FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

「細い目」「グプラ」観ました 

 

本日川崎市アートセンターにてヤスミン・アフマド監督の「細い目」「グプラ」を観てきました。

ヤスミン・アフマド監督特集


「細い目」、「グプラ」ともとっても良かったです!!以前「タレンタイム」を観ているので、ヤスミン・アフマド監督の作品は三本観たことになります。

二本とも、人の温かさや優しさが感じられるんだけど、「タレンタイム」と違うのは、ふとぽっかりと空いた暗い穴に落ちてしまう人がいる怖さ、理不尽さの部分があること。

観にいく数日前に知ったんだけど、「グプラ」は「細い目」の数年後のお話なので、「細い目」→「グプラ」の順に観た方が良いということ。「グプラ」だけ観ると、ちょっとわかりにくい部分があると思います。

主人公のオーキッドが「細い目」では大人しい純真な女の子だったのが、「グプラ」ではユーモアがありつつもタフな女性に成長していて、どちらもそれぞれにキュートだったのが印象的でした。
脇役のマツコデラックス似のお手伝いさんが、つっけんどんながらも、とても良い人で独特な味を出していました。

電話を巡るちょっとした不思議なシーンでは、以前観た同じくマレーシア映画の「心の魔」を思い出して、マレーシアってこういう神秘的な部分が人の心の中にあるのかな・・・と思いました。

細かい情報ですが、「細い目」の監修は、あのサミュエル・シュウさんでした。(←と、書くと興味を持って観にいこうかなと思ってくれる人がいるかもしれないので書いておきます:笑)

ヤスミン・アフマド監督特集、川崎市アートセンターでは8月10日(金)までやってますので、お近くの方はお見逃しなく!
川崎市アートセンター公式サイト
http://kac-cinema.jp/

一緒に鑑賞してくれた心の妹よ、ありがとう!


<今日の情報>
・香港の尖沙咀海運LCXにて「聴風者」の道具展をやってるようです。

 「聴風者」道具展

・大陸の雑誌かな?「南都娯楽」にトニーさんが載ってます。
 「南都娯楽」

 「結婚的都不是最愛的」って・・・「結婚する人はみんな、最愛の人じゃない(方がいい?事が多い?)」
 前後の文脈がわからないので、正確には訳せませんが、そんなこと言っていいの!カリーナに怒られる!とビックリしたら、どうも「聴風者」の主人公のお話のようです。
 雑誌社が、思わず目にとまるようなキャッチーな言葉を表紙に載せたのですね。

category: 映画

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/1892-96c322f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top