ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

したコメに行ってきました2 

 

9月14日(日)したまちコメディ映画祭in台東の「ヴェガスからマカオへ」に行ってきました。

「ヴェガスからマカオへ」

なんと、上映中、三回も映像が止まるトラブルが!その都度、少しシーンを遡って上映を再開することになり、ニコちゃんのお父さんが自白剤をブスッと刺されるシーンを三回も観てしまいました。
ニコちゃんのお父さん(許紹雄)の呪いか!?
三回目止まってしまった時には会場から「あ~」と落胆の声が・・・。さすがに三回目は映写機を交換して上映することになり、20分間の休憩に。本来なら12時半ごろ上映が終わる予定だったと思うのですが、終了したのは1時半ごろになってしまいました。

MCの方がその都度出ていらして丁重にお詫びされていましたが、正直三回止まったことしか覚えておらず映画の記憶があんまりありません。ブルーレイ上映でも、こういうトラブルはゼロにはならないのでしょうね。映画が果たして最後まで観られるのか?とハラハラしてしまいました。(実行委員会の方々もさぞハラハラしたことでしょう)

「グランド・マスター」で馬三を演じていたマックス・チャンが悪役で出演していて(悪役なのですが、どこか罪の意識を抑えて悪事を行っているような感じの役)、あー活躍されてるなぁと嬉しかったです。身体のキレ抜群!!
ユンファは年をとってもダンディで恰好良かったです。ニコちゃんも可愛かった♪
今年の夏にはこの映画の続編を撮影していたみたいですので、そのうち続編が香港で上映されるのでしょうね~。
やはり年末か旧正月向けかな?続編にはカリーナ・ラウが出演するようです。

その後「愛しのゴースト」も観たかったのですが、これは10月公開が決定しているし、K'sシネマで上映される「フラワーズ・オブ・シャンハイ」を観たかったのでそちらに行きました。
「フラワーズ・オブ・シャンハイ」はなんと満席でしたわん!
最近は映画の中に出てくる高級娼館の女将の言葉がどこまで本当でどこからが嘘かを考えながら観たり、娼館の古馴染み客の洪さんの、お客と娼婦が揉めた時の差配などに関心を持って観ています(たぶんこういう人って年の甲ここぞとばかり、イキイキと差配してますよね)。


そして今日の嬉しいNEWSは、香港映画「激戦」が、邦題「激戦 ハート・オブ・ファイト」で、2015年1月公開決定となったことです!
http://eiga.com/news/20140914/5/

「激戦」1

「激戦」2

「激戦」3

香港映画と言っても舞台はほとんどマカオなんですけどね。
今年の香港金像奨では「グランド・マスター/一代宗師」が賞を総ナメする中、最優秀主演男優賞だけは「激戦」のニック・チョンが受賞しました。
トニーファンとしてはこの結果は残念なのですが、ただこの「激戦」のニック・チョンに賞をあげたくなるのは、映画を観ていれば誰しもわかると思います。
格闘技ということで、関心を持たない方もいらっしゃるかと思いますが、これは格闘技のお話ではなくて人生のお話で、ささやかな人生を送っている人たちが過去の過ちを乗り越えて再生する話で、男性だけでなく女性にも感動を呼ぶお話だと思います。
食わず嫌いにならず、是非観てほしいです。

そして公開を記念してダンテ・ラム監督特集上映も是非実施してほしいです。

スポンサーサイト

category: 香港映画

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/2403-4b43a501
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top