FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

特集 アジア映画の森@アテネ・フランセ文化センター 

 

アテネ・フランセ文化センターにて『「アジア映画の森—新世紀の映画地図」(作品社)刊行記念
特集 アジア映画の森』が開催されます。

10月2日(火)変容するイラン映画
16:20-上映「亀も空を飛ぶ」(97分)
18:00-トーク(入場無料):ショーレ・ゴルパリアン(翻訳家)×土肥悦子(映画館「シネモンド」代表)
19:10-上映「ブラックボード—背負う人—」(85分)

10月3日(水)エドワード・ヤンそして東南アジアへ
17:10-上映「花物語バビロン」(45分)
+トーク:石坂健治(映画研究者)×空族(富田克也+相澤虎之助)
19:10-上映「恐怖分子」(109分)

10月4日(木)怪物的映画作家キム・ギヨン
16:10-上映「下女」(108分)
18:00-トーク(入場無料):石坂健治(映画研究者)×岡本敦史(ライター)
19:10-上映「玄海灘は知っている」(117分)

10月5日(金)フィリピン・インディーズ
16:20-上映「悪夢の香り」(95分)
18:00-トーク(入場無料):石坂健治(映画研究者)×金子遊(映像作家・批評家)
19:10-上映「クリスマス・イブ」(87分)

10月6日(土)アピチャッポンの森から映画の未来へ
15:20-上映「アピチャッポン・ウィーラセタクン短編集」(計74分)
17:00-上映「ワールドリー・デザイアーズ」(40分)
+トーク:金子遊(映像作家・批評家)×諏訪敦彦(映画作家)×夏目深雪(批評家・編集者)

10月9日(火)躍進のトルコ映画―新しいダイナミズム
16:20-上映「私のマーロンとブランド」(93分)
18:00-トーク(入場無料):野中恵子(トルコ評論家)×夏目深雪(批評家・編集者)
19:10-上映「我が子、ジャン」(106分)

10月10日(水)香港ノワールの魅力
16:00-上映「エグザイル/絆」(109分)
18:00-トーク(入場無料):宇田川幸洋(映画評論家)×野崎歓(フランス文学者)
19:10-上映「ビースト・ストーカー/証人」(109分)

10月11日(木)イスラエル映画史を紐解く
16:10-上映「イスラエル映画史(第1部)」(103分)
18:00-トーク(入場無料):市山尚三(映画プロデューサー)
19:10-上映「イスラエル映画史(第2部)」(104分)

10月12日(金)中国インディペンデント映画の現在
15:50-上映「占い師」(129分)
18:00-トーク(入場無料):市山尚三(映画プロデューサー)×萩野亮(映画批評家)
19:10-上映「ピアシングI」(74分)

10月13日(土)ボリウッド映画の魅力
15:00-上映「オーム・シャンティ・オーム」(162分)
+トーク:松岡環(インド映画字幕翻訳者)×野崎歓(フランス文学者)


■各回入れ替え制

■料金

一般=1回券1200円/2回券2000円
アテネ・フランセ文化センター会員/書籍「アジア映画の森」持参の方=1000円
とのことで、「アジア映画の森」を持参すると1000円で観られます!


アテネ・フランセ文化センターのページより
http://www.athenee.net/culturalcenter/program/as/mori.html


10月3日(水)の「恐怖分子」の上映と10月10日(水)のトークに行きたいな・・・。残業しなければ間に合うはず!(残業せずに済むのかが一番の問題だけど)


<その他の情報>
・第25回東京国際映画祭プレイベント上映会に抽選で各回25組50名・計200名様をご招待!
 ○2012年9月30日(日)
 「転山」 ※英語字幕あり
 12:30開場13:00開演
 
 会場:赤坂区民センター 区民ホール

 「転山」、超お薦め!です。
 その他には「チキンとプラム~あるバイオリン弾き、最後の夢~」「一枚のハガキ」「クリスマス・イブ」の上映会があります。
 (各回25組って、なかなか当たらなそうだなあ、と思う。いっそお金を払っても観たい人は観たいと思うのだけど・・・)

 詳しくはこちら、東京国際映画祭公式サイトのニュースのページより
 http://2012.tiff-jp.net/news/ja/?p=8966

・ぎふ映画祭にて
 11月22日(木)「再生の朝に ーある裁判官の選択ー」
 11月29日(木)「マッド探偵 7人の容疑者」
 12月8日(土)「ロボット」
 が上映されます。

 第34回ぎふ映画祭の公式サイトより
 http://gifuasia.com/

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 

うおーーーー!!!! 大ニュース!
すごいじゃないですか。
「恐怖分子」私も観たいです!!!(東京国際で一回みてるけど)
これ、権利はどうなっているのだろう?
(こないだも東京でこそっとやってたし)

「オーム・シャンティ・オーム」気持ちとしてはすっごく行きたいけど
その翌週が東京国際ですね。迷う・・・。
ひー!
(ひとんちのBLOGで暴れてしまいすみません(笑))

そしてぎふ映画祭
マッド探偵!そして明りを灯す人・・・
しかもアジア映画だけでなくていろいろあるんですね。
アンダーグラウンド、ミケランジェロの暗号、ヤコブへの手紙・・・
書いてるだけで素晴らしくてくらくらしてきました(笑)
ウチでも紹介させていただきたく思います。
「ロボット」は177分となってるから完全版ですね。
ほんま素晴らしい~!

9月10月と、映画祭まとめ、とか書かないとわけがわからん状態ですね
まとめねば!(汗)

grace #5zcN.rTA | URL | 2012/08/25 08:09 | edit

ぐれちゃん、凄いビッグニュースでしょ?
東京国際映画祭が共催で、フィルメックスが協力、となってるのでかなりグレードが高い企画ですね。
毎日通いたいくらい。
開始時間が早くて帰りの電車の時間を心配しなくていいのは嬉しいけど、東京の端っこで仕事をしている私は間に合わないかもしれません。
土曜日の分は大丈夫かな。「オーム・シャンティ・オーム」って来年3月公開なのね、貴重な上映ですね。

ぎふ映画祭の情報もお役に立てれば嬉しいです。
ふだん、こういう映画を観ない人にも観てもらえるといいな♪

>9月10月と、映画祭まとめ、とか書かないとわけがわからん状態ですね

そうなんです。まだ日程が発表になってないけど、NHKアジア・フィルム・フェスティバルは今年も10月開催みたいだし、今から、絶対全部は観切れないだろうなあということは推測できます(笑)。

ぐう #ex3yOCrA | URL | 2012/08/26 00:00 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/1902-7d5f134d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top