ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

米国アカデミー賞ショートフィルムプログラム上映@ブリリア ショートショートシアター 

 

アカデミー賞ショートフィルムプログラムがブリリア ショートショートシアターにて、2月16日(月)より上映されます。

上映作品
 『Butter Lamp / チベットの埃』(中国・フランス 2013)
 『A Single Life / 人間の一生』(オランダ 2014)
 『The Voorman Problem / ミスター・ヴォーマン』(イギリス 2012)
 『Helium / ヘリウム』(デンマーク 2013)

日程:2月16日(月)~3月15日(日)

ブリリア ショーショートシアター ニュース&トピックスのページ
http://www.brillia-sst.jp/topic/2015/02/2015-2.html


<テレビ番組情報>
・1月19日(月)日本テレビ 午前8:00~10:25 「スッキリ!」永瀬正敏・馬志翔(マー・ジーシアン)監督・曹佑寧(ツァオ・ヨウニン)インタビュー
・1月19日(月)日本テレビ 午前10:25~11:30 「PON!」坂井真紀が出演

・1月21日(水) MBS 「甲子園台湾代表?!KANO(カノ)感動の歴史秘話」10:25AM~10:54AM放送予定

・1月24日(土) TBS 午前8:00~9:25 「知っとこ!」 永瀬正敏インタビュー

※ MBS 「甲子園台湾代表?!KANO(カノ)感動の歴史秘話」はTBSでは放送していないみたいです・・・。


※この下に「一代宗師3D」と日本公開版「グランド・マスター」の内容の違いについて書いています。
 知りたくない方は「続きを読む」をクリックしないでください。

「一代宗師3D」と日本公開版「グランド・マスター」の内容の違い覚書。

「一代宗師3D」で削除されているシーン
・エンディングが始まってからの一連の葉問トニーさんの戦いダイジェスト
・葉問トニーさんが奥さんの足をふいてあげている
・葉問トニーさんと奥さんが屋上のようなところで笑いあっている
・金楼に、葉問トニーさんと奥さんが京劇を聴きに行く
・趙本山と王慶祥が焚火の前で語り合っている
・列車に乗った若梅ツィイーのところへ警察に追われたカミソリ・チャン・チェンがやってきて恋人のふりをしてかくまわれる
・イスラム料理屋に若梅ツィイーが羊肉の料理を買いに来て、それをカミソリ・チャン・チェンが見ている
・父を亡くした若梅ツィイーが仏様のところに行くところまではあるが、その後仏前で頭を下げてお祈りをしているところはなし(髪を切って燃やすところもなし)
・葉問トニーさんが日本人の結婚式があったので、と祝いの膳をもらって帰る
・葉問トニーさんが木人椿を斧で破壊する
・カミソリ・チャン・チェンのところへチンピラ小沈陽が取り立てにくる
・冒頭の雨の中の戦いのシーン、少し削除されている?葉問トニーさんが歯をくしばって技を繰り出すシーンがなかったような気がする
・王慶祥(若梅パパ)が別れを言って馬車で立ち去る
・若梅ツィイーからの挑戦状に、受けてたたない方がいい、と周りが葉問トニーさんに言う
・父を亡くして実家に駆けつけた若梅ツィイーに、年寄たちが復讐は止めろ、嫁に行けという
・葉問トニーさんと若梅ツィイーがお茶屋さんのようなところで再会した時に、歌のタイトルを聞いて、「恋こそが夢なのに」というようなことを言う
・駅での復讐の際に、猿を肩に載せたオジサンが先に馬三の手下と戦うところがなかったような・・・ここはちょっとうろ覚えです。
こうして見ると、馬三が一番削除シーンがない役者さんかもしれません。

「一代宗師3D」で追加されているシーン
・エンディングが始まってから葉問トニーさんと若梅ツィイーが戦う(六十四手を見せてもらう)・・・葉問トニーさんの夢の話?
・葉問トニーさんと赤い服を着た若梅ツィイーが部屋の中で戦う・・・若梅ツィイーの妄想?
・趙本山が二胡を弾く
・趙本山がマッチに火を点け、葉問トニーさんがその火を煙草につける
・趙本山が王慶祥(宮宝森)の写真を見せながら葉問トニーさんに説明している、その後夜の街を歩くシーン(バックに犬)
・葉問トニーさんは箸を持ち、カミソリ・チャン・チェンはカミソリを持って戦う
 (戦いの途中、箸とカミソリがぶつかって響いた音を聴きつつ、何事でもないだろうと、警察官や床屋のスタッフらが食事をしている)
・葉問トニーさん(黒いシルエット)が若梅ツィイーの家の門前で佇んでいる
・カミソリ・チャン・チェンが床屋の中でカンフーの練習をしている
・チンピラ小沈陽はなぜか若梅ツィイーの医院の奥で餃子を作っている(?)(鼻の頭に小麦粉の粉が付いている)
・葉問トニーさんが若梅ツィイーからの手紙を読んでいるのを離れたところから奥さんが見ている
・葉問トニーさんからもらったボタンを持って屋上で物思いにふける若梅ツィイー


「一代宗師3D」は若梅ツィイーの復讐に関するシーンがいくつか削除され、若梅ツィイーとカミソリ・チャン・チェンとの関係もなくなったので、お話全体はすっきりと分かりやすくなったような気がします。
ただ、では「一代宗師3D」と日本公開版と、香港版と北アメリカ版、どれが一番好きかと言われれば、それに答えるのは難しいです。
全てのパターンを観て、パターンが頭の中でごっちゃになっていますから。

カミソリ・チャン・チェンが若梅ツィイーを密に気にしている(恋心とまではいかなくても)シーンを観てしまった後では、そのシーンがなかったことを前提としてもう観れなくなっているようなものです。
それに香港版では、金楼の戦いで葉問トニーさんと若梅ツィイーが料理の載っている食卓に一緒に乗っかるシーンが好きですし、日本公開版ではエンディング後の葉問トニーさん戦いダイジェストシーンが好きですし、今回の「一代宗師3D」ではやはりエンディング後の葉問トニーさんと若梅ツィイーの戦い、そしてその戦い後の二人の表情が好きです。

私個人としては「これがベスト」とは決めずに、欲張りですが、全てのパターンをもれなく観たいというのが本音です。

スポンサーサイト

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/2490-a5b4c3d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top