

ぐうさーん、やっと「単身男女2」コメントしてくれましたね!お待ちしておりました。前作はあまりお好きじゃなかったのですね。確かにどんでん返しがあるような、メリハリのある作品ではありませんでしたね。汚い香港は一切出てこない、スタイリッシュな作品で、どうしても女癖の悪さが治らないルイスの鼻血が面白くって、私は香港版リピートしちゃうんですよ・・・。そこへ我最好的仔仔登場!2も見まくっております。

全力スマッシュ、2枚目の写真の左はじはパトリック・クンですか?もう出まくってますね!それだけで見たくなる!イーキン・チェンも見たいですね!

たんと #- | URL | 2015/03/23 17:16 | edit

たんとさん、コメントありがとうございます。

>前作はあまりお好きじゃなかったのですね。

いえ、映画は面白かったですよ。ただ、結末が自分が思った形じゃなかっただけで。
たんとさんは仔仔が一番お好きなんですね~。

>全力スマッシュ、2枚目の写真の左はじはパトリック・クンですか?

そうです、彼も出演してますよ~公開熱烈希望です!

ぐう #ex3yOCrA | URL | 2015/03/23 23:39 | edit

ぐうさん、「全力スマッシュ」は公開ありそうでしょうか?これも香港版かなー。

「単身男女1.2」,お嫌いじゃなくてホッとしました。カオ・ユアンユアン、あちこちで酷評ですね。中国資本を持ってくるのに必要だったのかな、とか、私が思ってもしょうがないんですけどね。でもあれくらいの女優さんのほうが男性陣のイケメンっぷりが上がっていいような気がする。

忘れちゃならないのが雪ちゃんでしたね!大きな体を揺さぶりながら、オフィスを、香港の街を走り回って、意外とすばしっこいのにびっくり。ただのおデブちゃんから、スナイパーまで、憎めない脇役。時々、自分はこの人を見るために香港映画を追いかけているような気がするのは気のせいでしょうか?

たんと #- | URL | 2015/03/24 19:16 | edit

たんとさん、

>ぐうさん、「全力スマッシュ」は公開ありそうでしょうか?

充分公開ありな内容だと思うけど、シネマート六本木が閉館になってしまうから、かける劇場がないから買われない、って言うのも今後出てくるかもです・・・。

皆が大好きな雪ちゃん、香港映画を観ていて雪ちゃんが出てきたら得した気分になりますね♪私も大好きです♪

ぐう #ex3yOCrA | URL | 2015/03/26 00:20 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/2530-ac913c74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top