FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

第2回監督作品はあるのか?「ゲド戦記」 

 

今日観てきました映画「ゲド戦記」。

なんとなくマスコミの前評判が良くなかったので、あまり期待せず観たのですがやはりでした。
キャラクターの絵はそんなに悪くないと思うのですが、新鮮さもなかったですね。背景の絵はなんか雑だったなぁ。厚みがないとういか、魂がこもってないというか・・。
少なくとも「魔女の宅急便」の冒頭のキキが寝そべっている草むらの花々のような、「ここまで描くか~」という感じはない。
(やっぱ監督が違うとスタッフのモチベーションがね・・宮崎駿さんの場合だとスタッフが描けなければ自分で描いてみせる事もできるだろうけど)

原作は読んでないのだが、そもそもこういうテーマ性のあるお話をまとめるには、かなりの「演出力」が必要だと思う。

まあ、宮崎駿さんは今回のことで引退を止めてまた作品作りを始めたというので、それが吾朗サンの最大の功績かな。(笑)

以下、ネタばれあり。
「風の谷のナウシカ」では「人と虫は共存できるのか」「世界は汚染されたまま戻らないのか」という問いに答えを出している。
一方映画「ゲド戦記」では「世界の均衡が崩れている」「家畜が死んでいる」「魔法の力が弱っている」などの問題が起きているのに、最後にそれの解決の糸口は見つかっていない。これだけでも物語は破綻している(成立していない)と思うのだが、何故この脚本で通ってしまったのだろう。

「命を大切に」と言うことだけを唐突に言われてもなー。アレンが何故王である父親を刺してしまったのかもわかっていない。

この物語での竜の存在ってどういう意味があったのだろう?
テルーが○だということはどういう意味が?(そもそも捨て子だったのではないのか?)
ハイタカは何故旅をしているのか?
アレンは何故王の剣にこだわっていたのか?囚われて奴隷にされた後、剣を探す様子もなかったけど?
そしてハイタカは大賢人のはずなのだが「風の谷のユパ」ほどの活躍も印象も残さない感じだ。
ラストの終わり方も余韻がない。
男か女かわからない「クモ」は不思議な雰囲気の魔法使いだった。(自分の事を「私」とか「俺」とか言ってるし)でも「不老不死」の為だけに動いていたのかな?国を支配する野望はなかったのだろうか。

原作を読めばすっきりするのかもなー。特に登場人物の背景は。

category: 映画

tb: 0   cm: 4

△top

コメント

 

え~~??
アレンが王を殺した??殺さないよ。
本と違う話かな??
ゲド戦記は息子のお気に入りの本でした。
この方の「闇の左手」もぜひ読んでくださいな。
私の大好きな本の一冊です。

蓮 #T1LxwB1c | URL | 2006/08/03 22:42 | edit

蓮さん、ありがとう

>アレンが王を殺した??殺さないよ。
本と違う話かな??

えっ原作では殺していないの?吾朗氏の父親を超えたいという深層心理かしらん?
これは原作を読んでみないと。今本屋さんに一杯積んでありますものね。

ぐう #XjZxsWQw | URL | 2006/08/03 23:05 | edit

残念ですね

先日の特番でポスターの解説を聞いて、見てみようかなあと思っていたのですが・・・やっぱりいっか~

あの歌とそれを歌う女の子はちょっと気になるんですけど。

このごろシネコンでかかっている作品に見たいものがなく、しばらく映画館に行ってません・・・

藍*ai #a2fnBRhM | URL | 2006/08/04 11:26 | edit

藍*aiさん、そうなんですよ・・

>あの歌とそれを歌う女の子はちょっと気になるんですけど。

映画「ゲド戦記」で良かったのは結局あの歌だけでしたね。
とりあえず今日「ゲド戦記」の原作1巻、2巻を買ってきました。私も今シネコンで観たいのがないのでしばらく家で
読書しようかな。

アニメは8/12~9/1まで渋谷シネマヴェーラで上映される「パンダコパンダ」「長靴をはいた猫」(懐かし~)「チキンラン」「ムーミン」などがお薦めかと思います~。
http://www.cinemavera.com/schedule.html

ぐう #ex3yOCrA | URL | 2006/08/04 18:53 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/204-24a48cb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top