FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

アジアフォーカス・福岡国際映画祭ランナップ発表! 

 

9月12日(金)~9月21日(日)まで開催されるアジアフォーカス・福岡国際映画祭のランナップが発表になりました!
追記 「公式招待作品」は現在15作品中、5作品のみ発表、残りは随時発表とのこと)

中華圏映画では、
<公式招待作品>
「ブラインド・マッサージ/推拿」(中国・フランス 2014)
監督:ロウ・イエ
出演:チン・ハオ 他

<台湾映画2014>
「郊遊<ピクニック>」(台湾・フランス 2013)
監督:ツァイ・ミンリャン出演:リー・カンション、ヤン・クイメイ、ルー・イーチン、チェン・シャンチー 他

「セデック・バレ 第一部:太陽旗 第二部:虹の橋」(台湾 2011)
監督:ウェイ・ダーション
出演:リン・チンタイ、ダーチン、安藤政信、マー・ジーシアン 他

「天空からの招待状/看見台湾」(台湾 2013)
監督:チー・ポーリン
出演:(ナレーション):ウー・ニエンジェン

「時の流れの中で/経過」(台湾 2004)
監督:チェン・ウェンタン
出演:レオン・ダイ、グイ・ルンメイ 他

「空を拓く 建築家・郭茂林という男」(日本 2012)
監督:酒井充子
出演:郭茂林、李登輝、呉家禄、藤森照信 他

「KANO〜1931海の向こうの甲子園〜」(台湾 2014)
監督:マー・ジーシアン
出演:永瀬正敏、坂井真紀、ツァオ・ヨウニン/大沢たかお 他

<東アジア映画フェスティバル2014>
「グォさんの仮装大賞」(中国 2012)
監督:チャン・ヤン
出演:シュイ・ホァンシャン、ウー・ティエンミン、リー・ビン、ワン・ダーシュン

「坊やの人形」(台湾 1983)三話からなるオムニバス映画
第二話「シャオチの帽子」
第三話「りんごの味」
監督:第一話/ホウ・シャオシェン 第二話/ソン・ジュアンシャン 第三話/ワン・レン
出演:チェン・ボージョン、ヤン・リーイン

「シフト」(フィリピン 2013)※これはフィリピン映画ですが、大阪アジアン映画祭でグランプリを獲った作品です。
監督:シージ・レデスマ
出演:イェング・カーンスタンティーノー、フェリックス・ローコー、アレックス・メディーナー

<第6回 福大生による東アジア映画字幕制作・成果発表> ※ 9月27日
中国のアニメーション
「猪八戒スイカを食べる」 剪紙アニメーション(1958)
「落とし主を捜せ」 人形アニメーション(1964)
「おたまじゃくしとお母さん」 水墨画アニメーション (1960)

中国の劇映画 「錦上添花」 (1962)

詳しくはこちらのページにて
アジアフォーカス・福岡国際映画祭 公式招待作品・協賛企画
http://www.focus-on-asia.com/kyosan/

映画祭の前半部分はしたまちコメディ映画祭と重なりますね。
上映スケジュールはまだ発表になってませんので、映画ファンとは気になるところです。

個人的にはロウ・イエ監督の新作「ブラインド・マッサージ/推拿」がチン・ハオ君も出ているし気になりますね。

「推拿」ポスター

「推拿」ポスター1 「推拿」ポスター2

あと、果たして日本でスクリーンで観ることができるかどうかわからない「看見台湾」、グイ・ルンメイちゃんとレオン・ダイ共演の「時の流れの中で/経過」(2004)。「時の流れの中で/経過」は東京国際映画祭で上映されたらしいのですが、全然当時は知りませんでした。トニーファンにはもうなっていたのですが、何をしていたんだろう・・・当時・・・。

「時の流れの中で/経過」のポスターも探してみました。

「経過」ポスター

映画の中のグイ・ルンメイちゃんとレオン・ダイ。爽やか~!二人とも若い!いや、今もあまり変わらない?

グイ・ルンメイ&レオン・ダイ@「経過」


私事ですが、実は6月の終わりごろ、地方で一人暮らしをしていた義母が事故に逢い、重症を負って一か月近く地元の病院の集中治療室に入っていました。事故後10日間は夫は病院の近くのホテルで滞在し、今は仕事の休みをとりつつ新幹線で定期的に通っています。
こういう非常時は嫁の顔を見るより、やはり実の息子の顔を見る方が義母は励まされるだろうと思うことと、二人で毎回通って共倒れになる訳にはいかないだろうと(それに交通費が毎回二人分かかるのも苦しい)、私は三回に一回くらいの同行に留めています。

先日、集中治療室から一般病棟の個室に移ることができて、やっと一先ず安堵しています。とはいえ、高齢なのでいつ何があるかわからない状況ではありますが・・・。

義母との関係はつかず離れず、あまり仲が良いとは言えませんでしたが、義母が毎年夏に送ってくれていた果物を八百屋の店先で見かけると胸が痛み、同年齢くらいのお年寄りが一人でスーパーで買い物をしているのを見かけると、「これくらい元気だったのに」と胸が締め付けられます。
人生の最後の方、穏やかに過ごせるべき時期に何故こんな目に逢わないといけないのかと理不尽さを感じつつ、それでも本人は淡々と治療を受け、文句も言わず(喉に人工呼吸器をつけているのでそもそもしゃべれないのですが)、現状を静かに受け入れている姿に何か心を打たれるものがあります。

自分も落ち込んでばかりいずに、前向きに人生生きていかねばならないなと思っています。
しばらく映画鑑賞から遠ざかっていましたが、またぼちぼちと再開しようと思っています。夏が過ぎて、秋の映画祭には一つでも多くの映画が観られるようにしたいです。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 

こんばんは!

ぐうさんこんばんは!
お義母様本当に大変でしたね。。。今は状態が落ち着かれていらっしゃるようで
なによりです。私も両親が高齢なので他人事とは思えないです。
そんな中でも前向きに人生生きていかねばというお言葉に全く同感です。やる気がでないときが多いのですが時間がもったいないですよね。
さっそく情報載せてくださったゆうふぁさんニコさんの映画観に行こうかとチケ購入しました、情報ありがとうございます♪楽しみです(^^)/

tomo #- | URL | 2014/08/09 20:43 | edit

tomoさん、優しいお言葉ありがとうございます。
親の老後、誰しも心配な事柄ですね・・・。

したコメの「ヴェガスからマカオへ」に行かれるのですね!
私もシンチーの「西遊記」と「ヴェガスからマカオへ」のチケット購入しました。
したコメを目標に、残暑とお見舞いを乗りきろうと思います。

ぐう #- | URL | 2014/08/09 23:01 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/2377-0452ef5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top