ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

エドワード・ヤン監督「恐怖分子」3/14から上映 

 

エドワード・ヤン監督の「恐怖分子」がデジタル・リマスター版で3月14日(土)よりシアター・イメージフォーラムにて上映されるとのことです。これは楽しみ!

「恐怖分子」

「恐怖分子」とは「テロリスト」という意味。

ヤン監督のデビュー作を含むオムニバス映画「光陰的故事」も、上映期間中併映されるとのこと。

映画COMのニュースより
http://eiga.com/news/20150122/14/


あと、チャン・イーモウ監督の「妻への家路」の公開日は3月6日(金)に決定したとのことです。
http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=23657

「妻への家路」公式サイト TOHOシネマズ シャンテ他全国順次ロードショー
http://cominghome.gaga.ne.jp/


1月22日(木)新宿武蔵野館にて「薄氷の殺人」を観てきました。

「薄氷の殺人」

正直、サスペンスとして観るには内容が薄いと思いながらも、離婚して生活がやぶれかぶれになった刑事が、バラバラ事件から浮かび上がったクリーニング店の謎の未亡人女性(なにせグイ・ルンメイちゃん)に吸い寄せられていく様にはこちらも惹きつけられました。

雪の中の寒い中国の地方都市の、空気がキーンと凍った中に輝くネオンの、太陽の光と違って決して人を温めることはない緑や黄色や青の鮮やかさは本当に絵になっていました。
(映画のラストの屋上からの○○は、最後まで姿が映ることはなかったけど、あれはやはり彼の仕業?)


それにしてもグイ・ルンメイちゃん、すっかり国際派女優になりましたね。てか、今回「薄氷の殺人」で世界に存在を知らしめてしまったというか・・・。
彼女の、笑っていてもどこか泣いているような表情、今にも消えてしまいそうな危うさ、にもかかわらず凛とした強さ、観ていると目が離せない不思議な魅力。台湾だけに閉じ込めておくのは勿体ないと思いつつも、やはり彼女にぴったりの台湾映画にこれからも出演し続けてほしいと思うのです。

スポンサーサイト

category: 映画

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/2492-38256842
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top