FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

「バレット・ヒート 消えた銃弾」11/30より限定上映 

 

ニコラス・ツェー、ラウ・チンワン主演、イー・トンシン監督の「消失的子弾」、邦題「バレット・ヒート 消えた銃弾」として11月30日(土)より限定上映とのことです。(ぐれちゃん、お知らせありがとう!)
詳細が発表になりましたらまた拙ブログにてお知らせします。

「消失的子弾」

「バレット・ヒート 消えた銃弾」DVD発売は12月4日予定とのこと。

「バレット・ヒート」

DVD発売前の限定上映、ドニー兄さんの「導火線」方式ですね。トニーさんの「聴風者」もこの方式だったら上映ありかも・・・どこか日本の会社、買ってくれないかな。


そして11月9日(土)「ケンとメリー 雨上がりの夜空に」 公開とのこと、こちらもぐれちゃん情報ありがとう!
11月の予定に追加しておきます。

「ケンとメリー 雨上がりの夜空に」公式サイト
http://ken-mary.jp/
フー・ビン、北乃きい出演とのこと、「テレビで中国語」つながりですね。
東京では新宿ミラノほかで上映です。



本日10月29日(火)、「コールド・ウォー 香港警察 二つの正義」を観てきました。

「コルド・ウォー」

実はこの映画、香港行きの飛行機の中で既に観ていたので今回は観るのは二回目でした。初めて観た時も思ったのですが、「インファナル・アフェア」以来の傑作、といううたい文句はいかがなものかなというのがまず感じたことでした。

誰もが黒幕に見えるストーリー展開にしているため主演のアーロンさえ怪しく思えるこの作品では、登場人物に感情移入しづらく、「インファナル・アフェア」のようなエモーションは得られないのです。

それよりも謎解きの部分に重点を置いて宣伝した方が良さそうだと思います。
登場人物がやたらと出てくるのが難点ですが、二回観るとかなり整理されてきます。

改めて「インファナル・アフェア」の偉大さを再確認しました。



<その他の情報>
・「ヴォーグ ジャパン」12月号

 「ヴォーグ ジャパン」12月号

 特集記事 大人が楽しむなら「香港スタンダード」
 ジェリー・イェンのインタビュー記事も載っています。

・「アジステ アジアンステーション」Vol.3

 「アジステ アジアンステーション」Vol.3
 
 ジェリー・イェン、ジョセフ・チェン、ウーズン、ヴィック・チョウ、チェン・ボーリン、ジェイ・チョウなどなど。
 ここのところアジステは韓流メインだったけど、珍しく半々くらいで華流が載っていたかな。

category: 香港映画

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/2223-53ad1bb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top