FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

「探偵はBARにいる」観ました 

 

本日「探偵はBARにいる」観てきました。
「アフタースクール」を観て以来、大泉洋の演技は上手い!と思っていたので、この映画もきっと面白いだろうと思っていたのですが、予想通りの面白さでした。いーかげんで三枚目ぽい探偵はまさに大泉洋にぴったり(笑)でした。モサーッとした感じの松田龍平も良かったなあ。これが弟の松田翔太だとキレ者すぎるし、美形度が邪魔(笑)。いや、龍平君も美形なんですけどね。

ススキノが舞台の映画というのも新鮮で良かったです。雪がいっぱい積もった歓楽街って、ヤクザからの逃げ方や戦い方も東京とは違ってくるし。北海道好きな中国の人や香港の人にもこの映画受けそうです。

小雪の役は鈴木京香でも可(爆)。
ヤクザ幹部役の松重豊さんが私の好みでした。と思って帰ってその夜のNHKの新ドラマ「ラストマネー」を観ていたら、同じく松重さんがリサーチ会社の人役で出ていて、ファッションもキュート(私の基準が変かもしてませんが)だったので何か嬉しかったです。
ヤクザといえば、探偵・大泉洋を雪に埋めちゃうヤクザ役が高嶋政伸なんだけど、途中まで高嶋政伸と分からなかったです・・・こういうちょっとキレた役ってハマります。

シリーズ化を狙ってるそうなのですが、この出来栄えなら、次も作れるんじゃないでしょうか(←ナニサマ発言)。

原作は読んでないのでイメージ通りかどうかとかそういうのはわかりませんが、ただのアクションや謎解きだけでなく男のエロスも垣間見えて(実際、サウナに入っていた大泉洋の身体がエロかった)、なかなか良かったです。

私はどうも俳優さんを見るとき、色気があるかどうかで、好みかそうでないかを決めている気がします。その色気というのも、あくまで自分目線なので、例えば筋肉ムキムキだから色気があるとかそういうことではなくて、読書している姿で色気を感じる場合もあるということです。
この映画ではススキノの街を全力疾走する大泉洋に色気を感じました。


話変わって、今日買った本。
「香港 路地的 裏グルメ」池上千恵(著) 世界文化社
「香港 路地的 裏グルメ」

あーー読んでるだけでお腹すく・・・。スイーツ関係のお店も載ってるので嬉しい。スイーツ関係、許留山や義順以外を開拓したいので、載ってるお店絶対行くぞ!
今すぐ香港行って、観光なんていいから、食べて映画観て、食べて食べて、映画観て、を繰り返したいです。

この本、こちら↓「香港 女子的 裏グルメ」の第二弾みたいですが、こちらはまだ持ってない私・・・。

「香港 女子的 裏グルメ」


<今日の情報>
「現代中国映画上映会」にて、10月29日(土)は「宋家の三姉妹」「孫文~100年先を見た男」を上映するそうです。
 場所:文京シビックホール(小ホール)(文京シビックセンター2階)
 http://www1.parkcity.ne.jp/gentyuei/

category: 映画

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/1639-235aab7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top