FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

「南京!南京!」観ました 

 

本日、なかのZEROホールにて「南京!南京!」観てきました。

「南京!南京!」ポスター

警察車両も何台か来ていて右○の上映妨害に備えていたみたいですが、不測の事態もなく平穏無事に上映が行われました。ひとまずほっとしました。

映画上映後のルー・チュアン陸川監督のトーク&質疑応答コーナー。
ルー・チュアン監督

写真が小さくてすみません・・・監督は40歳とは思えない若々しさで、イケメンでした。ただ今新作映画の撮影中のところ、2日間のお休みをとってこの上映会の為、日本に駆けつけたそうです。
映画は、残された日本兵の日記や手紙や写真を元に制作したそうで、全て証拠に基づいているとのことでした。

実際、意外だったのが、映画はリウ・イエが主役かと思っていたのですが、リウ・イエの出番は映画全体の4分の1くらいで、しかも映画の主役に当たる人物は軍の末端の日本兵・角川なのでした。
中国人監督による南京事件を描いた映画なのに、日本兵が主人公というのは、私は全く予想していませんでした。

「ココシリ」の監督らしく細部に渡ってリアルな表現となっていて、白黒映画にも関わらず、むしろ白黒映画だからこその市街戦の緊迫感や、兵士や市民の表情をそぎ落とされたかのような無表情さや死体の重さが胸に突き刺さり、自分もいつの間にか南京の街中に一緒に紛れ込んでしまいました。
ジョン・ラーベの通訳をしていた中国人・唐さん、そして日本兵・角川のとった最後の行為は、自分の罪への贖いだったのかなと思います。そのこと自体は悲しいのだけど、人間に残された良心にわずかに救いを見た思いでした。

監督曰く「この映画は日本人と中国人の問題ではなく、人間と戦争の問題を描いた映画である」と。どこの国でも起こりうる問題なのだ、との言葉でした。

リウ・イエはもちろん、ガオ・ユアンユアン、チン・ラン秦嵐、ファン・ウェイ範偉などの中国人俳優も、日本人兵角川役を含め日本人俳優の演技も素晴らしかったです。
角川役の中泉英雄クンは第二の香川照之となるか、今後期待大です(香川照之よりもずっとハンサムですが・・・)。この映画に出るにはかなり勇気が要ったと思います。

予想以上に重い内容だったので、もう二度と観たくないというのが正直な今の感想ですが、一言、「ルー・チュアン監督、凄すぎ!」

category: 映画

tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 

昨日はありがとうございました。
無事おわってなによりです。
陸川監督と微博に場内の写真がUPされていて、豆粒ぐらいに写っています(笑)

hをつけて
ttp://weibo.com/luchuan?zw=ent

とても重い映画でしたけど
見られてよかったと思いました。
もう一人の日本兵木幡さんは精武風雲にも出ていて、どにーさんの敵役だそうです。
応援しちゃうわ☆

多謝。 #SO3OMlUc | URL | 2011/08/23 00:13 | edit

多謝。さん、こちらこそありがとうございました。ご一緒できて嬉しかったです。

>陸川監督と微博に場内の写真がUPされていて、豆粒ぐらいに写っています(笑)

ホントだ~豆粒すぎて、その場にいたのに、自分がどこなのかわからないくらい(笑)。
そうそう、書きそびれたけど、ほぼ満席状態でしたね!トークショーでは何度も拍手が起きていました。

>もう一人の日本兵木幡さんは精武風雲にも出ていて、どにーさんの敵役だそうです。

あっ!そうだったんですか!ドニーさんの映画でも悪役ですね(笑)。どっちかというと彼の方が「第二の香川照之」かしら(笑)。
木幡さん、今月の「映画秘宝」でもインタビュー記事が載ってましたので、再度チェックしてみます。

ぐう #ex3yOCrA | URL | 2011/08/24 00:41 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/1621-631c762e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top