ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

無事帰国しました 

 

1月13日(火)夜無事帰国しました。

台北は日中14℃~17℃くらいあり、夜も10℃くらいでほぼ気温が下がらず暖かったです。セーターの上にコートを着て、昼間はコートの前を開けていても寒くないくらいでした。夜はさすがにコートのボタンを留めましたが。
台湾ドルのレートは約3,9円。一万円が2,587円です。円安悲しい・・・。

台北で「一代宗師3D」二回と、まだ上映していた「太平輪 亂世浮生」を一回観てきました。

「一代宗師3D」

「一代宗師3D」、内容はトニーさんがインタビューで以前答えていたように、北アメリカ版に一番近い内容でした。

少しずつ編集で削られているシーンや挿入されているシーンがあるのですが、一番変わっていた部分は、最後一度エンドロールが流れ始めた後、日本公開版ではパナマ帽を被ったイップ・マンが出てきていろんなカンフーシーンが展開されるのですが、そこが丸ごと、イップ・マン・トニーさんと若梅ツィイーとのカンフーシーンに入れ替わっていました。

東北(場所は駅の待ち合い所のようなところ?)で出会う若梅ツィイーが「六十四手見たい?扉が開いて閉じるくらいの短い瞬間だけど。」と言うようなことを言い、イップ・マン・トニーさんと激しく手でのみカンフーの打ち合いをし、その後お互い別れるというシーンとなっています。
イップ・マン・トニーさんは黒い帽子にあの、東北に行けずに着ることがなかった黒いコートを着ています。

私個人はここのシーンが観られただけでも台湾に行って良かったし、なにせ初めての「飛び出すトニーさん」を堪能できて幸せ!と思いましたが、短いシーンなので「これだけだったら行かなくていいや」と思う人もいると思うし、いずれ香港版や台湾版のDVDが出たら買う、というのでもいいかなと思います。

台北では「一代宗師3D」は公開したばかりでしたが、一部の映画館でしか上映していなくて、入っているお客さんも少なめでしたので、上映期間は短いかもしれません・・・。(二回目に行った國賓影城では月曜の午前中ということもありましたが私を含めお客さんは6名でした)
ほとんどの人は「ほぼ同じ内容を、3Dになったからってまた観に行くのはめんどくさい」と思っているのかも・・・。
台湾に観に行こうかと考えている方はお早めに。もしくは香港公開の発表を待って、香港に行くというのもいいかもです。

追記
台湾の映画館一覧のページを貼っておきます。映画館の名前をクリックすれば上映している作品・上映時間がわかります。(台湾では金曜に新作上映が開始しますので、その際上映スケジュールも更新されると思います)
https://tw.movies.yahoo.com/theater_list.html

3Dはとても綺麗で、特に冒頭の雨の中の激闘シーンは本当に美しくて、初めてこの映画を観ているかのような錯覚に陥りました。最初から3Dで公開になっていたら、もっともっと話題になっていたかもしれないと残念です。

映画の中のトニーさんが自分のすぐ目の前にいるような感覚でニヤニヤしてしまいました。


映画の中、どこのシーンが削除されてどんなシーンが追加されていたかはまた改めてまとめます。

ところで、私が台北に行ってる間に、トニーさんの新作「擺渡人」が旧正月明けにクランクインするという発表があったようなので、そのNEWSが明日以降にまた。
監督をするかもしれな原作者の張嘉佳って男性だったのですね・・・!私が以前見つけた女性の画像は誰だったんだ(汗)。すみません。

スポンサーサイト

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/01/14 14:44 | edit

No title

>管理人コメントさん
情報ありがとうございます。
早速ブログにUPさせていただきました。

ぐう #ex3yOCrA | URL | 2015/01/15 01:02 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/2487-b4cddbf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top