FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

「サイレント・ウォー/聴風者」観てきました 

 

4月5日(土)シネマート六本木にて「サイレント・ウォー/聴風者」観てきました。

「聴風者」ポスター

中国版ポスター、鑑賞後、改めて見ると映画の重要人物、皆入っているんですねえ。

私は映画の最初の方、雑踏の中をトニーさんが歩くシーンが好き。街中で風車売りがいたり、ポップコーンやパンパン菓子?がバーンと破裂して袋いっぱいになったり、大きな荷物を積んだ自転車とすれ違ったり、ピアノのような大きな荷物を高いところから降ろしているシーンなどはトニーさんの動きと呼吸を合わせるのが大変だっただろうなと思ったり。トニーさん演じる何兵が、目が見えないながらも、人々の生活の息遣いを感じながら軽々と尾行をかわしている姿が小気味が良い。

香港で観た時は、「国民党と共産党の戦い」ってやはり日本人には馴染めないしピンと来ないし、トニーさんは老けて見えるしであんまり好きになれなかったのだけど、こうして日本語字幕が付いてちゃんと内容を理解して観てみると、せつない恋のお話だったんだなあ・・・としみじみと思いました。

黒い目隠しをして敬礼をするトニーさんには、やっぱり違和感あるのだけど、国家のため、共産党のために敬礼をしているのではなく○○の哀悼のために敬礼をしているのだと思うのです。

木に登って見ていた、のくだりは字幕はどう訳すのかと思っていたのですが、「春嬌」と女の子の名前がそのまま出ていました。見る相手が誰でも良かったわけではなく、たぶん何兵の初恋の子だったのだろうからそういう意味も込めて名前は必要ですよね。



<今日の情報>
・インド映画「マダム・イン・ニューヨーク/English Vinglish」 初夏公開@シネスイッチ銀座
 
 「マダム・イン・ニューヨーク」

 「マダム・イン・ニューヨーク」公式サイト
 http://madame.ayapro.ne.jp/

category: 香港映画

tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 

観ました!!

私も日曜日に観ました。
想像していたのとは良い意味で違いました。
時代背景は別にして 切ない恋のお話としてキュンとしました。
内容や筋として色々な批評がありましたが 純粋に私はトニーさん満載で 幸せでした。
2週間の上映予定で入りの様子で延長するか検討するのだそうです。
過去のパンフレットも売っていて 初めての私は 楽しい一日でした(^o^)
やっぱりスクリーンで観るのはいいですね!!

YUUKO #- | URL | 2014/04/09 10:13 | edit

>YUUKOさん
コメントありがとうございます。「サイレント・ウォー」ご覧になられたのですね。

>2週間の上映予定で入りの様子で延長するか検討するのだそうです。

そうなんですか。多くの方が足を運んで下さるといいですね。
スクリーンで観るのはは格別ですね。私はとりあえず今週中にもう一度行きます。

そうそう、私が行ったときは「アジポップ」のトニーさんが表紙の号が沢山並んでいました♪
「サイレント・ウォー」の映画パンフレットがないのが残念ですね・・・。

ぐう #ex3yOCrA | URL | 2014/04/10 01:06 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/2312-4f4ca7be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top