FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

2013・8月台湾・夜の九份 

 

2013年8月、友人との台湾旅行。
台湾は初めての友人たちと「九份に行こう」ということになり、「行くならやっぱり夜景が観たい」とので、午後1時ごろ台北車站より出発して、日が暮れる午後6時半か7時くらいには現地を発つということにしました。(夜10時には台北でマッサージの予約を入れてあったので)

8月25日(日)、台北車站。

台北車站

「台北車站から瑞芳站までの電車は30分に一本くらいあるよ」(夫情報)と聞いていたのですが、昼間の時間帯だからか、站の大きなホールにある券買窓口で聞いた電車の出発時間は約一時間後でした。瑞芳站には台北から直通で行く方法と、基隆站行きに乗り、途中「八堵」で乗り換える方法もあると思っていたので、とりあえず八堵站までの切符を買い、八堵站向かうことにしました。
係員の人に、「八堵站から瑞芳站への切符は?」と尋ねると、「八堵站でまた買って」とのことでした。
基隆站行きの電車は頻繁に出ていたので、5分後出発することが出来ました。

八堵站。

八堵站

一旦改札を出て、改めて瑞芳站行きの切符を買いました。日本のように、そのまま改札を出ずに乗りつぎの支払いをするというシステムにはなっていないようです。
瑞芳站行きの列車は30分後、とのことで站でまったり待っていました。
(後から考えたら、瑞芳站までは列車で9分くらいだったので、八堵からそのまま九份にタクシーで向かえば良かったと思いました。台湾はそんなにタクシー代が高くないですし・・・でも瑞芳站で帰りの電車の時間をチェックできたのは良かったかな)

瑞芳站の構内にはこんな看板がありました。
台湾の平渓線と鎌倉の江ノ電との交流のようです。

平渓線と江ノ電

瑞芳站にて、帰りの電車の時間をチェック。通る站の名前が載っているので安心です。

帰りの電車の時間@瑞芳駅


瑞芳站に着いたのは午後3時10分くらい。30分くらいの電車の待ち時間があったので、それがなければ台北から瑞芳站までは電車で一時間くらいで着きます。

瑞芳站


瑞芳站から九份まではタクシーで180元(台湾ドル)と決まっているとのことですが、七人乗りのタクシーにしてもらったので(総勢6名の為)、タクシー代は300元と言われました。まあ、それでも二台に分乗するよりは安いです。

九份まで、混みあった山道をタクシーで登っていくのに50分くらいかかりました。九份に着いたら午後4時となっていました。

にぎやかで、どこまで続くんだと思えるお土産物横丁のようなところを抜けると、海が見えました。

九份からの眺め

有名な御茶屋さんが並ぶ石段のところは、九份茶坊の横から下に下るとあります。

九份の石段

「千と千尋の神隠し」で湯婆婆の館のモデルになった「阿妹茶酒館」でお茶をすることにしました。

阿妹茶館1

入り口には「湯婆婆の湯屋」と書いてあります。

阿妹茶館2

茶酒館の中はとても混んでいて、「予約していますか?」と聞かれましたが、午後5時すぎくらいのまだ早い時間ということが幸いしたのか、予約なしでなんとか入れました。(私達が阿妹茶酒館を出る頃は、玄関に順番待ちのお客さんの行列ができていました)

最初に見本でお茶を入れてもらうことにして、お茶菓子代を入れて一人300元とのこと。
写真はブレてしまいました・・・。
テーブルには見事な彫り物が見えます。

阿妹茶館3

美味しくお茶とお茶菓子を頂いて、午後6時ごろ外に出ました。
遠くの海にポツポツと小さな明かりが見えるのは船の明かりでしょうか。

夜の九份2


外は少しずつ暗くなり、だんだんとちょうちんに明かりが灯り始めてきました。

夜の九份1

夜の九份3

九份のお店には、あちこち看板犬がいました。

九份の看板犬2

たまたまですが、こちらもカバン屋さん。こちらの犬は出産前後なのか、お乳が張っていました。

九份の看板犬1

ぶらぶらと坂道を下ってタクシーを拾えるところまで降りてきました。帰りも七人乗りのタクシーに乗れたのですが、夜だからか、瑞芳站までは350元とのこと。
行きと違い、帰り道はまだ時間が早いからか、道がすいていてタクシーで瑞芳站まで20分くらいで着きました。

帰りに乗ったタクシーの運転手さんに、「瑞芳站なの?みんなフツー台北車站まで行くよ?」と言われ、「いや、瑞芳站。瑞芳站に行かないなら降りるから」と言い、タクシーのドアを開けて降りようとしたら、「分かった、分かった」と了承したにもかかわらず、山を下る道中、ずっと「台北車站に行こうよ」と延々と言ってるのでした(笑)。
「台北車站まで、一人250元で行けるよ」(6人で1500元。日本円で5000円くらいかな?)
「太貴了!」(高いよ!)と言うと、「高くないよ~」と。「No!瑞芳站に行きたいの!」と言うと「ハァ~~」と深いため息。(笑。わからず屋のお客さん乗せちゃったな~という感じでしょうか)
「台北車站までどれくらいの時間がかかるの?」と聞いたら、「56分!」とのこと。(1个小時じゃないんだ・・笑)

無事瑞芳站でタクシー下車。強気の運転手さんのセールスに、内心、そのまま台北車站までタクシーを走らせ、降ろしてくれないんじゃないかとひやひやしましたが、後ろには友人たちが5人乗ってるので何かあったら助けてくれるだろうと思いました。(一人だったらセールスに押されて台北車站まで行ってたかも・・・いや、一人で1500元は痛いか・・)

瑞芳站で、台北車站方面に向かう午後7時47分発の彰化行きの列車に乗れ(時間が遅かったので「無座」でした。座席のない券です)、約1時間で台北車站に戻ってきました。ちなみに電車賃は50元くらいです。

電車は行きも帰りも10分くらい遅れて来ました。「10分晩」(「10分遅れ」)などと、電光掲示板に出ていました。

category: 旅行

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/2184-b4b09fb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top