FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

「聴風者」記者会見 

 

7月9日の「聴風者」記者会見の内容の後半のあらまし。

「聴風者」記者会見


(記者会見の前半部分は「インファナル・アフェア」が公開されて、5日目で第二部の制作を決めたことや、インファ第二部の原稿を書いている時にレスリーが亡くなったことなどが語られています)

麦家:「聴風者」は麦庄(アラン・マック、フェリックス・チョン組)の重大な変化のある映画です。
 私は映画を観て大変驚いて、それは小説が大きく改編されていたからではなくて、彼ら自らが大きな変化をしているので、貴方たちは、アラン・マック、フェリックス・チョン組が華麗な転身をしていると思うでしょう。
全く私たちが想像しきれないようなスパイ映画で、自己の更に深い一面を表しており、すでに無間(インファナル・アフェア)のあの頃のものではなく、「聴風者」は非常に重大な変化がある映画で、私は大変びっくりして、私の小説から更に遠く離れていて、私と彼らが更に遠く離れているだけではなくて、しかしこの種の遠さも更に多くの尊重を手にするでしょう。

非常に多くの有名な映画監督が、原作の高い評判ゆえ、物語を改編するのが難しい中、思い切ってそれを突破するのは冒険で、思い切って危険を冒して、彼らの内心はとても若く、大胆に構成し、大胆に評価されるでしょう。

私の原作と映画「風声」はやはり遠く、これはさらに少し遠いと思いましたが、現在はまだこれ以上は話せません。


フェリックス・チョン:私は毎日パソコンを立ち上げて、気づきます。原作の何が一体自分をこんなに惹き付けるのだろうと。遠いところは、物語の筋と風格です。「風声」も、物語の筋は少し遠く離れています。
私たちの風格も、更に少し遠く離れています。

全てを設計する上で、この二点を除いて、私は彼がかんしゃくを起こして倒れていないと思います。今日もさらにここに来ていますし。なぜなら、私は原作の、私たちが最も美しいと思う部分、そこは落としていないので、核心的部分は同じで、一人の有名な日本のシナリオライターが言ったことには、改編とは一頭の牛を見るようなもので、貴方は牛の血を手にすることになっていて、どのようにそれを行うか。牛が静止するのを待って、牛の最も弱い部分を一点刺し、その後血が吹き出す。

私が改編する時は、このような考え方で、改編した成果は皆さんが検査に来るのを待ちます。


ー男性の主役について

アラン・マック:最も阿炳を演じることが適しているのはフォン・シャオガン監督です。

フェリックス・チョン:もしフォン監督が演じるならば、私たちは更に実験的に撮るでしょう。

アラン・マック:私たちが知っている俳優はそんなに多くなくて、フェリックス・チョンと私が話し合った時、もし私たちが興行成績や制作を考慮しなくていいなら、私たちが知っている中では、阿炳を演じるのに最も適しているのはフォン・シャオガン監督です。(麦家:私もフォン・シャオガン監督がとても合ってると思います)

しかし、それは無理で、私たちは考え始めたらすぐにトニー・レオンを思い出しました。10年来、私たちは既に三部作を協力して撮影していて、もし彼がこの役をやってくれるなら、きっととても大きな改編になるだろうと思いました。

フェリックス・チョン:もしフォン監督が主役を演じるなら、更に実験性が少し高い映画を撮ることになるでしょう。それは一種の記録映画のようなものです。トニー・レオンが言うには、自分はとても優雅な人間で、優雅さとチンピラとの間の調整をどのようにしますか?と。私たちは修練をする必要があって、映画を撮るのは料理を作るようなもので、もし貴方が一羽の鶏だけを買ってきたら、煮魚を作ることはできないのと同じです。

ートニー・レオンについて
トニー・レオンとは10年で四度目の合作です。彼に変化はありましたか?

アラン・マック:今度の彼の役はとても腕白です。

 (中略)

ートニー・レオンとジョウ・シュンの関係は?

アラン・マック:男と女上司の間にいくつか問題があって、この問題は愛情と呼ぶものですが、しかし上司と部下の関係で、この愛情は話すことはできますか?
これは一つのとても長い過程です。
非常に多くの感情が、彼女のこの役の中にあって、私とフェリックス・チョン、私たちはいつも人に「貴方たちには女性の物語がない」と言われていますが、今回は本当にあります。私はとても美しいと思います。

http://ent.sina.com.cn/m/c/2012-07-10/01323680679_2.shtml


「聴風者」画像

category: 中華NEWS

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/1869-bffc0bdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top