FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

「楽園の瑕 終極版」「大英雄」観ました 

 

昨日8月4日(日)シネマート六本木にて「楽園の瑕 終極版」と「大英雄」を観てきました。

「楽園の瑕 終極版」

以前「楽園の瑕」をスクリーンで観たのは1、2回。正直「楽園の瑕 終極版」はどこが変ったのか(どこがカットされ、どこが付け加わったのか)はよくわかりませんでした。

「花様年華」が「赤」のイメージ、「ブエノスアイレス」が「青緑」のイメージだとすると、「楽園の瑕 終極版」は大地の「黄色」そしてその補色としての青空の「青」のイメージですね。

以前観た時は、どうして主人公らはこんな過酷な地に住んでいるのだろう、もしくはやってくるのだろうと不思議に思いました。そしてこんな過酷な地にいるのに、どうやって生活していくのかということよりもどうして愛や恋に頭を煩わせて生きているのだろうと。

今回観て、舞台の場所や設定は実はあまり意味はなく、監督の言いたいことは登場人物の語る「言葉」にあるのだと感じたのでした。

愛する人から強烈な裏切りを受けながらも、想いを断ち切れず彷徨い時には心を壊してしまう人々。
愛とはただ慈しむだけではなく、時にはどちらが優位に立つかの闘いでもあり、そして優位に立ったはずの人間が実は敗者であった、という反転図。

それでもやはり、馬を連れた農婦らしきカリーナの美しい手や足を見て、「農婦の手や足がこんなに綺麗な訳がない」(擦り傷や日焼けでシミだらけになるだろうから)と思ってしまう私はあまりロマンチストではないのだろうと思ったのでした。


「大英雄」はずっと昔にレンタルビデオ屋さんで北京語版のVHS!を観て以来。
広東語版でトニーさんの声で、しかもスクリーンで観るのは初めてでした。
会場はほぼ満員で、冒頭から悪役のトニーさんが「イーヒヒー」と喋るたびに、客席からクスクス笑いが。
出演者は皆楽しそうに演じていて、特にトニーさんは悪役をすっかり楽しんで演じているようで、観ていて嬉しかったです。
トニーさんとジャッキー・チュンの掛け合いは最高!
レスリーも本当に楽しそうに演じていて、このままずっと映画が終わらなければいいのに・・・と思いました。
映画が終わった時、客席からは拍手が起こったのには驚きました。

8月4日午後8時?分、「大英雄」での拍手を忘れない。


おまけのトニーさん。才子男装の衣装撮影風景。この海ってセット?本当の海じゃないよね?

トニーさん@才子男装



<その他の情報>
・今年は「三大映画祭週間」は開催は見送られました、とのこと。毎年8月ごろ実施していたのですが・・・。

 「理由はここ1,2年日本の配給会社の買い付けが活発になり、多くの作品が売れているからです」とのことで、喜ばしいことなんでしょうね。
 https://mobile.twitter.com/sandaifestival/status/339949535977672705

・9/16~「横浜音祭り2013」連携♪世界中の音楽がヨコハマに集結 音をテーマにした世界のショートフィルムを上映!!
 『D.I.Y』 監督:Royston Tan / シンガポール / 2005 / 5:45
 シンガポールのショートフィルムも上映されます。
 上映期間:上映期間: 9月16日(月)~10月14日(月)

 ブリリア・ショートショートシアター ニュース&トピックスより
 http://www.brillia-sst.jp/topic/2013/07/916-2.html

category: 香港映画

tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2016/07/25 15:21 | edit

管理人コメントさん、情報ありがとうございます。
改めて拙ブログにてご紹介させていただきます。

ぐう #ex3yOCrA | URL | 2016/07/26 23:44 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/2163-53ee7ddd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top