FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

「導火線」観ました 

 

本日「導火線」観てきました。

「導火線」ポスター

前回の二週間限定上映を見逃していたので、今回のシネマート六本木での最終上映になんとか行くことができました。「無言歌」か「導火線」か、観るのをどちらにしようかと思ったけど、さすがにクリスマスイブに「無言歌」はきついかな・・・と。体調は戻ったものの、やはり心身共に元気じゃないとインディペンデント映画鑑賞は精神が保てない気がして。(ワン・ビン特集上映もそんな理由で結局行けず仕舞いでした)

今年のイブは映画館でドニーさんと過ごしてきました♪

途中まで、この映画はルイス・クーが主演でドニーさんは脇役かと思ったのですが、ルイス・クーが怪我をしてからはドニーさんが活躍するする!やはりドニーさんの映画でした。
最後の、卑劣な犯人との攻防は、なんだか爽やかな男同士の肉弾戦になってるし(笑)。犯人逮捕よりも戦うことがメイン!
あの、ドニーさんが、「もっと広い場所で戦おうぜ」というようにクイッと手招きするシーンが、私的には一番のツボです。「ドラゴン・タイガー・ゲート」でも手招きシーンがありましたが、それもツボです。

「SPL」でのドニーさん役の名前がマー刑事で、今回もマー刑事なので続編なのかと思ったのですが、全然違うお話みたいでした。(ズボンのベルトも白じゃなかった:笑)

「新少林寺」に出演していた顔のゴツい僧侶が、「導火線」では悪役で、結構メインで活躍していましたね。

ルイス・クーの恋人役がファン・ビンビンでビックリしました。あんなに流暢に広東語は話せないと思うので、たぶん台詞は吹き替えですよね。
それにしてもファン・ビンビン、映画に出まくってますね。「運命の子」の役はやはりファン・ビンビンでないと!と思うけど、正直「導火線」の役はファン・ビンビンでなくても良かったのでは?と思ったりもします。(可愛かったんですけどね。入院している時のブカブカの服とか)
中国の女優さんを遣わないといけない大人の事情があったのかなーー。



<今日の情報>
・「香港電影」12月号 トニーさん、ラウチン、イー・トンシン監督が表紙、「大魔術師」特集です。
 (HKMovieFanさん、情報ありがとうございます)

 「香港電影」12月号

 「香港王」さんでお取り寄せできるみたいです。(て、回し者ではありませんが)
 http://www.hongkongking.co.jp/

・「GOETHE」2月号
 「ゲーテ」
 「アガる!香港」特集 です。(レインボーママさんのBBSの情報より、ありがとうございます)
 男性誌の旅行関係の記事って「ものすごく高級店」か「ものすごく安い店」かの両極端を目指してる気がするのだけど気のせいかな?
 「高級店→女性をエスコートして感心されたい  安い店→こんなローカルなツウな店に行ってやったぜ!と男友だちに自慢」と邪推・・・。

・「51 世界で一番小さく生まれたパンダ」 2月11日(土)ユナイテッドシネマ、新宿武蔵野館 にて公開
 公式サイト
 http://panda51.jp/

 パンダ好きには見逃せません・・・。

category: 香港映画

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/1727-b259a707
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top