FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

「大魔術師」は「金陵十三钗」と対決 

 

中華NEWSによると、イー・トンシン監督の「大魔術師」は、1500万米ドルの投資を受け、12月22日に公開になるとのことです。

こちらは「大魔術師」でのトニーさんとジョウ・シュン。期待しちゃいますねー。

トニー、ジョウ・シュン@「大魔術師」

一方、チャン・イーモウ監督の新作「金陵十三钗」は12月16日の公開を予定して、今年の賀歳片は、「大魔術師」と「金陵十三钗」の正面対決となる。

こちらは「金陵十三钗」。
「金陵十三钗」

「金陵十三钗」の主演はオスカー助演男優賞受賞のクリスチャン・ベール。トニー、クリスチャン・ベールは人気も演技も比較され、クリスチャン・ベールは2006年の映画「プレステージ」でマジシャンを演じているので、その点でもトニーの振る舞いは比較されるでしょう、とのこと。


「大魔術師」のストーリィの設定は1916年、张海帆初のマジック小説「大魔術師」一人のマジシャンの恩讐の話で、更にオリジナルのマジックを見せることになる。
トニー、ジョウ・シュンの他ラウ・チンワン、闫妮が出演。(闫妮は最近ではチャン・イーモウ監督の「三枪拍案惊奇」(←そういえばこの映画、今度日本公開されるそうですね)に出演している女優さんのようです。)

スタッフの明かすところによると、撮影カメラマンは「新宿事件」も担当した日本人の北信康さん。北京怀柔影视基地で撮影中で、6月末にクランクアップの予定とのこと。

http://ent.163.com/11/0421/08/725C42O9000300B1.html

今年の年末香港に行けば、トニーさんの「大魔術師」がスクリーンで観られそうです♪
チャン・イーモウ監督の「金陵十三钗」は南京事件が題材だそうで、日本人的にはちょっと・・・。
映画の内容がどうなってるかはわかりませんが、いろいろ間違った「史実」が語られている南京事件、個人的にはあまりこれを題材とした映画は撮ってほしくないと思ってしまいます。

category: 中華NEWS

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/1540-0aef83a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top