FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

「太極 ゼロ」「太極 ヒーロー」観ました 

 

昨日、7月6日(土)「太極 ゼロ」「太極 ヒーロー」をシネマート六本木にて観てきました。

「夏の中華大傑作映画まつり」

全然予備知識なしに観にいったのですが、なかなか面白かったです。スティーブン・フォン監督の若さを感じさせる映画でした。
こういう昔の時代のカンフーものでは、大体お話の中での「敵」というのは日本人なのですが、これはそうじゃないというのは新鮮でした。
ただ、時々出てきた、ワイドショーみたいなテロップは、うるさかったかな。お話の最初の方だけならいいのだけど、ストーリーに入り込んでからは、多少イラッとしました。

主演のユエン・シャオチャオは、後で知ったのですが2008年北京武術トーナメンの金メダリストなんですね。ということは演技は素人で、いきなり主演を演じさせられたと思うのですが、そういうことを感じさせない自然なたたずまいでした。「ジェット・リー2世」と言われているそうですが、私はどちらかというと、アンディ・ラウの若い頃、ちょっとぽっちゃりしていた頃を彷彿とさせました。そういうとアンデイ・ファンに怒られそうですが、天然ぽい素直な感じ、悪いことは絶対しなさそうな正義感の強い雰囲気は、主役には適役だと思います。

かたやエディ・ポンは美形の宿命か、ゆがんだ性格の役で、「寒戦」でもそうだったけど今後もこういうひとくせありそうな役が続くのかなー、と思います。

アンジェラ・ベイビーはひたすら可愛かったです。こんなに可愛くてアクションもできたら無敵すぎでしょ!

レオン・カーファイはどこかとぼけていて、でも格好良い役でしびれました。普通語を話していたけど、本人の声だったのかしらん。

友情出演?では「ゼロ」編の方にスー・チー(主人公のお母さん)、「ヒーロー」編の方にダニエル・ウー(謎の僧侶)が出演しています。そうそう、「ヒーロー」編でユン・ピョウが出ていたのが嬉しかったです!

「ヒーロー」は「ゼロ」の続きのお話となっているので、「太極 ゼロ」→「太極 ヒーロー」の順番で観ると良いと思います。



シネマート六本木では7月20日(土)から始まるウォン・カーウァイSpecialの「大英雄」と「楽園の瑕 終極版」の前売り券を買ってきました。
前売り特典の生写真ももらってきました。

特典生写真

ウォン・カーウァイSpecialのタイムスケジュールが発表になりました。
ウォン・カーウァイSpecialタイム・スケジュール
http://www.cinemart.co.jp/theater/special/wong-kar-wai/schedule.html

何をいつ観にいこうか検討中です。


<その他の情報>
7月12日(金)~21日(日)まで開催されるSKIPシティ国際Dシネマ映画祭にて、7月13日(日)にはロッテルダムDAYとして特集上映が行われます。
「ソルダーテ・シティ」「ザ・リザレクション・オブ・ア・バスタード」「春夢」の上映のうち、「春夢」は2012年の香港映画。
監督はジャ・ジャンクー監督の「プラット・ホーム」に女優の一人として出演していたヤン・リーナー監督です。

ロッテルダムDAY 「ロッテルダム国際映画祭」特集上映
http://www.skipcity-dcf.jp/films/film_o02.html#o3

category: 香港映画

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/2141-2f4432fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top